W杯一次リーグで日本はスペインに大敗する可能性 ならばどう戦うべきか

W杯一次リーグで日本はスペインに大敗する可能性 ならばどう戦うべきか

ルイス・エンリケ監督、森保一監督

 日本が「無敵艦隊」と言われるスペインと対戦したのは過去に1度しかない。フィリップ・トルシエ監督時代の2001年4月25日、コルドバでの国際親善試合で対戦し、0−1で敗れた。

 ***

 このときのトルシエ監督は5BKに加え、名波浩、稲本潤一、伊東輝悦の3ボランチで守備を固め、攻撃は1トップの高原直泰とトップ下の中田英寿の2人という超守備的な布陣で臨んだ。

 一方のスペインは、MFジョゼップ・グアルディオラ、FWラウル・ゴンサレスこそいたものの、キャプテンのCBフェルナンド・イエロ、ゲームメイカーのFMシャビ・エルナンデス、FWルイス・エンリケ(現監督)らを温存。マッチメイクが実現したのは、日本が翌年に控える日韓W杯の開催国だったからに他ならなかった。

 ただ、それ以外にも日本とスペインには少なからず“縁”がある。例えば、日本の男子チームが初めてFIFA(国際サッカー連盟)主催の国際大会で決勝戦に進んだ、1999年にナイジェリアで開催されたワールドユース(現U-20世界選手権)。いまなお現役のGK南雄太(大宮)、MF遠藤保仁(磐田)、小野伸二(札幌)らは決勝でスペインと対戦し、0−4の大敗を喫した。この試合に累積警告で出場できなかった小野がいれば、これほど一方的な試合にはならなかったかもしれない。


■FCバルセロナが“お手本”


 そして男子が44年ぶりに五輪サッカーでベスト4に勝ち進んだ2012年ロンドン五輪。日本は初戦で“欧州王者”であり優勝候補の本命だったスペインに、大津祐樹(磐田)のゴールで1−0の勝利を収めた。快足を誇る永井謙佑(FC東京)のプレスから、スペインのCBを退場処分に追い込んだことも大きく、スペインはグループリーグで最下位に沈んだ。

 そして昨年の東京五輪である。大会前のテストマッチで日本は1−1と引き分けたものの、フエンテ監督はMFペドリ(ペドロ・ゴンサレス・ロペス)やFWミケル・オヤルサバルらを温存。そして本大会の準決勝では1−0の僅差ながら、巧みなボールポゼッションで日本を翻弄した。

 日本代表を含む各年代の代表チームはもちろんのこと、川崎Fを始め多くのチームが“ボールを保持して攻める”スタイルを追求している。そのお手本となっているのがジョゼップ・グアルディオラ監督の率いたFCバルセロナであり、スペイン代表が実践したボールポゼッションを高めたサッカーだった。


■若手の積極登用


 そんなスペインの絶頂期は、2008年のEURO(欧州選手権)、10年の南アW杯、12年のEUROとヨーロッパの主要国際大会の3連覇であり、MFアンドレス・イニエスタ(神戸)のピークと重なっている。しかし14年のブラジルW杯は、初戦のオランダに1−5と大敗したのが響きグループリーグで敗退。16年のEUROと18年のロシアW杯はベスト16止まりで、イニエスタもロシアW杯後に代表引退を表明した。

 チームの再建を託されたのは、元バルセロナの監督だったルイス・エンリケだった。現役引退後はサーフィンの練習のためオーストラリアに移住したり、230キロを走るサハラマラソンやトライアスロンを完走したりするなど、一般人の常識にとらわれない発想の持ち主でもある。14−15年に古巣のバルセロナの監督に就任すると、その年のリーグ、コパ・デル・レイ(カップ戦)、CL(チャンピオンズリーグ)の3冠を達成。16−17年までの3シーズンで獲得したタイトルは実に9個に及んだ。

 復権を託された指揮官は若手を積極的に起用した。一時代を築いたがために、世代交代が遅れたからだ。20年11月の欧州ネーションズリーグではドイツに6−0と圧勝。20歳の新鋭FWだったフェラン・トーレス(当時はマンチェスター・C所属)はハットトリックを達成し、今年1月に移籍したバルセロナでもゴールを量産している。


■「イエニスタの再来」は17歳


 東京五輪で活躍し、銀メダルの原動力となったペドリは、まだ19歳ながらレギュラーの座を獲得しているし、彼の控えには17歳で「イニエスタの再来」と言われるガビ(パブロ・パエス)もいる。ブンデスリーガのライプチヒで活躍中の左FWダニ・オルモは23歳。今シーズン終了後、移籍金80億円でバルセロナ入りするのではないかと噂されている

 不動の1トップはイタリアのユベントスで活躍しているアルバロ・モラタで、190センチ、84キロの体躯を生かしたポストプレーはかなり厄介だ。このように前線のタレントは豊富で、破壊力は世界王者で昨年10月の欧州ネーションズリーグで優勝したフランスに匹敵する。

 日本が“お手本”とする本家本元だけに、同じスタイルで勝負を挑んでも完成度の違いから大敗する可能性も高い。そんなスペインにつけいる隙があるとすれば、攻撃力を過信して前掛かりになることだろう。そこで日本としては、まずは守備を固めてカウンターを狙いたい。


■日本の1トップは誰?


 先週、ヨーロッパの視察から戻った森保一監督は、EL(ヨーロッパリーグ)のフランクフルト対バルセロナ戦(1−1、3−2)を観戦し、次のような感想を述べていた。

「バルセロナの4−3−3に対し、フランクフルトは3−4−3から5−4−1の形で上手く受けながら、ダメージになる崩され方はさせずに、ボールを奪ったら素早い攻撃でチャンスを作っていた。相手が攻めあぐねているときに、しっかりボールを奪って、幅を使って攻めていた。スペインは五輪代表もビルドアップ能力が高いので、しっかりバランス良く守らないとやられてしまう。守備だけの守備ではなく、そこからしっかり攻撃につなげないといけない」

 そして選手では3トップの左に入った鎌田大地が「アクセントになっていた。相手にとって厄介な存在になっていた」と高く評価した。これまで森保ジャパンは、試合の流れの中で3BKになることはあったが、最初からトライしたことはなかった。

 6月に予定されている4試合のテストマッチで最大の敵と言えば、6日に国立競技場で対戦するブラジルに他ならない。この試合で森保監督が3−4−3から5−4−1に可変するシステムを採用するのかどうか。そして機能するのかどうか。

 3BKの人選と中盤の構成、さらには1トップに誰を起用するかなど、見どころの多い試合になることは間違いないだろう。

六川亨(ろくかわ・とおる)
1957年、東京都生まれ。法政大学卒。「サッカーダイジェスト」の記者・編集長としてW杯、EURO、南米選手権などを取材。その後「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)