【東京五輪】女子ソフトボール日本代表 メンバー発表で誰もが驚きと戸惑いの声を上げた理由

【東京五輪】女子ソフトボール日本代表 メンバー発表で誰もが驚きと戸惑いの声を上げた理由

東京五輪代表に内定した原田、内藤、森、上野、我妻、藤田、山本、市口の県勢8選手

 いよいよ始まる東京五輪。大半の試合は無観客で行われる、前代未聞の大会を如何に楽しむべきか。スポーツライターの小林信也氏が競技の見どころや試合結果を踏まえ、随時レポートする。第1回は女子ソフトボール日本代表の常識破りの選手選抜について――。

 ***

 開会式に先立って真っ先に始まるのが女子ソフトボール。プレーボールは7月21日(水)午前9時、福島県営あづま球場が舞台だ。

 2008年北京五輪で念願の金メダルを獲得した日本代表は、「連覇」を目指している。エース上野由岐子投手が2日間で413球を投げ抜く熱投で見る者を熱く震わせた。あれから13年、この間、女子ソフトボールはオリンピックから除外されていた。北京五輪では大会を通じて最も日本中を感動させた種目のひとつだった女子ソフトボールは、金メダルを獲った直後から「冷や飯を食わされた」格好だった。日本のメディアは、「五輪種目かどうか」で報道の扱いを決める。女子ソフトボール日本代表にも同じ仕打ちを与えた。4年後(2012年)の世界選手権、日本はまた上野の連戦連投で優勝を勝ち取った。北京の再現といってもいい大活躍だったが、この結果は新聞の片隅で小さく報じられたに過ぎなかった。

 理不尽だが、それが日本のスポーツ報道の現実だ。結果として、女子ソフトボールは注目を失い、競技を志すジュニアが次第に減少する。オリンピックで華やかな活躍をし、注目を浴びる女子サッカーや卓球、バドミントンといった競技に子どもたちの眼が向いてしまうのは悲しいけれど、現実なのだ。だからこそ、再びオリンピックの舞台に立つ選手たちの決意と覚悟は単なる金メダル以上に、愛する競技をもっと多くの人たちに愛してほしい、競技を目指してほしい、大げさに言えば、女子ソフトボールの存亡をかけたくらいの勝負なのだ。まして、次のパリ大会ではもう除外が決定している。また冷や飯を食う。だからこそ、このチャンスを逃すわけにいかない。


■金メダルまで6試合。投手3人で大丈夫なのか?


 今年3月、宇津木麗華ヘッドコーチがオリンピック代表メンバーを発表したとき、そのリストを目にした誰もが驚きと戸惑いの声を上げた。

 合計15人。これまでは投手4人、捕手2人が常道だったが、リストには投手3人の名しかなかった。一方、捕手も3人が選ばれた。ほかに、内野手が5人、外野手が4人。

 投手は、22日に39歳になる上野由岐子、30歳の藤田倭(やまと)、20歳の後藤希友(みゆ)。藤田は20日、メキシコとの練習試合に先発し、「8失点」との、気になるニュースが入ってきた。後藤だけが左腕投手だ。後藤が選出に際して、「監督からはワンポイント(での起用)と言われたので、任されたイニングをしっかり0点に抑えられるように頑張っていきたい」とコメントしている。その言葉から察すれば、先発は、上野と藤田の2本柱が想定されている。宇津木妙子元監督に訊くと、「上野は投球術に一段と磨きがかかっている」というから期待もふくらむ。一方、ここ数年は国内外の試合で打ち込まれる場面も少なくない。「上野は1点も取られない」という神話は崩れつつある。2年前、打球を顔に受けて骨折し戦列を離れたのはアクシデントだとしても、短期決戦でケガや不調があれば、取返しがつかない。

 上野の後継者的存在の藤田は堅実な投球を見せてくれるだろうが、実は打者としての魅力が大きい。「ソフトボールの大谷翔平」の異名を取るとおり、打撃のセンスが抜群だ。ボールを迎えに行こうとせず、来たボールをスパッと処理する感覚も大谷に通じる。私自身は投手として負担を与えすぎず、藤田の打棒を存分に発揮してほしいと願っているから、藤田が投手の主軸を担う形は避けたいと思う。

 そうなると、「ワンポイントと言われた」という20歳の後藤が、実が金メダルの命運を握る存在ではないのか? 宇津木ヘッドコーチは後藤に余計なプレッシャーを与えないため、そのように言ったが、展開次第では後藤の大車輪の活躍をひそかに期待しているのではないかとさえ感じる。もし、予選のどこかで後藤が快投を演じ、上野のお株を奪うような存在にのし上がったら、日本の未来は明るくなる。


■なぜ捕手が3人も選ばれたのか?


 捕手が投手と同数というのは、野球の代表チームでも珍しい。なぜ宇津木監督はこのような常識を超えた選択をしたのか? 背景には試合方式の変更がある。かつてオリンピックでは、グループリーグの後、敗者復活もある独特の決勝トーナメントで順位を決定していた。そのため終盤にダブルヘッダーが組まるなど苛酷な日程を課せられた。ところが、今大会は参加チームが10から6に減った上、グループリーグの1位と2位がそのまま決勝に進出し、優勝を争う方式に変わった。つまり、最大10試合だったものが、最大6試合に減ったのだ。そのため、宇津木監督は2本柱を回せば行けると判断したのだろう。

 そしてもうひとつ。この1年の大きな変化も影響している。昨今のスポーツ界は、過剰なほどデータ勝負に支配されている。ことに、野球やソフトボールのようにデータを収集し分析しやすい競技では、データ分析の優劣がそのまま勝負に影響すると理解されている。ところが、コロナ禍で国際大会も予定どおりできなかった。つまり、集めるべきデータが十分に集まっていない。そこで重要なのが、本来の機能。捕手の頭脳(インサイドワーク)だ。データに頼るのでなく、初見で打者の癖を見抜き、意図を感じ、翻弄するための配球を投手に要求しなければならない。

 一番手の捕手と目される我妻悠香(はるか)26歳、清原奈侑(なゆ)30歳、北京五輪代表でもあった峰幸代、33歳はいずれもインサイドワークに長けている。中でも伏兵的な期待を担っているのは清原ではないか。清原は発想が独特で、意表をついたリードをすることで定評がある。2本柱が、同じ捕手のリードでパターン化すれば大会中のデータ分析によって打ち込まれる可能性もある。だが、データを混乱させる常識外れの配球が間にはさまれば、相手チームに的を絞らせない効果が期待できる。

 問題は、独特のリードを上野、藤田が楽しんで、従来とは違うピッチングに目覚めるかどうか。清原とのバッテリーで新たな化学反応が起これば、日本がここ数年、国際大会では一日の長があるアメリカを破る期待もふくらむだろう。

小林信也(こばやし・のぶや)
1956年新潟県長岡市生まれ。高校まで野球部で投手。慶應大学法学部卒。「ナンバー」編集部等を経て独立。『長島茂雄 夢をかなえたホームラン』『高校野球が危ない!』など著書多数。

デイリー新潮取材班編集

2021年7月21日 掲載

関連記事(外部サイト)