ヘーシンクの柔道を思い出した… 金メダル「大野将平」を成長させた8年前の事件

ヘーシンクの柔道を思い出した… 金メダル「大野将平」を成長させた8年前の事件

大野将平

 この男の強さは別格だ。2階級くらい上げても平気で金メダルを取ると思える破壊力である。しかも、「ヒットマン」の如く上目遣いで相手を睨む目つきの怖いこと怖いこと。対戦する外国人柔道家たちもビビっていたのではないか。

 3回戦まですべて一本勝ちで勝ち上がり、準々決勝はリオデジャネイロ五輪(2016年)の決勝で当たったアゼルバイジャンのオルジョフ。あっさり「技あり」二つで仕留める。

 準決勝はモンゴル選手に延長戦(GS)で優勢勝ち。そして決勝の相手は今大会、男女とも優れた選手を多く揃えてきたジョージアの代表、シャフダトゥアシビリ。腕力も体幹も実に強く一進一退のまま延長に入る。大野は大外刈りを放つが相手は体を回して腹から落ちポイントにさせない。大野は内股か大外刈り、あるいは大内刈り、小内刈りなどの連携技に持っていくかと筆者がテレビを見守っていたら、予想しなかった「支釣込足」が炸裂し、シャフダトゥアシビリは畳に転がった。9分26秒の熱戦だった。


■男子柔道4人目の五輪連覇


 リオデジャネイロ五輪(2016年)の優勝時と同様、ガッツポーズもしない。深々と一礼をするとしばらく天井を見上げてから畳を降りた大野。「29歳となりベテランと呼ばれる所まで来た。柔道の聖地、武道館で試合ができることも少なくなっている。この景色を目に焼き付けておこうと」と語った。

 柔道男子のオリンピック連覇は内柴正人(アテネ、北京)以来で、斉藤仁(ロサンゼルス、ソウル)、野村忠宏(アトランタ、シドニー、アテネで3連覇)を合わせて4人目だ。(女子では谷亮子、谷本歩実、上野雅恵が2連覇している)。大野は3年後のパリオリンピックも狙うだろう。

 山口県出身。中学から東京へ移り、「平成の三四郎」古賀稔彦(バルセロナ五輪71キロ級金、今年3月に逝去)を輩出した名門、世田谷学園高校へ。古賀や吉田秀彦(同五輪78キロ級金)も学んだ柔道私塾「講道学舎」にも通う。世界選手権3度優勝。2019年8月の東京での世界選手権、すべて一本勝ちで優勝した時は、取材していてもあまりの強さに言葉もなかったが、筆者が取材した大野の公式試合で一番の名勝負と思ったのは18年のグランドスラム大阪での海老沼匡(ロンドン、リオ両五輪66キロ級銅メダル)との戦いだ。

 実力伯仲の緊迫の一戦は最後に大野がねじり倒すように「隅落」で海老沼を下した。海老沼は講道館杯で高校生の新鋭、阿部一二三に敗れた頃から減量がきつくなり階級を上げていた。多くの名勝負を残して今年、さわやかに引退した。

 大野はこうしたライバルを下し、東京五輪代表を決めていた。しかし五輪は一年延期に。五輪開催の是非に多くのアスリートが口を紡ぐ中、「東京五輪がいつ開催になろうと、私たちは決められた試合日に向け最高のパフォーマンスができるように覚悟を持って準備をするだけです」とコメントした。とはいえ一年以上、実戦から遠ざかっていた不安は残った。

「勝って当然」とみられる中、「全選手が自分の首を狙ってくる」と恐怖を感じていたという。

 そんな大野将平の活躍に「本当におめでとうと言いたい、指導してきたことをすべて出してくれた。こんな嬉しいことはない」と語るのは大野と同じ天理大学柔道部OBで元監督、70年代、80年代に「必殺の背負い投げ」で世界選手権を4連覇した藤猪省太氏(71)である。

「グルジア(ジョージア)は旧ソ連でもロシア型のサンボではなくなじみの薄い柔道のせいか、かなり大野も緊張している顔をしていた。今回、グルジアの選手には海外の選手もやられているし、相手は『負けて元々』で来るので怖い。しかし指導を二つとられても大野は慌てなかった。相手のいろいろな攻撃もしっかり受けて堪え、日本伝統の柔道を見せてくれた。立ち居振る舞いも立派でした」と感嘆する。


■暴力事件も克服し


 そんな大野もすべてが順風だったわけではない。藤猪氏が「ああいうことがあったことも大野を成長させたと思います」と振り返ることがある。

 2013年、大野が天理大学の主将だった時、4年生の1年生への暴力事件が発覚する。大野は直接加担してはいなかったが、大学から大野ら5人が30日の停学処分、全日本柔道連盟(全柔連)からは3か月の登録停止と強化指定選手取り消しの処分を受けた。当時、藤猪氏は柔道部の部長だった。主将を解かれた大野は被害選手の自宅に藤猪氏と土佐三郎監督と一緒に謝罪に行った。しかしそれで収まらず、藤猪氏と土佐監督はともに辞任、藤猪氏は理事も辞任する事態になった。大学内のこととして全柔連に報告しなかったことも批判された。この頃、全柔連は女性選手への男性コーチの暴力や侮蔑発言などで大騒動になっていた。

 天理大学は、細川伸二、篠原信一、野村忠宏、穴井隆将、丸山城志郎などの五輪選手を輩出した名門である。藤猪氏は「入部してきた頃はあまりしゃべらない男で黙々と練習していた。少しは話すようになったようだけど、無骨な姿勢はあのころと変わらないでしょう。パリ五輪までも頑張ってくれれば、大野なら3連覇もできますよ」と期待を寄せる。3連覇すれば「西の雄」天理大学は野村忠宏に続いて二人の五輪3連覇を出すことになる。

 様々な苦難を克服し、2連覇した大野将平は、当たり前の仕事を終えたかの如く畳を降りた。敗者に敬意を払い、畳の上では決して喜びを爆発させない。1964年の東京五輪の無差別級の金メダリスト、あのオランダの巨漢、ヘーシンクは天理大学で松本安市監督の元で鍛えていた。無差別級の決勝で激戦の末に神永昭夫(故人)を袈裟固めに下した直後、狂喜して畳に上がろうとするオランダの関係者を手で制した。ヘーシンクは柔道の礼儀を日本人以上に熟知していた。そんな古い歴史も思い出してしまう大野の姿だった。


■「最強の柔道家」


 畳を降りた大野。怖い顔はいっぺんに優しくなり、「勝負の世界で絶対はないと感じたし、それが準決勝、決勝の延長戦で私が感じた恐怖心だと思う」「結果として『圧倒的』から『絶対的』に少しは近づけたのでは」などと雄弁に話した。そして「不安でいっぱいの日々を昨年からずっと過ごしていた。この一日で報われたと思っていないし、私の柔道人生はこれからも続いていく」と締め括った。

 かつては対戦する二人が離れている時間の方が長いような柔道も目に付いたが、国際柔道連盟(IJF)や全柔連は短い袖を厳しく禁じるなどして、引き手を切りにくくするなどルール改正し一本勝ちも増えていた。そんな中「正しく組んで正しく投げる日本の柔道」を最も明確に体現してきたのが大野翔平だった。大野は組際にパッと飛びついて相手の襟や袖を掴むというより、先に相手に取らせて、じわじわと自分の組手にしていく。これは強い腕力と握力、そして防御力がないとできないことである。

 大学院での修士論文のテーマは「大外刈」。大野は自身の柔道も分析し、従来の「崩し、作り、掛け」の順ではなく「崩しと作りが同時」という斬新な内容だそうだ。

 畳を降りた大野の肩を抱いてねぎらった日本男子代表チームの井上康生監督(43)は「今まで見てきた中で最強の柔道家と改めて感じた」と断言した。シドニー五輪(2000年)の100キロ級で優勝した井上は、連覇を期待されたアテネ五輪で表彰台にも上がれなかった。周囲が簡単に口にする「連覇」の難しさを誰よりも知る男の実感だった。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」「警察の犯罪」「検察に、殺される」「ルポ 原発難民」など。

デイリー新潮取材班編集

2021年7月30日 掲載

関連記事(外部サイト)