【W杯予選】柴崎で“プチ冒険”ではなく、「三笘」「古橋」をなぜスタメンで起用しないのか

【W杯予選】柴崎で“プチ冒険”ではなく、「三笘」「古橋」をなぜスタメンで起用しないのか

三笘薫選手(JFA提供)

 日本代表の試合を1980年代の前半から取材しているが、日本人監督には共通点がある。ファンやサポーター、メデイアがスペクタクルな攻撃サッカーや、得失点差を考慮して大量点を期待しても、肩すかしを食うことが多かった。

 ***

 日本人監督が目指すのは、まずは勝点3を取ること(負けないこと)。そのためなら1−0でも十分に満足できる。「3〜4点取ったからといって、勝点が増えますか?」というのが彼らの言い分だった。

 ホームでオマーンに敗れ、アウェーでは柴崎岳のミスパスからサウジアラビアに敗れ、黒星が先行した日本だったが、森保一監督は地道に1試合ずつ勝利を積み重ね、気付いたら2位に浮上していた。

 そんな森保監督が、オマーン戦で累積警告により出場停止となった守田英正の代わりに、守備の強度の高い原口元気ではなく柴崎をスタメン起用したのには「おや」と思った。守備一辺倒ではなく、多少は「攻めるぞ」というメッセージを含んだスタメンと感じたからだ。

 しかし、左FWの南野拓実が中に入り、開いたスペースに長友佑都が攻撃参加し、そのカバーに田中碧が入るという攻撃パターンは対戦相手にバレバレ。右FWの伊東純也もスピードを警戒され、オマーンは2人がかりでスペースを与えないよう守ってきた。

 アウェーのベトナム戦とほぼ同じスタメンなのだから、ベトナム戦と同様に日本の攻撃に変化がないのは当然だった。柴崎も前を向いてボールを持て、時間的な余裕があるボランチなら類い希なパスセンスを発揮できるが、インサイドハーフでは存在感がまるでない。


■三笘の“ヌルヌルドリブル”


 南野にしても、中島翔哉という気心の知れたテクニシャンと組んでトップ下では輝きを放ったが、現状のインサイドハーフで長友の攻撃参加を引き出す役割では能力を存分に発揮しているとは言いがたい。彼の起用法に関しても、森保監督には再考を促したいところだ。

 かくして前半は両チームともこれといった見せ場を作れず0−0で終了。解説者の岡田武史元日本代表監督が言ったように「緊張感と迫力に欠ける」前半だった。

 柴崎のスタメン起用が“プチ冒険”なら、後半開始から柴崎に代え三笘薫を起用したのは、森保監督のこれまでの采配を考えるなら“大冒険”と言えるだろう。そして三笘は森保監督だけでなく、DAZNの中継画像を見守っている多くのファン・サポーターの期待にすぐさま応えた。

 後半2分にドリブル突破で相手の反則からFKを獲得すると、4分にもドリブル突破から遠藤航のシュートをお膳立てする。タテに抜け出るのかカットインするのか予測がつかない“ヌルヌルドリブル”に、オマーンの選手も戸惑っているのは明らかだった。

 そこで森保監督は、長友に代えて中山雄太、南野に代えて古橋亨梧を入れ、大迫勇也をトップ下に置く4−2−3−1にシステムを変更する。左サイドからの攻撃は三笘に任せるというメッセージだ。


■2位でも油断は禁物


 これが後半36分の決勝点につながった。オマーンのスローインを中山がカットしてすぐに三笘に付ける。三笘はタテに抜け出し倒れながらクロスを送ると、伊東がボレーでゴール中央に決めた。9月2日のホーム・オマーン戦で喫した決勝点と崩したサイドは違うが、似たようなゴールだった。

 伊東はこの試合で攻撃に関して存在感を発揮したとは言えない。ポジション的に消耗の激しいダッシュを繰り返しての連戦であり、さらにオマーン戦は複数人のマークに遭った。それでも相手を蹴散らすくらいのパワフルなドリブル突破を見せて欲しかった。

 とはいえ、2試合続けての決勝点である。いずれもシュートの瞬間は実に落ち着いていた。「勝点6」の獲得に貢献した“ラッキーボーイ”と言える活躍だ。

 この日の勝利と、オーストラリアが中国と1−1で引き分けたことで、日本(勝点12)は2位に浮上した。とはいえ3位のオーストラリア(勝点11)との差はたったの1。来年1月27日から再開される最終予選でいつひっくり返されるか予断を許さない状況に変わりはない。


■メンバー固定の弊害


 ここまで6試合を終え、日本の失点3はサウジアラビアと並んで最少だ。少なくとも対戦相手にモンスターのようなストライカーはいない。このため吉田麻也と冨安健洋を中心とするDF陣が大きく崩れることは考えにくい。

 となると、今後の課題はやはり攻撃陣ということになる。6試合の総得点5は、オマーンや中国よりも下だ。「攻撃は水もの」と言われる。三笘のドリブルが効果的だったのは、古橋の飛び出しが脅威だったのは、「相手が疲れていたから」という意見にも素直に耳を傾けよう。

 しかし、だからこそスタメンで三笘、古橋のプレーを見たい。左SBには中山、中盤は遠藤、田中、守田でスタートしつつ、旗手怜央をリザーブに置き、前線は左から三笘、古橋、伊東で、控えは前田大然というメンバーだ。

 森保監督はカタールW杯での目標をベスト8に置いている。しかし、これまでの戦いぶりとスタメンから、それを信じているファン・サポーターは皆無だろう。なぜならアジア予選を突破するにも汲々としているし、チームの若返りも進んでいないからだ。

 まずは負けないという“手堅い試合運び”は理解できる。それと“手堅いメンバー”の起用はイコールではないはず。“三笘”という成功体験があるのだから、森保監督には今後も選手起用でチャレンジすることを躊躇(ためら)わないで欲しい。

六川亨(ろくかわ・とおる)
1957年、東京都生まれ。法政大学卒。「サッカーダイジェスト」の記者・編集長としてW杯、EURO、南米選手権などを取材。その後「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)