逮捕されていた「伝説のボクサー」はしずちゃんの恩師だった 本人が語る刑務所でのイジメ

逮捕されていた「伝説のボクサー」はしずちゃんの恩師だった 本人が語る刑務所でのイジメ

五輪出場はかなわなかったしずちゃん

 全日本選手権7連覇、国内117連勝――。数々の記録を残し、「アマ最強」ともいわれた伝説の元ボクサーが、自転車ドロで逮捕されていた。ご本人が語る、転落と再生への決意――。

 ***

「自分としては、少しの間、“借りる”つもりだったんです」

 と頭を掻くのは、三浦国宏氏(59)。

「でも、やったことに間違いはない。言い訳のしようはありません……」

 往年のボクシングファンには懐かしい名前であろう。岩手出身の三浦氏は、左フックを武器に拓大時代にライトウエルター級の日本チャンピオンに輝き、7回続けて王座を守った。ロサンゼルス、ソウルの両五輪にも出場。アジア大会で銀メダルに輝く。通算成績は218勝28敗で、国内無敵の連勝街道を歩むなど、「アマ最強」として必ず名が挙がるボクサーだ。


■本人が明かす「つまずきの始まり」


 京都府の職員などさまざまな職を経て2005年には東京・江東区にジムを開設。ここではロンドン、リオ五輪出場を目指した「しずちゃん」こと山崎静代や、モデルとしても人気を博した高野人母美(ともみ)も汗を流したのだが、そんな「名伯楽」に何があったのか。

「つまずきの始まりは、6年前、故郷に帰ったことでした」

 とご本人が続ける。

「江東区のジムでは会員が200人もいて、経営は順調でした。続けていればよかったんですが、恩師や後輩に“地元でチャンピオンを育ててくれ!”と頼まれ、岩手に帰ったんです」

 が、田舎ということもあり、会員は集まらない。スタートから経営は苦しかったという。

「半年間も赤字が続いてね。“だまされた”とジムを閉め、また東京に戻りましたよ。その後はハローワークに通い、時には愛媛まで行って、懸命に働きましたが……」

 一昨年4月、事件が起こる。


■獄中イジメ


「その時は金が無くてね。マンガ喫茶を泊まり歩く毎日でした」

 と三浦氏。深夜、泥酔していたこともあり、寝床から寝床に移動する“足”として、つい周囲にあった鍵の掛かっていない自転車を拝借してしまったという。

「警察に声を掛けられました。あまり覚えていないのですが、その時に“コラッ、クソ親父!”と言われて、警官をドついてしまったようなんです。実はその4カ月前にも自転車の窃盗で勾留されたこともあり、公務執行妨害も含め、1年1カ月の懲役を食らいました」

 完全なKO負けである。

 小菅の東京拘置所を経て、三浦氏は、東海地方のさる刑務所に送られた。そこで徹底的にイジメを受けた――とご本人は述べる。

「私が元チャンピオンであることを知ったある刑務官に、目の敵にされましてね。規律違反をしたといっては、房の外に立たされて“行進”の練習をさせられたり、トイレに行きたいというのに許されず、尾籠な話ですが、失禁してしまったこともありました。今でもあの刑務官だけは許せません」


■「しずはセンスがなくてね」


 満期の「お勤め」を終え、昨年8月に娑婆の空気を吸った三浦氏。

「刑務所で唯一良かったのは、酒を断てたこと。おかげで体重も血圧も落ち、健康になりました」

 この春には以前に住んだ京都に戻り、建築会社に就職。心機一転、新たな人生を歩んでいるという。かつての教え子について問うと、

「しずはセンスが無くてね。“芸能人のくせに!”と何度も怒ったけど、彼女のおかげで女子ボクシングの存在が世に知られましたよ。感謝しています」

「週刊新潮」2022年5月19日号 掲載

関連記事(外部サイト)