メダルを狙う女子レスラー 川井友香子、土性沙羅、皆川博恵が語る“五輪への決意”

メダルを狙う女子レスラー 川井友香子、土性沙羅、皆川博恵が語る“五輪への決意”

川井友香子 リモート会見から

 リオデジャネイロ五輪(2016年)では4つの金メダルとひとつの銀メダルに沸いた女子レスリング。中でも伊調馨、登坂絵莉、土性沙羅の三人が土壇場の大逆転で金メダルに輝いた。あの盛り上がりから5年。東京五輪に出場する残る三人の「大和撫子レスラー」を紹介する。

【女子62キロ級(8月3、4日) 川井友香子(23)=ジャパンビバレッジ】

 リオ五輪王者である川井梨紗子の妹。三人姉妹の真ん中。母(初枝さん)は子供教室(金沢ジュニアレスリング)の指導者。「妹も姉も道場に行ってしまって一人留守番させられて、母がかまってくれないので私も通いだしました」がレスリングを始めたきっかけ。活発だった姉とは違い、刺しゅうなど女の子らしい遊びが好きだった。しかし「負けん気が強く、レスリングは自分に合ってたのかな」と振り返る。

 石川県出身、津幡中学3年の時、ジュニアクイーンズカップで優勝。姉の後を追うように至学館高校、至学館大学へ。2017年の世界選手権に初出場し8位。18年は2位と力をつけた。そして、2019年9月のカザフスタンの世界選手権。一足早く五輪代表を決め、優勝もした姉の梨紗子がスタンドから母初枝さんとともに声をからして応援していた。激戦の末に友香子は3位に入り五輪を決めた。

 試合終了後、歓喜の涙で姉と抱き合う姿を目前で見たが感動的だった。前日に友香子は、三回戦でキルギスの選手に逆転フォール負けして敗れ、会見でもショックで床に崩れ落ちていたが、敗者復活戦から必死で勝ち上がっていた。「姉妹でオリンピック」の夢をかなえた瞬間だった。姉妹での五輪出場は北京五輪(2008年)での伊調千春・馨以来だ。

 三人でお祝いのケーキを買ってホテルで食べたが「ケーキはすごく甘くて大きすぎて食べきれなかった」(友香子)とか。

 そこからは、コロナでの東京五輪延期で長い。「最後の国際試合は昨年2月のアジア選手権です」とちょっと不安そうだ。しかし姉の梨紗子は「延期は友香子には絶対によかった。その間に体も大きくなって力もついたし」と語っている。友香子は「延期がよかったなんて言ってはいけないのかもしれないけど、周りから大きくなったとか力がついたって言われます」と満更でもなさそう。

「2013年に東京五輪が決定した頃は自分が関係するとは思っていなかった。意識し出したのは姉が金メダリストになった頃から」という。姉ほどの天性の運動神経はなくとも地道な努力で妹はメキメキ力をつけ、「姉妹でオリンピック」はいつしか「姉妹で金メダル」に変わった。「梨紗子の練習を見ていて、タックルに入る前の組手が大事と思い、今までは相手の外側から腕を取ったけど内側から取って攻めていけるようになった」。

 最近、姉と一緒にペットショップで可愛い犬を見つけて金沢市の実家で飼っている。「前からいる犬はキナコ、新しい犬はアンコにしました」。

 2年前の世界選手権について「負けてまた翌日に試合するなんて経験がなかった。母と姉がいてくれたけど一人なら立ち直れなかった」と振り返る。

 東京五輪ではあの時とは出場の順番が姉妹で逆になる。「私が勝って梨紗子に繋げたい」。


■1年の延期はパワーアップのチャンス


【女子68キロ級(8月2、3日) 土性沙羅(26)=東新住建】

 57キロ級の川井梨紗子と同様、オリンピック2連覇を目指す。初出場だったリオデジャネイロ五輪での69キロ級決勝で見せた「根性の大逆転劇」は国民の目に焼き付いている。あれから5年、様々な辛苦を乗り越えてのオリンピック再登場でもある。

 三重県松阪市出身。吉田沙保里の父栄勝さん(故人)の指導を受け、松阪市立鎌田中学では全国中学大会で優勝。至学館高校、至学館大学レスリング部では吉田や伊調馨ら偉大な先輩たちの背中を見てきた。世界選手権は2013年に67キロ級で3位、その後2015年まで2位、3位と「もう一歩」だったが、2016年には春のアジア選手権で優勝し、リオデジャネイロ五輪に選ばれる。決勝でナタリア・ボロベワ(ロシア)に先行された。しかし第2ピリオド2分、バックを取って同点に追いついた瞬間に試合終了となるが、一回での点数が多い「ビッグポイント」を取っていた土性の逆転優勝となった。「初めてのオリンピックでしたが緊張感もなく、勢いがありました」と振り返る。

 しかし、リオ五輪の後は怪我に悩まされ続けた。2018年3月のワールドカップ(団体戦)で左肩を脱臼し手術し、その影響で思い切って得意の正面タックルに行けなくなった。2019年9月の世界選手権(カザフスタン)では3回戦で強豪の米国選手タミラ・メンサストックに敗退、彼女が優勝したため3位決定戦に残った。しかしそこでも敗れ、自身の五輪切符を取れず、国別枠を取るのがやっとの5位に終わる。

 さらにその年12月の全日本選手権の直前には膝を痛めた。出場はしたものの新鋭の森川美和(日体大)に準決勝で敗北する。土性の同選手権での連覇は前年までの8で途絶えた。このために、東京五輪代表の内定は2021年3月に東京のNTC(ナショナルトレーニングセンター)で行われたプレーオフに持ち越された。ここで森川に雪辱し、ようやく二度目の五輪切符を手にしたのだ。コロナ対策で試合会場に入れず外で待っていた筆者は、友人と抱き合って喜ぶ土性の歓喜と安堵の姿を目の当たりにした。

「なんとか肩も肘も治ってオリンピックには間に合うと思っていました」。ところが五輪は延期されてしまう。

「海外選手のビデオなどを研究しましたが、一年もモチベーションが持つのかなと思いました。でもしっかり怪我を直した上でパワーアップもできるチャンスと捉えることにしました」。こうした切り替えができたのも、慕う先輩のおかげだった。精神的な支えとなったのは土性が「絵莉さん」と呼ぶリオの金メダリスト登坂絵莉。至学館大学では一年先輩になる。登坂はリオ五輪の50キロ級決勝では終了間際の逆転でアゼルバイジャンの選手を破って金メダル。二人は「大逆転金メダルコンビ」でもある。

 登坂自身も東京五輪を目指したが、新鋭の須崎優衣(早稲田大学)や入江ゆき(自衛隊)に敗れ、連続出場は果たせず、涙に暮れていた。「2019年の世界選手権で負けた時も、帰国するとすぐに迎えに来て励ましてくれました」。モチベーションを失いかけた時も「五輪の延期はみんな同じだし、怪我もあったし、延期をプラスに考えてほしい」と言ってくれた。土性は「絵莉先輩の分も頑張りたい」と決意を語る。

「世界選手権と全日本選手権の敗北は自分の弱さを実感させてくれました」という土性は笹山秀雄コーチとの練習で、これまでのような正面タックル中心ではなく、攻撃の幅を広げている。「カウンター狙いとか、がぶりとか、横からのタックルとかですね」。

「前回(リオデジャネイロ)は、スッと内定を得ることができていた。今回はそうはいかず、本当に大変なのだな、と思わされた。でも、負けたことで、次に勝つにはどうすればいいのかを考えることができた。すごく成長できたと思う」と振り返る。そんな土性はなぜかプロ野球は中日ファンではなく、阪神タイガースのファンだという。「内野手北條(史也)選手が好きですね。同い年で頑張っているし」。

「肩やひざの痛みもなくなり、問題ありません」と安心させてくれた土性は「東京オリンピックは本当に特別な舞台。東京オリンピックのマットに立てることを感謝しながら、今までやってきたことをすべて出し切れるようにやっていきたい」と語った。このリモート会見に参加していた頃、テニスの大坂なおみ選手が全仏オープンを途中棄権し、「負けた選手の気持ちも考えない記者たち」にも矛先を向けたことが話題になっていた。聞いてみた。「負けた時に僕らに囲まれるのは嫌じゃないですか?」と。土性は「嫌な時もありますが、勝っても負けてもインタビューに応じるのは私たちの役目だと思います」と話してくれた。


■「浜口京子を超えろ」日本初の「最重量級金」を目指す物静かな文武両道


【女子76キロ級 (8月1、2日) 皆川博恵(33)=クリナップ】

 京都府出身。高校教師の父秀知さんの指導で子供の頃からレスリングをしていたが宇治市立東宇治中学では陸上部。立命館宇治高校から立命館大学へ。初めの頃は浜口京子(アテネ五輪と北京五輪で72キロ級銅メダル。世界選手権5度制覇)の壁が厚かったが、2012年から世界選手権72キロ級に登場し、2014年には7位に入賞。しかし2015年に膝のけがをして世界選手権に参加できず、翌2016年のリオ五輪に出場することは叶わなかった。その頃は旧姓の「鈴木博恵」で知られていた。全日本選手権8連覇。

「リオ五輪は見ていなかった。見たくないというよりテレビも夜中だったし」と振り返るが気落ちしたことは間違いなく、一時は引退も考えた。しかし思いとどまった。2017年、18年の世界選手権で銅メダル。そして筆者も出かけた、東京五輪のかかった2019年の世界選手権(カザフスタン)では、決勝で米国の強豪アデリン・グレーに2対4で敗れたが善戦、銀メダルに輝いた。

 引退を思いとどまった理由は「周囲のアドバイス」。その一つは父秀知さんの何気ない言葉だった。「2015年の世界選手権を見にこようとした父はパスポートが切れてたので取ったんです。でも私が怪我をして行かれなくなってしまった」。せっかくパスポート取ったから家族でハワイ旅行でもしようかということになっていたら、秀知さんが「試合観るために取ったんやけどな」と言った。「やっぱりレスリング続けてほしいのかなと思ったんです。もう一回、一生懸命にやってみて、それで負けてもいいかなと思いました」。何かの受け売りだそうだが秀知さんは「一番いいのは一生懸命やって勝つこと。その次にいいのは一生懸命やって負けること」と言っていたという。

 2017年の世界選手権の銅メダルは転機だった。「それまでは世界選手権に壁を感じていた。初めてメダルを取って達成感などを味わうことができ、殻(から)を破れた」。この年には元レスリング選手だった拓也さんと結婚している。女子レスリングの東京五輪代表では唯一の既婚者だ。昨年の3月頃、歩くにも支障が出るほど痛くなった膝の手術を6月に行った。五輪の延長を見届けてからだ。「去年の最初の緊急事態宣言では、外にも出られず庭で旦那(拓也さん)に工夫してもらって打ち込みやったりしていた。心肺機能が落ちないようにした。その時、レスリングへの思いが明確になった気がします。旦那からは怪我で大変だった時のこととか知ってるので『無理しないように』と言われます。旦那のサポートのおかげです」。ぼそっと漏らす静かな言葉に実感がこもる。犬が大好きでフレンチブルドッグのマハロ君とレシヤ君を飼っているそうだ。「ハワイ由来の名前です。一回しか行ったことないけど」。

 コロナ禍で五輪開催の是非が論じられてきたが、水泳の池江璃花子選手などと違い、33歳の皆川は必ずしも次の五輪を目指せるわけではない。リモート取材で筆者は「コロナでも五輪を開催してほしいという気持ちはより強かったのでは?」と訊いた。皆川は「やってほしいと考えたり、あんまりいろんなこと考えないようにしようと思ったり、でもそれはどうなんだろうと思ったり。年齢的なこともあるし、明白に声を大にしてこうだとは言いにくいかな。自分の中でもはっきりしていないんです」と熟考しながら答えてくれた。

「欧米の選手は力も強いし、パワーがないと技にもならないのでウェイトトレーニングで力をつけています。背が低い(皆川は162センチ)のは相手がやりにくいなど利点になる面もありますけど、もっと腕や足が長いといいのですが」と笑う。

 皆川博恵は中学時代の成績も優秀で高校時代はニュージーランドに語学留学もした「文武両道」の女性だ。「細かい怪我はあるけど順調です。100%の準備をして、本番の舞台ではそれを出し惜しみすることなく、全部出し切れたらいい」と語る。

「遮二無二」とか「がむしゃらに」という言葉が縁遠い印象の物静かなアスリート皆川博恵。ライバルのグレー選手については「強いだけではなく試合運びが巧い、とてもクレバーな選手です」と分析する。筆者は7月20日に、岐阜県中津川市で合宿をしている米国選手団を取材した。もちろん、サイボーグのようなすごい体のグレーも参加していたが、確かに聡明そうな顔立ちをしている。日米のクレバーな女性同士の戦いが楽しみだ。(後編へつづく)

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」「警察の犯罪」「検察に、殺される」「ルポ 原発難民」など。

デイリー新潮取材班編集

2021年7月31日 掲載

関連記事(外部サイト)