空手パワハラ騒動、現場を目撃したコーチが証言 「竹刀の先端で突いてはいない」

空手・植草歩が香川政夫選手強化委員長のパワハラ告発 植草の主張とは異なる証言続出

記事まとめ

  • 空手・植草歩選手がパワハラを告発、香川政夫選手強化委員長は全空連に辞意を伝えた
  • 植草は10年以上指導を受けてきた香川氏を告発し、ブログで「竹刀暴行事件」などを説明
  • 週刊新潮が現場を目撃したコーチらに取材すると、植草の主張とは異なる証言が次々出た

空手パワハラ騒動、現場を目撃したコーチが証言 「竹刀の先端で突いてはいない」

空手パワハラ騒動、現場を目撃したコーチが証言 「竹刀の先端で突いてはいない」

東京五輪のヒロイン候補だったが……

■前代未聞の騒動


 空手女子組手61キロ超級で東京五輪に出場予定の植草歩選手(28)=JAL=がパワハラを告発した問題。香川政夫・選手強化委員長(65)は責任を取る形で、全日本空手道連盟(全空連)に辞意を伝えた。パワハラ騒動の現場を目撃したコーチの証言を紹介する。

 ***

 笑顔の似合う愛くるしいルックスに長く伸ばした茶髪、色鮮やかなネイルアート、さらには、大好きなディズニーランドを満喫するオフの様子まで――。

 SNSに投稿された写真は、植草が空手の五輪代表選手であることを忘れさせる。その活躍ぶりはスポーツ番組だけでなく、「情熱大陸」でも取り上げられ、愛称は“空手界のきゃりーぱみゅぱみゅ”。しかも、彼女は実力も折り紙付きである。

 2015年から18年まで全日本選手権を4連覇し、16年には世界選手権で優勝も果たした。現在も世界ランキング3位に名を連ね、空手女子組手61キロ超級で出場予定の東京五輪でも、金メダル獲得が期待される。

 だが、そんな彼女を巡って、空手界は目下、前代未聞の騒動に揺れている。

 事の発端は3月25日。

 新聞各紙には〈植草選手がパワハラ訴え〉〈植草「竹刀で顔面突かれた」恩師・香川氏のパワハラで負傷〉といった見出しが躍った。

 香川氏は帝京大学の空手道部で師範を務めており、同大出身の植草を10代から育て上げた恩師。植草はつい最近まで、帝京大の道場を練習拠点のひとつにして香川氏の指導を仰いでいた。現在、香川氏は全空連から職務を一時的に停止されたと報じられている。

 全空連の理事は驚きを隠せない。

「香川さんは名門空手道部を率いる日本でも指折りの指導者。植草とは理想的な師弟関係に見えていたので、告発は寝耳に水でした」

 植草は、五輪開幕まで4カ月を切ったこのタイミングで、JOCの相談窓口に駆け込み、大学入学以来、10年以上にわたって指導を受けてきた師匠をパワハラで告発したことになる。


■ブログで心情を吐露


 先の新聞報道から3日後、植草はブログを更新し、胸の内を吐露した。なかでも、最も詳細に説明しているのは「竹刀暴行事件」だ。香川氏は、昨年12月20日頃から竹刀を用いた稽古を行うようになったという。

〈この稽古は、(香川)師範が、選手に対して竹刀を突きや蹴りに見立て、振り回したり、突いたりする一方で、選手はこれをかわしながら、蹴りや突きで反撃させる練習です〉

 そして、今年1月27日に“事件”が起きる。

〈師範が、私の顔面をめがけて竹刀の先端で突き、これが私の左目、そしてまさにプレートが入っていた箇所を直撃したのです〉〈私は、あまりの激痛に、その場で眼を押さえて動けなくなりました〉

 彼女は15年に〈左眼内壁骨折〉で手術を受けており、〈左眼付近には現在でもプレートが入って〉いるという。そこを竹刀で突かれたとすれば、たしかに危険な行為に違いない。翌日以降に彼女が精密検査を受け、「左眼球打撲傷」と診断されたことも明かされている。

 このブログはワイドショーでも大きく取り上げられ、コメンテーターは口々に「到底、愛のムチとは言えない」「彼女が声を上げたのは勇気ある行動」「空手道は礼儀や人格形成を重んじるべきなのにこんなことが起きて残念」と指摘した。

 ブログの内容を信じれば、同情的な声が寄せられるのは当然だろう。だが、本誌(「週刊新潮」)が取材を進めるうち、彼女の主張とは異なる証言が次々に飛び出してきたのだ。


■現場を目撃したコーチの証言


「私も植草のブログに目を通しましたが、正確さを欠く内容だと思います。香川師範が練習で“顔面をめがけて竹刀の先端で突く”ことはありませんでした」

 本誌の直撃に重い口を開いたのは、帝京大空手道部でコーチを務め、植草の兄弟子に当たる男性である。

 とはいえ、植草が怪我を負ったのは事実。彼女が告発した1月27日の“事件”はどのようにして起きたのか。現場を目撃した男性コーチが打ち明ける。

「あの時、香川師範が竹刀を上から振り下ろしたところ、植草はボクシングのダッキングのように前屈みになって避けようとしました。その後、師範の懐に入ろうとして、竹刀に突っ込む格好になってしまったのです。植草は“イタッ”と言ってうずくまりました。師範は“すまん!”と言いながら心配そうに植草の顔を覗き込んでいた。すぐに僕を呼び寄せて“ちょっと植草を見たってくれ”と。僕が駆けつけて“まぶたが赤いけど目に当たった?”と尋ねたら、“大丈夫です。目には当たってません”と答えていました」

 その後、炊事場で目を洗うよう促された植草が道場に戻ると、香川氏は「すまなかった。大丈夫か?」と改めて声を掛けたそうだ。

「植草は“以前に眼底骨折をしているので病院に行きたい”と話し、翌日に病院で診察を受けています。その結果、“特に異常はなかった”との報告があって、30日から練習にも復帰しています」(同)


■竹刀が使用された理由


 男性コーチの証言と、植草がブログに綴った〈師範から、「きちんと受けないといかんのや。」と言われ〉、〈私の怪我や治療手当てのケアの言葉はありませんでした〉との記述には、大きな開きがある。どちらが真実なのか。そもそもなぜ空手の練習に竹刀が使われたのか。

「竹刀を用いた練習は、香川師範が独自に開発したものでした。外国人選手はリーチが長いので、体格で劣る日本人選手が間合いを詰めて攻撃するのが難しい。そこで、師範は竹刀を使って、選手に組手での距離感を体感させようとしました。自分よりも身長の高い相手が繰り出す、上からの突きを想定して剣道の“面”のように竹刀を振り下ろす。また、蹴りに見立てて、同じく剣道の“胴”の要領で竹刀を横に振る。選手は竹刀を腕で受け流したり、身をかわして攻撃に転じるわけです。植草は、師範が竹刀の先端で選手に“突き”を放ったと主張していますが、そのような練習は一切していません」(同)

 それでも、竹刀を用いる練習に疑問を感じる向きもあるかもしれないが、

「この練習に参加するのは全空連の強化指定選手たちです。彼らが五輪で戦う外国人選手の蹴りは、まともに頭に喰らうと失神してしまうほどの威力があります。その衝撃は竹刀とは比べものにならない。師範はあくまでも間合いを意識させるために竹刀を使っていたのです。この練習を始める際、師範は選手たちに意図を説明していますし、当然ながら、竹刀で選手を折檻するようなこともありませんでした」(先の男性コーチ)

 無論、植草が怪我を負った経緯については調査が必要だろう。しかし、香川氏が選手の顔面を凶器で突いたかのような報道には違和感を覚えるというのだ。


■ネット上に投稿した「セクシー動画」


 一方、全空連関係者は、香川氏が選手の指導に竹刀を用いた別の理由を挙げる。

 それは“セクハラ”を防止するための配慮だった。

「たとえば、“型”の練習をする時に、指導者が女子選手の腕や脇腹に直接触れてしまうことがあります。過去には、こうした指導がセクハラとして問題になったケースもある。香川師範はその点を考慮して、女子選手に脇を締めるよう指導する場合も、身体的な接触を避け、竹刀で注意すべき箇所を指し示しながら教えていました」

 加えて、この関係者は、植草のブログには他にも首を傾げざるを得ない箇所があるという。

 それは以下の部分だ。

〈昨年9月頃から、師範から、練習環境のこと、大学院進学のこと、その他プライベートや自活の為の仕事のことなどで、自立心・自尊心を傷つけられたり、大声で怒鳴られたりすることが多くなりました〉

 この文面からは、香川氏が植草の訴えに聞く耳を持たず、一方的に叱責する様子しか読み取れないが、

「香川師範が植草を叱ったのは事実です。しかし、最大の原因は彼女がネット上に投稿した“セクシー動画”にありました。彼女は18年にホリプロに入社してからメディアに登場する機会が増え、同時にYouTubeやSNS上で続々と動画を公開し始めます。師範は“空手界を背負って立つ身なのだから、恥ずかしいことはするなよ”とクギを刺していました。しかし、当初こそ空手着姿で動画に登場していた彼女は、いつしか太ももを露にした格好でストレッチする様子を配信するようになった。他にも、ホットパンツ姿で思わせぶりに開脚したり、男性に素足を抱きかかえられながら、軽快なリズムに乗って腹筋する動画まで配信していた。それを目にした香川師範は植草を呼び出し、“空手を世の中に広めたいというから許してきたのに、何をやってるんだ!”と叱りつけたのです」(先の関係者)

 結果、植草は“セクシー動画”のほとんどを削除しているが、その内容が、礼儀や人格形成を重んじる空手道の教えと相容れない印象は否めない。


■告発の陰にいる男性とは


 実は、その頃から彼女には“男”に関する噂が浮上していた。空手界に詳しい記者が明かすには、

「植草選手との交際が噂されているのは、東京六大学の空手部で主将を務めた経験もあるパーソナルトレーナーです。彼が植草の空手着を身につけて、得意げに稽古をしていたこともありました。植草が配信するYouTubeなどの動画を撮影、編集しているのも彼だと言われています」

 今回のパワハラ告発について、植草はかなり限られた関係者にしか相談を持ちかけていない。そのため、

「香川さんを告発した背景に彼の存在があったのではないかと囁かれています。ふたりの配信した動画に横槍を入れられたことが、今回の一件に影響しているのではないか、と」(同)

 また、彼女が訴える〈大学院進学〉に関しても、

「植草は昨年11月頃、筑波大学の大学院で学びたいと香川さんに伝えたそうです。その時点で東京五輪まで1年を切っていたため、香川さんは“いまは五輪に集中して一生懸命に稽古をすべきだろう”と諭した。しかし、彼女は泣きながら“帝京の練習は嫌いです。それにオリンピックの後のことが不安で仕方がありません”と言うばかりだった。実際、練習への遅刻や無断欠席も目立ち、稽古に身が入っていない状態で、昨年末の日本選手権でも3回戦で敗退してしまった」(同)

 植草は今年3月の強化合宿への参加を香川氏に拒否されたとも訴えるが、

「彼女は2月に肉離れを起こしています。悪化すると試合にも影響しかねないので香川氏は合宿を見合わせるよう伝えたのです」(同)


■「我が子同然に可愛がってきた」


 さらに、別の全空連関係者はこう付け加える。

「香川師範が植草を可愛がっていたのは間違いない。数年前にナショナルチームが海外遠征した際、彼女が個人的に雇ったトレーナーの帯同を求めてきたことがあった。他の選手からは不満の声が上がりましたが、最終的には師範が認める格好で特例的に許可されています。カウンセラーをしている師範の奥さんも、植草から相談されると親身になって対応していた。植草は、昨年12月頃から師範と顔を合わせるのも辛くなったとブログに綴っていますが、ちょうどその頃、“奥さんと使ってください”と師範に自分で焼いた湯呑をふたつプレゼントしているのです」

 やはり、あまりに突然のパワハラ告発に空手界の関係者は困惑を隠しきれない様子だ。

 渦中の香川氏を直撃したところ、植草の告発については「いまは何もお答えできない」としながら、

「10年以上も植草の指導を続け、我が子同然に可愛がってきたつもりです。そんな彼女の顔を竹刀で突くような危険なことをするわけがありません。そこだけはハッキリと言っておきたい。たしかに、動画を巡って言い争いになったのは事実です。“あまりにはしたないじゃないか”と親心で?りました。植草には誘惑に惑わされることなく、空手道に邁進してほしかった。大学院進学の話についても五輪を目指して精進するなら認めると伝えています。師弟として当たり前の信頼関係が失われてしまったのなら残念でならない」


■父親は「関係は良好だと思っていた」


 一方、植草の父親は困惑した様子でこう語る。

「今回の件は報道で知ったくらいで、歩から事前に相談はありませんでした。いや、驚きましたよ。香川先生との師弟関係は良好だと思っていましたからね。もちろん、歩をここまで強い選手に育ててくれた先生には感謝しています。とはいえ、歩も大人ですし、自分なりの考えがあってのことでしょうから、親としては見守るしかありません」

 当の植草に、告発の真意について尋ねたところ、

「すみません。弁護士の先生に任せていて、いまは何もお話しできない状況なんです。ごめんなさい……」

 と消え入るような声で答えるだけだった。

 東京五輪で初めて正式種目となった空手だが、次回のパリ五輪では落選が決定。騒動の余波で、迷えるエースが金メダルを狙える最初にして最後のチャンスを逃すのは、あまりにも惜しい。

「週刊新潮」2021年4月8日号 掲載

関連記事(外部サイト)

×