リハビリ中でも話題のタイガー・ウッズ カリスマ人気健在で年末に800万ドルのボーナス

リハビリ中でも話題のタイガー・ウッズ カリスマ人気健在で年末に800万ドルのボーナス

昨年12月に親子大会で一緒にプレーしたタイガー・ウッズと長男チャーリーくん

 10月10日、日本のゴルフ界は渋野日向子の2年ぶりの復活優勝で沸き返った。その盛り上がりぶりから、日本における「しぶこ人気」の高さを改めて印象付けた。

 一方、海の向こうの米ゴルフ界では、優勝どころか、試合に出なくても、常に話題の中心に居続けている選手がいる。言うまでもなく、タイガー・ウッズのことだ。


■「すべての始まりだった」


 ウッズは今年2月にロサンゼルス郊外で交通事故を起こし、右足に重傷を負って、いまなおリハビリ中だ。

 しかし、ラスベガスで10月7〜10日に開催された米ツアー大会、シュライナーズ・チルドレンズ・オープンの際、開幕前から米メディアにもっとも名前が登場したのは、出場選手ではないウッズだった。

 同大会は、かつてはラスベガス招待と呼ばれていた。1996年にプロ転向し、9月に米ツアーデビューを果たしたウッズは、プロ5試合目となったラスベガス招待で、当時のスター選手だったデービス・ラブ3世とのプレーオフを1ホール目で見事に制し、堂々、初優勝を挙げたのだ。

 当時20歳だったウッズが手にした優勝賞金は、わずか29万7000ドルだった。しかし、その後の米ツアーの賞金額は飛躍的に高まり、今では100万ドルを上回る優勝賞金がチャンピオンに授けられている。メジャー15勝、米ツアー通算82勝を挙げたウッズの活躍でゴルフ人気が高まり、賞金額も上がったのだ。

「25年前。ウッズがラスベガスでジャックポットを射止めたことが、すべての始まりだった」

 AP通信のベテランゴルフ記者は、そんな表現でウッズの初優勝からの25周年を祝していたが、目の前にいる現役選手そっちのけで記事になり続けるウッズの存在の大きさを、あらためて感じさせられた。


■「彼のスピリッツは、いつも僕らと一緒だ」


 ウッズのすごさは、プレーをしなくても常にカリスマ性を発揮し、選手たちをコントロールする力まで持っていることだ。

 今年9月に開催された米欧対抗戦のライダーカップでは、米国キャプテンを務めたスティーブ・ストリッカーを陰で支えたのがウッズだった。2人は毎日連絡を取り合い、ウッズはストリッカーを通じて、12名の米国チーム・メンバーにエールを送り続けた。

「タイガーは(過去のライダーカップにおける)貴重な経験談を明かしてくれた。私的な思い出だから公開はせず、チームだけの秘密にした。タイガーの姿はここにはないが、彼のスピリッツは、いつも僕らと一緒だ」

 キャプテンのストリッカーがそう語ったように、ウッズの応援がチーム・メンバーたちを鼓舞し、団結を強め、米国チームを「19対9」の歴史的圧勝へと導いた。そんなふうに姿なき「陰のドン」を演じることができるのは、今は亡きアーノルド・パーマーと、今ではウッズだけである。


■「タイガー・イズ・バック」


 話をラスベガスに戻すと、ウッズが初優勝を飾ったその場所で、今年、若き選手たちが「タイガーに並びたい」と勝利を目指して戦っていた真っ只中、「タイガー登場」というビッグニュースが飛び込み、米ゴルフ界は大騒ぎになった。

 10月10日、フロリダ州内で開催されたジュニア大会に出場した長男チャーリーくんを応援するため、試合会場となったゴルフコースに出向いたウッズは、半袖短パン姿で登場したのだ。練習場で球を打つチャーリーくんの打席の後方、自分の足でしっかりと立つウッズの姿はSNSで拡散された。

 右足は医療用サポーターで覆われており、右手に持ったクラブを杖替わりにしていたが、そのクラブを置き、両足に均等に体重をかけて、まっすぐに立っている写真も公開された。一目見ただけで、あの大怪我からの回復を感じられた。

 2月の交通事故以来、ウッズが公の場に姿を見せたことはなく、右足を含めた健康状態が明かされたことは一度もなかったため、ウッズは「再び歩けるのだろうか」「再びゴルフができるのだろうか」と心配されていた。

 だからこそ、自力で大地を踏みしめていたウッズの姿に大勢の人々が歓喜の声を上げたのだ。

「タイガー・イズ・バック(タイガーが戻ってきた)」

 戦線離脱してリハビリ中の姿なき状態で、これだけ話題になる選手は、どこをどう見渡してみても、やっぱりタイガー・ウッズ、ただ一人だ。


■ツイッターで650万人、インスタグラムで270万人


 今年4月、米ツアーで「プレーヤーズ・インパクト・プログラム」なるものが密かに行われていることが明らかになった。選手が世の中や人々にどれほどのインパクトを与えたか、人々からどれほど注目され、話題にされたか、グーグルやSNSでの登場回数や検索頻度などのデジタル・フットプリントをインパクト・スコアという数値で示し、ランキング化するのだそうだ。トップ10に入った選手たちには、総額40ミリオン(4000万ドル)のボーナスを授けるという。

 元々、このプレーヤーズ・インパクト・プログラムの存在自体が明かされておらず、結果も公表されていなかったが、米メディアの試算によれば、今現在のランク1位は、ツイッターで650万人、インスタグラムで270万人のフォロワーを持つウッズで、今年の末にはウッズに、1位の賞金額である8ミリオン(800万ドル)のボーナスが贈られる見込みだ。

 いつまでも、どこまでもタイガー・ウッズ――まさに、ゴルフ界の永遠のスターだ。

舩越園子(ふなこし・そのこ)
ゴルフジャーナリスト/武蔵丘短期大学客員教授。東京都出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒。1993年に渡米し、在米ゴルフジャーナリストとして25年間、現地で取材を続けてきた。2019年から拠点を日本へ移し、執筆活動のほか、講演やTV・ラジオにも活躍の場を広げている。『王者たちの素顔』(実業之日本社)、『ゴルフの森』(楓書店)、『才能は有限努力は無限 松山英樹の朴訥力』(東邦出版)など著書訳書多数。1995年以来のタイガー・ウッズ取材の集大成となる最新刊『TIGER WORDS』(徳間書店)が好評発売中。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月14日 掲載

関連記事(外部サイト)