【W杯予選】豪州戦勝利でも悪い流れは変わっていない…思い出すべき「加茂監督更迭」の教訓

【W杯予選】豪州戦勝利でも悪い流れは変わっていない…思い出すべき「加茂監督更迭」の教訓

先制点を叩きだした田中碧(撮影・六川則夫)

 後半41分、浅野拓磨のシュートからオーストラリアのOGが決まった瞬間、ピッチの選手はもちろん、ベンチにいた選手も一斉に飛び出して喜びを爆発させた。

 ***

 これだけ「1点」の重みを熟知して、ピッチとベンチの選手が一体となって歓喜したのは、もしかしたら97年11月16日のフランスW杯予選の第3代表決定戦、イラン戦(3−2)以来かもしれない。

 あの時は岡野雅行のゴールデンゴールでW杯出場を決めた。しかし現在の日本は、まだまだ厳しい状況に置かれていることに変わりはない。

 グループBは、中国を3−2で下して4連勝のサウジアラビアが勝点12で首位に浮上。3勝1敗のオーストラリアが2位で、ベトナムに3−1で勝ったオマーンが総得点で日本を上回って3位。つまり現在の日本は4位に甘んじて、プレーオフの出場権をオマーンと争っている状況だ。

 このため11月のアウェー2連戦では、最下位のベトナムから複数得点を奪い、なおかつオマーンにはホームでの雪辱を果たさないと、2位浮上はもちろん3位にも食い込めない可能性がある。オーストラリアに勝ったからといって「首の皮一枚でつながっている」(吉田麻也)厳しい状況に変わりはないのだ。


■変化の兆し


 さてオーストラリア戦である。“背水の陣”になったことで、ようやく森保一監督は動いた。4−2−3−1のシステムから4−3−3に代え、トップ下で機能しなかった鎌田大地とサウジアラビア戦で失点につながるパスミスをした柴崎岳をベンチに下げた。

 代わりに起用された守田英正と田中碧の“元川崎Fコンビ”に加えて遠藤航は、攻守に連動できるユーティリティー性が持ち味でもある。本来ならアウェーのサウジアラビア戦こそ、この3人を起用すべきだった。

 そして初スタメンの田中が先制点を決めた。これまでの日本は最終予選のたびに、「ラッキーボーイ」や「スーパーサブ」が出現してチームの苦境を救ってきた。

 井手口陽介であり久保裕也、大黒将志らだ。しかし毎試合とも同じメンバーではそうした選手が出現するわけがない。森保監督がスタメンを変えたことで、やっと日本にも変化の兆しが訪れた。

 ところが後半は、オーストラリアがポゼッションによる「地上戦」から、シンプルにロングボールを放り込んでくる「空中戦」に変えたことで、日本のDFラインは後退を余儀なくされた。


■長友の攻撃参加は是か非か?


 最終ラインと前線が間延びすれば選手間の距離も遠くなる。その結果、バイタルエリアやミドルサードでルーズボールを拾われる嫌な展開になりかけた。

 後半7分には吉田のGK権田修一へのバックパスが弱くなり、サウジアラビア戦の再現かと肝を冷やしたものだ。

 そんな状況を変えたのが後半10分の守田のプレーだった。左サイドをドリブルで攻め上がり、複数の選手に囲まれながらも粘ってFKを獲得した。

 このワンシーンを境に、FKから酒井宏樹のヘディングシュートや伊東純也のドリブル突破から南野拓実がペナルティエリア内で倒されて、あわやPKかというプレーなど日本はオーストラリアに傾きかけた流れを引き戻した。

 もしも守田の反則から失点していなければ、この試合のMVPは彼を推薦しただろう。

 その失点シーンだが、長友佑都の攻撃参加は「諸刃の剣」でもある。FKにつながったのは右MFマーティン・ボイルのドリブル突破がきっかけで、長友が攻撃参加した裏のスペースを狙われた。

 ボイルは前半42分にもシンプルなタテパスによるショートカウンターで、アダム・タガートの右ポスト直撃の決定機を演出した。


■大迫の不調


 オマーン戦での失点も含め、長友の攻撃参加は日本の武器ではあるが、CBのスライドやボランチが最終ラインに落ちるなどのカバーリングに関して再考の余地があるだろう。

 森保監督は後半16分、大迫勇也に変えて古橋亨梧を1トップに送り出した。前線からの守備の強化という意味合いもあったと推測される。

 大迫は、前線でボールを収める巧さは相変わらずだが、このオーストラリア戦も含めて決定機を決めきれずにいる。

 相手GKの好セーブに阻まれたのは仕方ないにしても、シュートがゴール枠を捕らえきれないのは感覚が戻っていないのか。今後も1トップとしてスタメン起用するのかどうか、ここらあたりは指揮官に冷静な判断を求めたい。

 失点の場面はアイディン・フルスティッチのシュートを褒めるしかない。壁に入った身長170センチの古橋の頭上を意図的に狙ったのかどうかは分からないが、GK権田にとって防ぎようのない鮮やかなFKだった。

 そして感じたのは、森保監督がスタメンを変更し、絶対的エースと信頼してきた大迫を交代させるなど、これまでにない積極的な采配を見せた。


■加茂監督の更迭


 やれることはやった。にもかかわらず失点した。オマーン戦やサウジアラビア戦から続く、日本の「悪い流れ」は変わっていないのかという不安である。

 この「悪い流れ」で思い出すのが97年10月、フランスW杯アジア最終予選で更迭された加茂周監督だ。

 4試合を戦って1勝1敗2分けは決して悪い成績ではない。2分けはいずれも敵地でのUAE戦とカザフスタン戦なので、ホームで挽回できる可能性はあった。

 しかしカザフスタン戦後、チームに帯同していた長沼健会長、川淵三郎副会長ら首脳陣は「流れが悪い」として加茂監督の更迭と、続くアウェーのウズベキスタン戦はコーチだった岡田武史氏に指揮を委ねる決定をした。

 首脳陣がチームに帯同してつぶさに見ていたからできた決断であり、岡田監督はホームでUAEと引き分けてしまうなど苦戦したが(試合後にサポーターが投石など暴徒化したのは初めてだった)、イランとの延長戦を制して日本を初のW杯出場に導いた。

 11月のアウェー2連戦、いくらアウェーとはいえベトナムに不覚を取るとは思えないが、森保ジャパンは9月と10月の初戦をいずれも落としている。


■敗戦の準備も必要


 オマーン戦もサウジアラビア戦も、そしてベトナム戦も木曜開催だ。国内組も海外組も土日に試合をしてからの移動はこれまでと変わりがない。

 森保監督は選手のコンディションの見極めがカギになるだろう。そして日本サッカー協会は最悪の事態も想定しておくべきではないだろうか。

六川亨(ろくかわ・とおる)
1957年、東京都生まれ。法政大学卒。「サッカーダイジェスト」の記者・編集長としてW杯、EURO、南米選手権などを取材。その後「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月15日 掲載

関連記事(外部サイト)