なぜいま「スポーツ賭博解禁」議論が必要なのか スポーツ界の未来を占う「7兆円産業」創出

なぜいま「スポーツ賭博解禁」議論が必要なのか スポーツ界の未来を占う「7兆円産業」創出

解禁なるか(※写真はイメージ)

「スポーツ賭博の解禁案、経産省が議論へ…八百長や依存症懸念で猛反発は必至」

 刺激的な見出しが読売新聞に躍ったのは6月7日。記事はこう報じている。


■観測気球


〈経済産業省が、スポーツの試合結果やプレー内容を賭けの対象とする「スポーツベッティング(賭け)」の解禁に向けて取りまとめた素案が判明した。スポーツ賭博を通じて放映権料や広告収入の拡大につなげ、スポーツ産業の活性化につなげる狙いがある。だが、八百長やギャンブル依存を招きかねないスポーツ賭博には反対論が強く、スポーツ界はじめ各界の猛反発は必至だ〉

 報道の当日すぐ、萩生田光一経済産業相、松野博一官房長官がともにこれを否定した。時事通信はこう報じた。

〈萩生田光一経済産業省は7日の閣議後記者会見で、経産省がスポーツ賭博の解禁案をまとめたとの一部報道について、「私が承知する限り、経産省が主導してスポーツ賭博を直ちに実現する動きをしている事実は全くない」と否定的な見解を示した〉

 このように、スクープ報道はすぐに否定されたわけだが、観測気球を打ち上げ、反応を確かめ、サッと話題を引っ込めた、そんな印象を受けた。

 記事も指摘している通り、「スポーツ賭博など、とんでもない!」という世論の猛反発が容易に予想され、現段階では「解禁などありえない」と感じる人が大半を占めているのではないか。そんな社会の空気が想像される。だがそれでも、スポーツ賭博解禁を検討する必要があるから一部で議論が行われ、このようなジャブを打ち始めているのではないか。


■財源として


 端的に言えば、一部アスリートの強化だけでなく、ジュニア世代、シニア世代も含めた全国民の心身の健康増進、生きがいの充実をもたらすスポーツ環境整備は目下の急務だし、重要課題と思うが、その財源が恐ろしく少ないのだ。

 日本のスポーツ関連の国家予算がどれほどの額か、即答できる読者がどれほどいるだろう。今年度予算で約355億円が計上されている。そのうち約100億円がエリート・アスリートたちの強化予算だ。残り約250億円で、国民のスポーツ関連施策を行う。これが多すぎるとは到底思えない。

 355億円がどれほどの額か理解するため、メジャー・リーガーの年俸と比較してみよう。来年以降、大谷翔平選手(エンジェルス)が一体どれほどの額で契約するか、各メディアが注目している。他の一流選手の相場とも勘案し、今季も活躍を続ければ「年間67億円になる可能性も」と報じられている。仮に67億円なら、国の年度予算が大谷クラスのメジャー・リーガー6人分に満たないことになる。

 一方、国民の医療費は、令和3年度で約9兆8000億円と発表されている。これを減少させるポジティブな方法として、スポーツの普及振興が重要とされている。仮に医療費が1割減になれば、新たな財源が1兆円生まれる。つまり1兆円をスポーツ予算に投入しても元が取れるのだ。とはいえ、現状、そのロジックでのスポーツ予算増額の予定はなく、他の方法で財源を確保するしかない。その切り札として検討されているのが、スポーツ賭博の導入なのである。


■海外では既に賭けの対象に


 ところで私は、スポーツベッティング導入は検討の価値があると考えている。それは、先に述べたように、スポーツ普及振興の財源確保のために仕方なく、との理由だけではない。スポーツベッティングは、観戦をより面白くするのではないか、という予感があるからだ。

 このように言うと、私が反社会的な考えの持ち主のように言われる空気を感じる。何しろ、この件に関する新聞記事の大半が、スポーツベッティングを決して明るく楽しく紹介せず、「悪いことだけどね」という前提で話題にしている。

 たしかに、読売が見出しにしているとおり、八百長や依存症の懸念がないとは言わない。だが調べてみると、従来型の反社会的勢力が財源にするため開帳している賭博とは当然ながらまったく別物だ。

 私自身、「ギャンブルをスポーツの財源にするのか?」と、当初は抵抗も感じた。だが、熱心に研究し、導入を模索している民間企業のひとつである、株式会社ミクシィの木村弘毅社長の話を聞いて、認識を改めた。木村社長はこう教えてくれた。

「日本のJリーグはすでに海外のスポーツベッティング・サイトで賭けの対象になっていて、少なくても1兆円以上の売り上げがあります。そのうち2000億円から3000億円くらいは、国内に住む日本人が賭けているようです」

 巨額のマネーが、海外に流失している。DAZNが10年間2100億円でJリーグと契約した話には驚いたが、その背景にはスポーツベッティングの存在があるという。というのも、スポーツベッティングに参加するためには視聴が必然になるからだ。つまり、世界のスポーツビジネスはすでにスポーツベッティングと深く関連して展開している。日本だけがこれを拒絶し続ければ、鎖国状態のガラパゴスになりかねない側面も理解する必要がある。

 また、すでに解禁され、数兆円以上の収益を上げているアメリカは、その一部をスポーツ予算に還元し、強化や普及を充実させるだろう。一方、相変わらず少ない予算しかない日本は、競技力でもスポーツライフの充実の点でも、アメリカと比較して天と地の惨状 に陥る恐れがあるだろう。

 ミクシィの木村社長はこうも言う。

「日本で導入されれば、約7兆円の売上が見込まれます。このうち25パーセントをスポーツ界に還元するだけでも、年間1兆8000億円近い財源をスポーツ界は毎年、安定的に得ることができます」

 現状の40倍! かつて日本のスポーツ界が手にしたことのない財源をスポーツベッティングが生み出してくれる。それなのに、門残払いし、悪者扱いを続けることは賢明だろうか。

「現金を窓口で払う従来のギャンブルと違って、スポーツベッティングは完全にネットで楽しみますから、1日の購入限度額や年齢制限も、きちんとセーフティガードがかけられます」

 依存症による生活破綻などをすぐに連想する従来の悪しき賭博のイメージとは違う現実がいまはあるのだ。


■細かな設定まで可能


 聞けば聞くほど「面白そうだ」というのが、私の実感だ。スポーツベッティングは、レースが始まる前に投票を終了する従来の競馬や競輪、競艇、さらにはサッカーくじ「toto」とも違い、試合が始まってからも賭けを楽しむことができるのだ。

 野球ならたとえば、「5回表、佐々木朗希投手が打席に迎えた柳田悠岐選手を三振に取るか、ホームランを打たれるか?」といった結果まで予想できる。9回裏、逆転はあるか、ないか。最後の打者は三振か、セカンドゴロか、など、細かな賭けが設定できる。つまり、ただお金を稼ぐギャンブルの要素だけでなく、試合を予測する楽しみ、自分の鑑識眼や野球力を予想によって証明し、自尊心を満たす喜びも味わえるのだ。

 昨今、野球の人気も低迷している。だが、スポーツベッティングが始まれば、これまで野球観戦から離れがちだったファンも再び野球に注目し、いや試合開始から終了までずっと、自分がスポーツベッティングのプレーヤーとして参加する興奮を味わえる。それがしかも、現在の40倍ものスポーツ予算の財源になるのなら、立派な社会貢献でもある。少なくとも、“教育上よくない”“依存を招く”“八百長”といったワードにのみ振り回され、思考停止してしまうには、どうしてももったいない気がするのだ。

小林信也(こばやし・のぶや)
1956年新潟県長岡市生まれ。高校まで野球部で投手。慶應大学法学部卒。大学ではフリスビーに熱中し、日本代表として世界選手権出場。ディスクゴルフ日本選手権優勝。「ナンバー」編集部等を経て独立。『高校野球が危ない!』『長嶋茂雄 永遠伝説』など著書多数。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)