水谷隼が語る伊藤美誠との“ダブルス結成秘話” 亡くなった祖父が遺した言葉「隼と美誠のダブルスを見たい」

水谷隼が語る伊藤美誠との“ダブルス結成秘話” 亡くなった祖父が遺した言葉「隼と美誠のダブルスを見たい」

混合ダブルス決勝で中国を破り見事金メダルを獲得した水谷隼&伊藤美誠ペア

 前回リオ五輪で2つのメダルを獲得し、卓球ブームを巻き起こした水谷隼。その水谷に、ノンフィクション作家でびわこ成蹊スポーツ大学教授の城島充氏が単独インタビュー。「最後の五輪」を前に、挫折からの復活と、ダブルスを組む伊藤美誠との縁を聞いた。「週刊新潮 別冊『奇跡の「東京五輪」再び』」より(内容は7月5日発売時点のもの)

 ***

 2つのメダルを胸にリオデジャネイロから帰国した時、500人を超えるファンが羽田空港で出迎えてくれた。その光景は5年近い歳月が流れた今も、水谷隼のまぶたに焼き付いている。

「卓球は女子にばかり注目が集まっていたので、うれしかったですね。もし、リオでメダルを獲れていなかったら、男子卓球の未来は永遠に閉ざされていたかもしれない。今でもそう考えることがあります」

 南米大陸で初めて開催されたオリンピックで、長きにわたって日本卓球界を牽引してきた27歳は男子シングルスで銅メダルを獲得、日本卓球史上初のシングルスの五輪メダリストとして歴史に名を刻んだ。団体戦でも決勝の中国戦も含めて起用されたすべての試合で勝利をあげ、銀メダル獲得の原動力になった。

 人々の心を揺さぶったのは、メダル獲得という結果だけではない。惜しくも敗れたものの、シングルス準決勝で卓球界の頂点に君臨する馬龍(中国)と繰り広げた繊細にして壮絶な打ち合いは“神ラリー”と賞賛され、日本の情報番組でも特集された。

「卓球を野球やサッカーのような人気競技にしたい」という思いを抱き続けてきたメダリストは、このチャンスを逃さなかった。

 時間が許す限りメディアの取材に応じ、テレビのバラエティ番組にも積極的に出演した。卓球のプロリーグが開幕すると、所属する木下グループを初代王者に導き、自身はシーズンMVPに輝いた。張本智和という14歳年下の才能が台頭してくると、先駆者の矜持をにじませながらようやく現れた後継者のサポートを惜しまなかった。

 卓球という競技がかつてない注目を集めるなか、水谷は常にその中心にいたのである。

「オリンピックで人生が変わる。そのことを身をもって実感しています。リオの後も怪我や目の不調、コロナ禍と、いろいろ苦しいことがありましたが、自分に自信をもって対処できたのも、心の底にリオでの達成感があったからかもしれません。今は日々の練習で昨日よりも強くなっている自分を感じられることがうれしいし、卓球をすることが楽しいんです」

 語り口や表情からは気負いや緊張、不安といった感情は微塵も感じられない。卓球専門誌はその心境に「泰然自若」という言葉を重ねたが、かつては孤高のイメージが強かった天才肌のアスリートが等身大の自分と向き合えるようになった要因は、おそらく“メダル効果”だけではない。

 リオ五輪が終わったあと、団体戦のメンバーとして日本の銀メダル獲得に貢献した吉村真晴はこんなコメントを残している。

「リオの水谷さんはすべてが完璧でした。僕がどれだけ強くなっても、リオの水谷さんには勝てない」

 息づかいを感じられる距離でプレーを見ていたチームメイトは正直な思いを吐露したのだろうが、水谷は「リオの僕が特別だったわけではないんです」と、自らの記憶を振り返る。

「あの時点で持っていた能力を普通に発揮できたという感覚です。コンディションに関係なく、オリンピックの舞台でプレーするための準備がしっかりとできていたんだと思います。それはロンドンから4年の歳月をかけた準備でもあるし、ラケットを初めて握ったときから積み上げてきた準備だったのかもしれません」

 父親の信雄さんが代表を務める地元の豊田町卓球スポーツ少年団で5歳の時に卓球を始めた水谷は14歳でドイツへ渡り、ブンデスリーガで天性の柔らかいボールタッチに磨きをかけた。

 17歳7カ月の最年少記録(当時)で全日本選手権男子シングルスを制すると、前人未踏の5連覇を達成、日本男子が低迷を続けていた国際舞台でも、2008年の世界選手権広州大会(団体戦)で鮮烈なプレーを披露し、8年ぶりとなる銅メダル獲得の立役者になった。


■失意の日々


 だが、天才の称号とともに卓球界の未来を託されたホープにとっても、オリンピックの壁は高かった。

 19歳で初めて出場した08年の北京五輪は、シングルスで3回戦敗退、団体戦は準決勝でドイツに屈した。続くロンドン五輪は第3シードとしてシングルスに挑み、日本人初のメダル獲得への期待が高まったが、4回戦でマイケル・メイス(デンマーク)に不覚をとり、団体戦も準々決勝で香港に敗れた。

「北京の時は世界ランキングも20位以下で、アジア大陸予選を勝ち抜いて出場するだけで精一杯でした。ロンドンはメダル候補と言われたけど、その実感も自信もなかった。プレッシャーとうまく向き合うことができず、試合前日はアルコールの力を借りないと眠りにつけませんでした」

 この大会で日本初のメダルを獲得したのは女子チームだった。平野早矢香、福原愛、石川佳純の3人が団体で銀メダルを獲得。帰国時の成田空港では花束を贈られた女子チームがメディアに囲まれる中、男子は形だけの代表質問を受けただけで、水谷はうつむいたまま祝祭ムードにわく空港を後にした。

 そしてロンドン五輪後、日本のエースは更なる失意の日々を送ることになる。

 海外のトップ選手たちが打球の威力を増すため、ラバーに補助剤を塗り込み、ルールで禁止されている“後加工”をしている実態を告発。国際大会への出場をボイコットし、半年近くもラケットを握らなかった。しかし、国際卓球連盟の動きは鈍く、問題は解決しないままに終わる。

 周囲との意識の差に孤立感を深めていった水谷は、ブランクから復帰直後の全日本では丹羽孝希に敗れ、前年の吉村に続き、2年連続で後輩に天皇杯を譲った。

 さらに負の連鎖は続き、13年5月の世界選手権パリ大会(個人戦)では、シングルスで初の初戦敗退という屈辱を味わった。

 水谷自身が「一番きつかった」と振り返るのは、ジュニア時代から「芸術的」と賞賛されてきた後陣でのラリーさえ批判の対象になったことである。水谷の卓球は美しいが、攻めが遅い。中国に勝てるのは、丹羽のような前陣速攻のより攻撃的なスタイルだ――と。

「正直言って、いじけましたね。たったの2、3回負けただけで、そこまで評価が変わるのか、と。すべてが悪い方向へ流れていって、卓球をやめようかと本気で悩みました」

 もし、この挫折体験を糧にできていなければ、リオのコートに立つまでの「準備」は全く違うプロセスを経て、全く違う結果につながっていたかもしれない。

「でも、どん底の状態まで落ち込んで初めて、このまま卓球をやめたら一生後悔することに気づいたんです。自分がもっとできることを証明しなければならない。誰も手を差し伸べてくれないのなら、一人でやってやる、と」

 水谷の新たな挑戦は周囲を驚かせた。練習環境に恵まれた日本を離れ、13年9月からロシアのプロリーグに参戦したのだ。徹底した自己管理を求められる異国のプロチームで体を絞り、個人契約した邱建新(きゅうけんしん)コーチの指導で「チキータ」と呼ばれる台上の攻撃的なレシーブを磨いた。

 そうした覚悟と研鑽の結果、水谷はチームメイトが驚嘆する攻撃的なプレースタイルと、その技術を大舞台で出し切る勇気を身につけていたのである。

「オリンピックは一本のミスが命とりになる。みんなそのことがわかっているから、どうしてもプレーが慎重になるんです。中国選手も例外ではありません。でも、僕はあえてミスをするリスクをおかして積極的に攻めた。だから中国の選手にも勝てたし、メダルを獲得することができた。そのことだけは、自信をもって断言できます」

 あれから4年と1年。世間の注目を男子卓球に集めた功績を「ずっと陽の当たる道を歩かせていただいています」とユーモアで包み込む32歳は、4度目となるオリンピックで男子団体戦と今大会から採用される混合ダブルスの出場権を得た。

「団体戦はエースの張本が2点とって、僕と丹羽であと1点を獲りにいく展開を作ることができれば、メダルに近づける。張本は世界のトップに立つ能力を持っています。彼にとって東京は初めて体験するオリンピックですから、シングルスも含めて日本卓球界の未来につながるような結果を残してほしい」

 そして「東京での目標はリオで届かなかった金メダル」と公言してきた水谷にとって、その可能性が最も高い――と期待されるのが、同じ静岡県磐田市出身の伊藤美誠(20)とペアを組む混合ダブルスである。


■祖父の夢


「隼と美誠のダブルスを見てみたい」

 水谷にそう伝えていたのは、14年に82歳で亡くなった祖父の暁二(きょうじ)さんである。

「会うたびに口にしていたのでよく覚えています。まさか、オリンピックで実現するとは、運命としか思えないですよね」

 水谷が伊藤の存在を初めて知ったのは、ドイツへの卓球留学中だった。実家から歩いて5分もかからないところに、小学校に入学したばかりの伊藤が母親とともに引っ越してきたのだ。ともに自宅に卓球台を置く卓球ファミリーが、家族ぐるみの付き合いを始めるのに時間はかからなかった。

「ドイツから帰国するたびに美誠の家に遊びに行くようになりました。当時から1日6時間以上卓球の練習をしていたそうですが、僕が“一緒に卓球やろうよ”って誘ってもやってくれないんです。無邪気な甘えん坊といった感じで、いつも背中にとびついてきてましたね」

 伊藤は自宅で母の指導を受けながら、豊田町卓球スポーツ少年団の練習にも参加するようになった。練習場所の体育館によく姿を見せていた暁二さんは、次々と最年少記録を更新していく天才少女と、日本のエースに成長した孫がペアを組む姿を夢想したのだろう。

 水谷も「ジュン」「ミマ」と今も昔も下の名前で呼び合う11歳年下の才能を特別な視点で見守っていた。

「(主流である「裏ソフトラバー」以外の)異質ラバーを使うと強くなれないと言われていたんですが、バック側に異質ラバーを貼っていた美誠はその壁をぶち破った。彼女の凄いところは、プレーの引き出しが多くて一つひとつのプレーに自信を持っていること。自信があるから判断に迷いがないし、相手が予測できないプレーができる。それに加えて、リオでオリンピックの怖さを体感したことが彼女を大きく成長させたと思います」

 水谷が一躍「時の人」となったリオ五輪に、伊藤は15歳で出場した。団体戦のメンバーとして銅メダル獲得に貢献したが、水谷が鮮明に記憶しているのは準決勝のドイツ戦である。一番手でペトリサ・ゾルヤと戦った伊藤は最終ゲームを9―3とリードしながら、大逆転を許して敗れたのだ。

「オリンピックの準決勝という大舞台なのに、目に見えてプレーが雑になってしまった」と、伊藤のプレーを会場で見ていた水谷は振り返る。

「結果的に日本の女子はドイツに敗れ、ロンドン大会に続いての決勝に進めなかった。美誠にとっては悔しくて忘れられない体験だったはずです。でも、あの負けを糧にしたから、リオのあとの彼女は中国選手を倒せる実力を身につけることができたと思います」

 ともにオリンピックの怖さを知る2人のペアは20年3月のカタールオープンで優勝するなど、好成績を残してきた。許キン・劉詩ブンの中国ペアや林イン儒・鄭怡静の台湾ペア、李尚洙・田志希の韓国ペアなどが強力なライバルだが、水谷は「メダル獲得の可能性は70%、金メダルの可能性も20%はある」と、胸の中にある自信を数字で明らかにした。

「美誠はパートナーを組む女子選手として最高です。男子選手のボールを返すのを楽しんでいるし、僕にもしっかり指示を出してくれる。2人の感性がうまく響きあえば、見ている人を驚かせるプレーもできると思う。美誠をしっかりサポートして、リオであと一歩届かなかった金メダルを胸にかけた時の感情を味わってみたいですね」


■セカンドキャリアは…


 曲折を経て開催される東京オリンピックで私たちが目にするのは、これまでとは全く違うオリンピックの風景かもしれない。

 だが、水谷は「コロナ禍で大会を中止する声が高まっていたときは、中止になるのは仕方がないし、その決定を受け入れるしかないと思っていました。でも、こうやって開催されることになれば、どんな条件があってもオリンピックは特別な大会なんです」と、落ち着いた口調のまま続ける。

「14歳でドイツに行った頃から、漠然とですが、将来はいろんな人をサポートする仕事をしたいと考えてきました。それは今も変わらないし、現役を引退したあと、その思いをどの程度のレベルで実現していけるのか、そのビジョンを左右するのが東京オリンピックだと思っています。リオで卓球人生が大きく変わったように、東京での結果次第で僕のセカンドキャリアは大きく変わってくる」

 これまでとは明らかに違うモチベーションで最後のオリンピックに挑む日本卓球界の至宝は、どんなパフォーマンスで新たな未来を切り開いていくのだろうか。

ノンフィクション作家 城島 充

「週刊新潮」2021年8月9日号別冊 掲載

関連記事(外部サイト)