U-24南アフリカ戦 “陰のMVP”は田中碧 メキシコにどう挑むべきか

U-24南アフリカ戦 “陰のMVP”は田中碧 メキシコにどう挑むべきか

”陰の”MVP・田中碧(撮影・六川則夫)

■好守のつなぎ役


 どんな大会でも初戦の難しさはあるし、それは選手自身も理解しているだろう。加えて、南アフリカは選手2人が新型コロナウイルスの陽性と判定され、多くの選手が濃厚接触者として隔離され、満足に練習できなかった。

 ***

 さらに、不慣れな気候にもかかわらず、南アフリカは90分間足を止めることなく日本に立ち向かった。

 拮抗した試合になった要因は2つ。まずは南アが5−4−1の超守備的な布陣でペナルティエリアに人数を割いて固めつつ、堂安律(23)と久保建英(20)のドリブル突破には必ず複数の選手で囲い込むことで自由を与えなかった。

 もう1点は、これは「なでしこジャパン」にも共通しているが、日本はボールを保持してパスをつないでも、リズムが一定していることだ。

 敵のゴールに迫ったらワンタッチパスでスピードアップするといった“緩急の変化”に乏しい。このため南アも守備一辺倒だったが、“守備のリズム”を作りやすかった。

 吉田麻也(32)や遠藤航(28)らは時折、前線へ速くて強いタテパスを入れたが、久保や林大地(24)と呼吸が合わず、効果的な攻撃に結びつけることはできなかった。

 こうした試合ではセットプレーが大きな武器になるが、前半45分の久保のFKは僅かに右へ外れた。

「できればスピードのあるドリブラーで相手を剥がしつつ、ペナルティエリア内で倒されたらPK」――と思ったのかどうかは不明だが、森保一監督(52)は後半15分に最初のカードを切る。


■久保のシュート


 左MF三好康児(24)に代えて相馬勇紀(24)を投入した。しかし瞬間的なスピードで相手を置き去りにしてクロスを上げる相馬が、スピードで抜けきれない。やはり個々の身体能力の高さは驚異的だ。

 決勝点は後半26分、田中碧(22)のサイドチェンジのパスを右ペナルティエリア手前で受けた久保が、得意のカットインから左足の強シュートをゴール左スミに突き刺した。

 この場面では、久保のマークについたのはシブシソ・マビリソ(22)1人だけ。これなら久保も簡単に剥がせたはずだ。

 久保自身も「思い通りにトラップできて、何回かタテに行っていたので、中に簡単に行けるなと。中に折り返してファーを狙おうと思っていたので、入ってくれて良かったです」と狙い通りのプレーだったことを明かした。

 あのポジションでのプレーは、FC東京時代に何度も経験しているアドバンテージもあったはず。

 その後も森保監督は、林に代えてFW上田綺世(22)、中山雄太(24)に代えてSB旗手怜央(23)を起用し追加点を狙う。


■“陰のMVP”は?


 しかし効果的な攻撃を仕掛けることはできず、逆に33分、反撃に出た南アに左サイドを突破され、最後はペナルティエリア中央からルーサー・シン(23)に決定的なシュートを許す。

 幸いにもシュートはGK谷晃生(20)の正面だったため、日本はこの試合で最大のピンチを逃れた。

 1分後、南アはシンと同様にポルトガルのブラガでプレーするFWコバメロ・コディサン(21)を投入して最後の反撃に出る。

 すると森保監督も堂安に代えて町田浩樹(23)を左SBに起用して守備を強化しつつ、旗手をトップ下にコンバート。

 後半アディショナルタイム4分には自陣近くで直接FKを与えてしまうが、テボホ・モコエナ(24)のシュートは大きく上に外れ、日本は12年ロンドン五輪以来9年ぶりに五輪の初戦を白星で飾った。

 この試合のMVPは決勝点を決めた久保で間違いないだろう。そして“陰のMVP”として田中の名をあげたい。決勝点につながるサイドチェンジのパスはもちろん、遠藤とのダブルボランチから攻守のつなぎ役として攻撃のリズムを作った。


■メキシコ戦の課題


 さらにゴールが欲しい後半は、ボランチの位置からゴール前のバイタルエリアに侵入したり、右サイドのオープンスペースに走り込んだりと、意外性のあるプレーで攻撃に変化をつけようとトライした。

 前半立ち上がりこそ果敢に攻め上がった酒井宏樹(31)だが、後半はほとんど攻め上がることができなかっただけに、田中がそのスペースに顔を出してボールを受けることで、日本の攻撃に幅を持たせていた。

 日本の次の相手は初戦でフランスを4−1と撃破したメキシコだ(25日の20時キックオフ)。優勝候補の一角であり、フランス戦で先制点をアシストしたドリブラーのディエゴ・ライネス(21)をどう止めるかがカギになる。

 技巧派のレフティーだが、フランス戦の先制点に結びついたプレーは右サイドでタテに抜け出し、右足で柔らかいクロスを送った。警戒するのは左足だけではない厄介な相手である。

六川亨(ろくかわ・とおる)
1957年、東京都生まれ。法政大学卒。「サッカーダイジェスト」の記者・編集長としてW杯、EURO、南米選手権などを取材。その後「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。

デイリー新潮取材班編集

2021年7月24日 掲載

関連記事(外部サイト)