【W杯予選】森保監督のあり得ない采配でサウジに敗戦 技術委員会の“失態”も問われるべき

【W杯予選】森保監督のあり得ない采配でサウジに敗戦 技術委員会の“失態”も問われるべき

痛恨のパスミスが大きくクローズアップされた柴崎岳(JFA提供写真)

 長らくサッカーの取材を続けてきて、W杯予選や五輪予選の試合はかなり見て来たと思う。ジーコ・ジャンパンの時代には埼玉スタジアムでのホームゲームにもかかわらず、終了近くになって相手OGで引き分けになった試合もあった。

 ***

 02年の釜山アジア大会では延長戦に入って横パスをかっさらわれて決勝点を許し、準優勝に甘んじたこともあった。

 しかし、サウジアラビア戦の柴崎岳のバックパスのように、これほど見事に相手にゴールをプレゼントしたパスを見たのは初めてである。まさに日本にとって“キラーパス”だった。

 柴崎は、例えば18年ロシアW杯のベルギー戦で原口元気のゴールをアシストしたように、“キラーパス”を出せる天才的なセンスの持ち主である。

 しかし守備に不安があるため、最低でも引き分けがノルマのサウジアラビア戦でスタメン起用するとは思わなかった。まして同じく守備に不安のある鎌田大地(トップ下)との併用は、敵地でのサウジアラビア戦では「あり得ない」采配だった。

 森保一監督は、何を考えていたのかだろうか?

 試合を簡単に振り返るなら、日本にも勝機はあった。

 19年にUAEで開催されたアジアカップでは、ボール支配率で23%対77%と圧倒され、吉田麻也は「あれだけアジアで日本がボールを回され、保持されたのは記憶にないくらい。それだけボール保持率に長けている」と試合前に話していた。


■負ける気配のなかった前半


 試合は冨安健洋のゴールで1−0と勝ったものの、完全に試合を支配され、圧倒されたのは日本にとって初めてだった。長年のライバルである韓国やイラン、オーストラリアとの試合でも、ここまで一方的に攻め込まれることはなかった。

 ところが今回のサウジアラビアは、19年に対戦した時ほどの圧力はなかった。イーブンな展開でスタートした試合は、前半7分に柴崎がロングシュートでGKを脅かすと、24分には南野拓実が惜しいヘディングシュートを放った。

 そして最大の決定機は前半29分、長友佑都のブロックから鎌田のスルーパスに大迫勇也が抜け出しGKと1対1のチャンスを迎えた。手数をかけないシンプルな攻めは効果的で、少なくとも負ける気配は、前半を見る限りはなかった。

 ところが後半に入ると5分に冷や汗をかかされた。ミドルサードで柴崎がボールを奪われ、カウンターから最後はガリーブにフリーでシュートを許す。

 これはGK権田修一が足でブロックしてゴールを死守した。ボールを奪われた柴崎は両手を広げて反則をアピールしたが、ここは敵地であることを忘れたのだろうか。


■柴崎の独りよがりなプレー


 14年のブラジルW杯後、大久保嘉人にインタビューした際に、彼はこんなことを言っていた。

「中盤でボールを失ったのに、両手を広げて肩をすくめ、『僕は反則をしていませんよ』とアピールしている選手がいた。ふざけるなと思いました。ボールを失ったら、反則をしてでも止めるべきでしょ。ハーフラインを越えたあたりなら、FKも直接ゴールを狙えないので、レッドカードをもらわないよう相手の攻撃を止める。それくらいしないとW杯では勝てませんよ」

 熱血漢である大久保らしいコメントだし、彼の意見には100%賛成だ。そして柴崎は、後半21分に自陣右サイドで「股抜き」を試みてボールを失っている。こうした“軽い”プレー、この試合の持つ意味を理解していない独りよがりな“アバウト”なプレーが、その後の失点につながったと言っても過言ではないだろう。

 森保監督は、珍しくスコアが動く前に選手を交代した。午後8時のキックオフとはいえ、消耗が激しかったのだろう。南野に代え古橋亨梧、浅野拓磨に代えて原口元気を投入した。

 南野は前半のヘディングシュート以外、ほとんど存在感を発揮していない。おそらくコンディションが万全ではなかったのではないか。


■アジア王者から陥落した日本


 そんな彼をスタメン起用した采配にも疑問が残る。敵地でのドローを視野に入れるなら、強度の高い守備力を持つ原口をベンチに置いたのも「?」だ。

 これは今に始まったことではないが、森保監督の選手交代はわかりやすい。ほとんどが同じポジションに似たような選手を起用するだけで、システムの変更がなければ、戦術の変更もない。

 あとは起用された選手の頑張り次第という交代策だ。対戦相手にとって、これだけわかりやすい采配もないだろう。

 それでも勝てるという自負があるとしたら、それは慢心でしかない。

 なぜなら、19年のアジアカップでは辛うじて準優勝したものの、サウジアラビアだけでなく、イラン戦以外は先制されるなど格下と思っていた相手に苦戦したこと。20年1月にタイで開催された東京五輪予選を兼ねたAFC U−23選手権ではグループリーグ敗退した現実を真剣に受け止めてこなかったことの“しっぺ返し”でもある。日本はもはやアジアの王者ではない。

 監督の資質や責任をチェックする機能がないがため、今回の失態につながった。それは技術委員会の、組織としての“失態”でもある。ただ、まだ予選敗退が決まったわけではない。


■田嶋会長も続投


 グループBを1位突破するのは難しいかもしれないが、2位か3位(プレーオフ)でカタールへ行く方法は残されている。

 そのためには、まずは12日のオーストラリアを勝つか引き分ける必要がある。サウジ戦の敗戦から中4日での試合なので、監督交代は難しいかもしれない。代われるとしたらコーチの横内昭展しかいないだろう。

 それでもオーストラリア戦後、結果はどうあれ、このまま森保監督でいいのかどうか、改めて議論する必要はある。

 サウジアラビア戦の敗退を受けて田嶋幸三JFA会長は、森保監督を支持する異例の声明を出した。

 その田嶋会長の、4期2年、通算8年目となる22年3月からの会長職の続投が今日9日の臨時評議委員会で決定した。

 今回の敗戦を受けてファン・サポーターからは田嶋会長の責任を問う声も多いが、その声が全国の評議委員に届いているのかどうか。

 そのことを質問したところ、評議委員会ではサウジアラビア戦の敗退に関して田嶋会長への質問は皆無だったという。

 それを思うと、中途半端な改革では日本のサッカーは好転しないのではないかと考えさせられる今回の敗戦でもある。

六川亨(ろくかわ・とおる)
1957年、東京都生まれ。法政大学卒。「サッカーダイジェスト」の記者・編集長としてW杯、EURO、南米選手権などを取材。その後「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月10日 掲載

関連記事(外部サイト)