【東京五輪】水球男子日本代表が熱い…大本洋嗣監督が語る「世界が驚く異例の戦術」

【東京五輪】水球男子日本代表が熱い…大本洋嗣監督が語る「世界が驚く異例の戦術」

大本洋嗣監督

 いよいよ始まった東京五輪。大半の試合は無観客で行われる、前代未聞の大会を如何に楽しむべきか。スポーツライターの小林信也氏が競技の見どころや試合結果を踏まえ、随時レポートする。

 ***

 東京五輪で最も楽しみな競技は何か? 訊かれるたび、私は迷わず「水球男子」と答えている。メダルを獲れるのか? いや、メダルを越えた挑戦がそこにある。メダルは、獲れるかもしれない。獲れたらすごい快挙だ。しかし、メダルが獲れなくても、すでに「水球男子日本代表」は、世界に衝撃を与えている。世界の水球を変える存在になっているのだ。

 日本の水球男子チームはずっと低迷していた。何しろ、1984ロサンゼルス五輪に出て以後ずっとオリンピック出場ができなかった。前回のリオ五輪で32年ぶりの出場を果たしたが、グループリーグ5戦全敗に終わった。弱い、日本国民から期待もされていない、それが水球男子日本代表だった。

 ところが、「ポセイドン・ジャパン」と呼ばれる水球男子日本代表はいま、世界の水球界から熱い眼差しを送られ、「戦いたくない相手」と認識されるレベルにのし上がった。
 強豪国が「日本と戦いたくない」と思うのは、「もしかしたら負けるかもしれない」からであり、「やりにくいチーム」でもあるからだ。

 実績から先に記せば、2018FINA(国際水泳連盟)ワールドリーグ・スーパーファイナルで日本は準決勝に進出、水球を国技と呼ぶ強豪ハンガリーに9対11で惜敗したが、見事4位に入った。準決勝進出を決めた試合は、やはり強豪の一角アメリカが相手だった。以前ならまったく歯が立たなかった難敵を11対10で下し、世界の水球界に日本の強さを印象づけた。その後の国際大会でもしばしば強豪を破り、水球男子日本代表は伏兵的存在に成りあがっているのだ。

 日本が躍進した秘密は何か? これがまた痛快だ。大本洋嗣監督が言う。

「これまで日本は世界の高さに阻まれ続けてきました。私が最初に日本代表を務めたとき、高さで負けたくないと思って、背の高い選手を中心に選んだのですが、それでも平均身長は184、5cm。世界は190cm台、2m以上の選手もたくさんいますから、それでも小さいのです。結局、高さでは勝てない。それ以外の方法を見つけないと勝負できないとわかりました」

 2001年、大本は33歳の若さで監督に抜擢された。2006年まで務めたが、際立った成績は残せなかった。2012年、ロンドン五輪の予選に敗れた後、再び監督を要請され、今度は大胆な戦法を採用し、水球男子日本代表を劇的に飛躍させたのだ。

 その大胆な戦法とは?

「水球はどのチームもゴール前を固めて、相手のシュートを防ぐ守りをします。攻撃側は、その壁を何とかして破り、シュートを決めるのですが、この攻防だと、どうしても高さとパワーが必要なんです」

 ゴール前の力勝負を続ける限り日本は勝てない、そう気づいた大本は、闘い方を根本的に変えたのだ。

「相手が攻めてきたら、もう守らない。先に攻撃の態勢に入って、うまくキーパーがシュートを防いでくれたらすぐ速攻でゴールを奪う、これが日本の生きる道だと」

 それで採用したのが、《パスライン・ディフェンス》という新しい戦法だ。

 守らないというのはやや大げさな表現だが、通常は自陣ゴールを背にして相手選手の攻撃を防ごうとする。その方式をやめ、日本選手は相手より前に出て守る。守備側の日本選手の方が、相手ゴールに近いポジションにいる形だ。そうすれば、ボールを奪った時、相手ゴール前がフリーの状態で、速攻に入りやすいからだ。

 相手より前に出て、相手のパスのラインをカットする守りをする。それでパスライン・ディフェンスと呼ばれる。

「これができるのは、抜群に上手いゴールキーパーがいるからなんです。1対1に強いキーパーがいなければできない作戦です」


■「日本の水球は面白い!」


 大本監督が全幅の信頼を寄せるのは、棚村克行。身長183cmは、世界のゴールキーパーの中では決して大きくないが、抜群の感性と反応力でしばしば相手シュートを枠外に弾き出す。そして、棚村から始まる速攻で日本の得点を生み出す。つまり、多くのチームでゴールキーパーは「守りの要」と認識されるが、日本代表においてゴールキーパーは攻撃の起点であり、シュートを生み出す重要な攻撃陣のひとりなのだ。

「この戦法で戦うには、通常の何倍もの泳力と体力が必要です。ヨーロッパの選手たちは泳ぎ込みの練習は嫌がってそこまでしないでしょうね」

 ヨーロッパのプロリーグでも活躍する主将の志水祐介が教えてくれた。日本のパスライン・ディフェンスを採用すると、自ずと攻守交替の回数が増える。速いテンポで攻撃に転じ、その後すぐまた守りに戻る。体力が要求される戦術だから、日本は他国とは比較にならない泳ぎ込みを当たり前のようにやる。それがパスライン・ディフェンスの前提だからだ。

 この戦法を採用すると、世界の水球ファンが瞠目した。面白い、スピーディーでワクワクする。日本がボールを持った途端、スタンドが湧きあがる。

「日本の水球は面白い!」

 高い評価がいま世界の水球界で盛り上がっている。そんな潮流の中で行われる東京オリンピック。世界の水球ファンたちが、水球男子日本代表の活躍をひそかに期待している。

 しかも日本には、世界の至宝と言ってもいいスーパースター候補がいる。ポイントゲッターの稲場悠介。いま21歳。すでにヨーロッパのプロリーグで活躍する世界的存在。18歳で日本代表のエースに抜擢されるとすぐに国際大会で得点王に輝くなど、頼もしい活躍を重ねている。2019世界ジュニア選手権で日本は8位にとどまったが、大会のMVPに選ばれたのは稲場だった。8位からMVPが選ばれるのは異例。だが、それほど稲場のシュート力が際立っていた。

 東京五輪では各プール6チームの総当たりでグループリーグを行う。その後、各組上位4チームずつが決勝トーナメントを戦う。日本代表は25日にアメリカとの初戦に臨み、以後、1日おきにハンガリー、ギリシャ、イタリア、南アフリカと対戦する。いずれも格上、金メダルを狙う強豪ぞろいだが、「最低でも2勝、できれば3勝」を固く誓って、日本はグループリーグに挑む。それが果たせれば、W杯ラグビーで旋風を巻き起こしたラグビー日本代表と同様、決勝トーナメント進出が決まる。そして準々決勝に勝てばメダル獲得が実現する。

 それが夢物語でなく、「あり得る」と海外の強豪国もひそかに恐れる状況がいま整っている。水球男子日本代表の挑戦にぜひ注目してほしい。

小林信也(こばやし・のぶや)
1956年新潟県長岡市生まれ。高校まで野球部で投手。慶應大学法学部卒。「ナンバー」編集部等を経て独立。『長島茂雄 夢をかなえたホームラン』『高校野球が危ない!』など著書多数。

デイリー新潮取材班編集

2021年7月24日 掲載

関連記事(外部サイト)