棒高跳び日本記録・澤野大地が“強くなりたい”と思った瞬間 最初は「負けても悔しくなかった」(小林信也)

棒高跳び日本記録・澤野大地が“強くなりたい”と思った瞬間 最初は「負けても悔しくなかった」(小林信也)

五輪3大会に出場

 澤野大地は5メートル83の日本記録を持ち、2006年W杯アテネ大会で2位、16年リオ五輪で7位入賞、世界で優勝を争える選手だった。

 傑出したセンスの賜物か、聞くと澤野はすぐ否定した。

「中学で陸上部に入ったのは、小学校5年の校内マラソンで3番、6年で2番に入ったから。走るって楽しいなと思って。でも、郡大会(現・千葉県印西市の大会)に出たらすごく遅くて、トップに周回遅れでした」

 澤野は、陸上人生を振り返って、「才能より、出会いだ」とつくづく感じている。

「長距離を走る横に棒高跳びのマットがあった。顧問の岩井浩先生は棒高跳びが大好きで、陸上部の半分が棒高跳び選手という中学でした。棒高跳びの方が面白そうで、私も練習後にポールを持って平均台を渡ったり、ポールを使って砂場で幅跳びをしたり」

 棒高跳びには特別な用具や設備が必要だ。澤野の中学には、岩井が作った棒高跳びのボックスや高いスタンドと厚いマットがあった。助走路にはどこかで調達したゴムが敷いてあった。

 長距離でくすぶっていた澤野に岩井が声をかけたのは、中学1年の夏だった。

「澤野も、棒高跳びをやってみないか」

 岩井に誘われるまま、棒高跳びを始めた。

「棒高跳びの技術トレーニングを遊びの延長上でやらせてくれた。楽しくて練習が全然苦じゃなかった」

 ポールに体重を乗せ、ポールを曲げる動作は簡単に習得できなかった。ポールの反発をコントロールするのはまた大変で、たっぷり1年かかった。けれど、

「ポールの反発をもらってフワッと跳ぶ感覚を味わったら、もう逃げられなかった」、澤野が笑う。


■元記録保持者の予言


「フワッと浮く感じ。バーを越える瞬間、トランポリンで跳んだ時、一番上で一瞬、無重力になるような、そしてそこから自由落下できる、日常生活にない感覚。ポール一本で自分の身長の何倍もの高さに上がれるのも気持ちよかった」

 バーを越えた時と、落とした時では感覚が違った。

「バーを越えて征服したと感じて、競技場の歓声に包まれて落ちるあの瞬間は本当に至福の時でした」

 背も高い方でなく、力もない澤野の記録は最初から目立ったわけではない。

「高く跳びたいと思ったことはありませんでした」、澤野が意外なことを言った。

「跳ぶこと自体が楽しかった。最初はそれで満足でした。中学3年の時、全国大会に出て10番くらい。でも悔しくない、そこまで強くなりたいと思っていなかった」。しかし、異才ならではの伝説はある。中学2年の時、練習を見た元日本記録保持者の山崎国昭が岩井に言った。

「この子は将来、5メートル80を跳べる選手だ」

 聞いた岩井もビックリしたというが、予言どおり澤野はその高さを跳んだ。

「走り方、ポールの使い方、反発の使い方を見て言われたのでしょうか。たしかに、私の棒高跳びはパワフルでなく、奇麗な棒高跳びです。無駄のない突っ込みから、しなやかな空中動作で美しくバーを越えていく……」

 あのセルゲイ・ブブカは長く硬いポールで6メートルを超えていた。澤野はそれより短く、柔らかいポールを操って、世界に伍していた。パワーを強化した時期もあるが、ケガが多くなったため、美しく効率的に潜在能力を発揮させる方向性に戻した。澤野には、パワーを超える「美しい体の使い方」の才能があった。


■名伯楽が授けた言葉


 強くなりたいと思い始めたのは、高校受験を控え、志望校を選ぶ時だった。

「近くにあった成田高校は陸上が強くて、棒高跳びで全国一、二を争う先輩もいた。そこに入れば強くなれると思って入学しました」

 女子マラソンの増田明美、ハンマー投げの室伏広治ら多くの五輪選手を育てた滝田詔生(たきたつぐお)前監督も時々グラウンドに来ていた。

「成田高の練習はめちゃくちゃ楽しかった。走り方のドリル、サーキットトレーニングなど専門的にできました。辛かったけど、毎日楽しくて仕方なかった。私は相変わらず足が遅くて、女子選手の後ろを必死に食らいついていました」

 そんな澤野のまなざしが世界に向く「覚醒の時」があった。高校2年の春から夏になるころだった。指導は監督の越川一紀に任せ、選手たちを見守る立場の滝田に、「澤野ちょっと」と声をかけられた。そして棒高跳びの先輩たちを見ながら、

「あの二人は5メートル20とか30の話をしているが、お前は5メートル40、50、世界を目指さなきゃいけない選手だぞ」

 不意にそれを言われた時、

「滝田先生の言葉がスッと体に入ってきたのです」

 その冬、滝田は病に倒れ、還らぬ人となる。翌夏、澤野はインターハイで5メートル40を跳んで優勝する。

「高校記録を跳んだにもかかわらず、『まだ世界でトップは取れない』という気持ちが大きかった。それでその後も『もっと上』を目指すことができた」

 澤野は41歳になる昨秋、引退を発表した。

「競技を続ける根本にあったのは棒高跳びの楽しさでした。あの『フワッと感』が原動力でした」

小林信也(こばやし・のぶや)
1956年新潟県長岡市生まれ。高校まで野球部で投手。慶應大学法学部卒。大学ではフリスビーに熱中し、日本代表として世界選手権出場。ディスクゴルフ日本選手権優勝。「ナンバー」編集部等を経て独立。『高校野球が危ない!』『長嶋茂雄 永遠伝説』など著書多数。

「週刊新潮」2022年6月30日号 掲載

関連記事(外部サイト)