8歳で100を、10歳で80を切る 松山英樹の破天荒エピソード 父の情熱指導と恩師が語る秘話

8歳で100を、10歳で80を切る 松山英樹の破天荒エピソード 父の情熱指導と恩師が語る秘話

メジャー初制覇を成し遂げた松山英樹(?The 2021Masters at Augusta National)

■4歳の頃に父からアイアンを渡され


 海外男子メジャーのマスターズは11日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGCで最終ラウンドが行われ、松山英樹(29)が悲願のメジャー初制覇を果たした。アジア人で初めての快挙を成し遂げた松山英樹を作ったものとは?

(週刊新潮2013年6月13日号に掲載された記事に加筆・修正しました。肩書などは当時を採用しています)

 ***

 ゴルフ・ジャーナリストの早瀬利之氏によれば、

「英樹くんは、地元・愛媛県松山市で取れる魚の、それも骨までボリボリ食べて育ちました。ジャンボ尾崎や中嶋常幸に見劣りしない骨太の体格は、そうした食生活あってのものでしょう」

 今でこそ、181センチ、85キロの堂々たる偉丈夫だが、少なくとも中学生までは華奢で、身長順に並べば前から数えた方がうんと早かった。

 松山家は5人家族で、両親、そしていずれもキャディを務める姉・妹がいる。四国の豊かな海の幸が怪物の礎を作ったのだとしたら、怪物の爪を研ぎ澄ましたのは、父・幹男さんだ。

 松山は4歳の頃、幹男さんからアイアンを渡され、ゴルフの手ほどきを受けた。幹男さんのゴルフの腕前は相当なものだったようで、

「学生の頃からゴルフを始め、早くから愛媛を代表するアマになりました。2006年に日本アマチュアゴルフ選手権に出場していますし、ハンディキャップはゼロです」

 というから、トンビがタカを生んだということではないらしい。

 手渡されたアイアンに話を戻すと、大人用のクラブを切って仕立てられた9番だった。この9番アイアンとその後に与えられたサンドウェッジを携え、松山は球打ちにせっせといそしむようになる。


■10歳で80を切るまでに


 初ラウンドは6歳、スコアは136だった。

「幹男さんはサラリーマンなので、土日にクラブにやって来るのですが、必ず英樹君を伴っていました。6歳くらいから顔を出していて、ゴルフ好きな少年としてクラブ内で有名でしたよ。お父さんがラウンド中の5時間ほど、コース横にある練習場でアプローチやパターを黙々と練習していました。もちろん一人でね」

 とは幹男さんが所属する北条カントリー倶楽部の評議員・岡本大吉さんだ。

 松山はその後、8歳で100を、10歳で80を切るまでに腕を上げる。前述したように小柄な彼は、ドライバーの飛距離が玉に瑕だったが、

「パー4のホールなら、2打を終えて100ヤード以上を残す感じ。でもそこから1打でグリーンに乗せ、パーにしてしまうこともしばしばで、アプローチは天才的でした。また、大人に交じってコンペに参加した時のこと。5回もバンカーに入れてしまったにもかかわらず、それを全部パーにして、みなが目をむいていました」

 怪物は小学生にして、大器の片鱗を見せつけていた。

 岡本さんが続ける。

「全て幹男さんの指導の賜物です。熱血というよりは熱心で、英樹くんがラウンド中にミスすると、“次は頑張ろうな”と声をかけ、細かくアドバイスをしていました。ゴルフは楽しいものと伝えたかったのでしょう。幹男さんが怒っているのを見たことがありません」

 松山が中学生になる頃には、

「幹男さんは自分のラウンドそっちのけで、英樹くんを指導するようになりました。また、自宅のひと部屋を潰し、パターの練習用マットが敷かれていました。息子の実力を確信し、プロ入りを意識していたはずです」

 当初、中学校は地元の公立校だったが、2年生の時に転機が訪れた。高知県の名門・明徳義塾に編入したのだ。


■ギプスをはめたまま強行出場


 幹男さんと旧知である神田重廣・高原ゴルフ倶楽部総支配人はこう明かす。

「英樹くんは確かに、ドライバーは飛ばなかったけれど、その分アプローチで挽回してパーを取るセンスがありました。それをもっと伸ばすべく、環境の整った明徳義塾でゴルフをさせてはどうかと勧めたのです」

 幹男さんは当初は反対だった。明徳では寮生活が待っているのも一つの理由だったかもしれない。

「それでも最終的には、明徳入りにゴーサインを出した。その後の成功を見れば英断だったと思います」

 松山を受け入れた明徳の高橋章夫監督が、当時を振り返る。

「上手いけれど特段上手いわけではなかった。ただ、のびのび練習しているのを見て、“僕好みの選手だ”と惚れこみ、ぜひウチでと編入をお願いしたほど。松山はマジメな努力家です。僕は明徳ゴルフ部の監督を30年やってきましたが、練習量は歴代一ですね。よくあるように髪の毛をいじったりチャラチャラすることはなかった」

 そんな監督の記憶に強く残っているエピソードがあると言う。

「中学2年夏の四国ジュニア選手権の直前、友だちとはしゃいで溝に落ちて手の指を骨折してしまったことです。それでもギプスをはめたまま強行出場して2位になった。ホントにゴルフが好きなんだと感心しました」」

 最後に。松山が長じてから、父の幹男さんは参加する大会を観戦することはあっても、意識的に目立たないようにしてきたという。自分の手を離れたのに父親がでしゃばるのはよくない、そう考えていたようだ。

 四国の海の幸、父親のDNAと的確な判断、恩師との出会い‥…。怪物が生まれ、快挙を成し遂げるまでに、しかるべき人がしかるべき場所にいたということなのかもしれない。

デイリー新潮取材班

2021年4月13日 掲載

関連記事(外部サイト)

×