金満「リブゴルフ」に迫る危機 テレビ中継なし、スポンサー企業も皆無のウラ側

金満「リブゴルフ」に迫る危機 テレビ中継なし、スポンサー企業も皆無のウラ側

テレビ中継は無くともYouTubeに活路を見出せるか(「LIV Golf」YouTubeより)

 今、世界のゴルフ界は、今年6月に始まった新ツアー「リブゴルフ」の話題で持ち切りだ。高額賞金を目玉にスター選手を次々と勧誘し、勢いに乗るかに見えるが、実は大きな課題が露呈しつつあった。【舩越園子/ゴルフジャーナリスト】


■スター選手が次々移籍


 これまでは、王者タイガー・ウッズや日本のエース・松山英樹らの主戦場である米国拠点のPGAツアーが「世界一のゴルフツアー」と呼ばれ、プロゴルファーの誰もが目指す最高峰の舞台とされてきた。しかし、かつてのPGAツアー選手であり全英オープン2勝の実績を持つオーストラリア出身のグレッグ・ノーマンが、サウジアラビアの政府系ファンドをバックに付け、PGAツアーに対抗する新たなツアーとしてリブゴルフを創設。潤沢なオイルマネーをばら撒きながらPGAツアーや欧州のDPワールドツアーの選手たちを勧誘している。

 最初は「リブゴルフなんかには誰も行かないだろう」と見られていたが、蓋を開けてみれば、スター選手たちが次々に移籍している。

 6月の第1戦にはフィル・ミケルソンやダスティン・ジョンソンをはじめ、セルヒオ・ガルシアやリー・ウエストウッド、イアン・ポールターなどPGAツアー選手17名がリブゴルフに参加。

 第2戦ではブルックス・ケプカやブライソン・デシャンボーらが加わり、7月29日から始まる第3戦には、ポール・ケイシーなど、さらに4名のPGAツアー選手が出場する。


■破格の賞金でPGAツアーは白旗


 リブゴルフは1試合に48名が出場し、予選落ちのない3日間54ホールをプレーして、個人戦とチーム戦(4名1組)の両方を同時進行する。1試合の賞金総額は2500万ドルで、そのうちの2000万ドルが個人戦、500万ドルがチーム戦の賞金となる。

 個人戦の優勝賞金400万ドルはPGAツアーやメジャー4大会の優勝賞金を軽々上回る破格。最下位の48位でも12万ドルが得られる。

 チーム戦はトップ3にのみ賞金が授けられ、優勝チームには300万ドル、2位には150万ドル、3位には50万ドルで合計500万ドルが支払われる。

 こうした超高額賞金とは別に、スーパースター級の選手には契約金も前払いで支払われており、ミケルソンは4年契約で2億ドル、ジョンソンは4年契約で1億5000万ドルを受け取ったとされている。

 出場すれば必ず夢のようなビッグマネーが手に入るとあれば、古巣のツアーに背を向けてでも「リブゴルフへ行かない手はない!」ということなのだろう。予想以上に有名選手たちがリブゴルフへ移籍しているため、来年は年間10試合だった当初の予定を上方修正し、年間14試合が開催されることになった。

 まさに今のリブゴルフには飛ぶ鳥を落とすほどの勢いが漲っている。

 一方、有名選手や中堅選手を次々に失いつつあるPGAツアーは、最初のうちは「マネーにはマネー」で対抗しようという構えで、賞金額を引き上げたり、選手たちへの新たなボーナス制度を創設したりしていた。だが、PGAツアーを率いるジェイ・モナハン会長は「(リブゴルフと)戦う武器がマネーのみしかないとしたら、我々はその戦いを続けることはできない」と、マネー戦争そのものに対してはもはや白旗を上げている。

 そして、PGAツアーはPGAツアーにしかない歴史や伝統、これまで築き上げてきた巨大なピラミッドを構成する人的財産を武器にして、リブゴルフに対抗していく姿勢を見せている。


■「オイルマネーは無尽蔵」なのか?


 リブゴルフ出現以前なら世界で最高レベルの高額賞金を誇っていたPGAツアーには「巨額の埋蔵金がある」などと言われていたが、今やそのPGAツアーが「マネーだけでは、これ以上は戦えない」と言うのだから、財力には限りがあるということだ。

 一方、サウジアラビアの政府系ファンドをバックにつけているリブゴルフには、潤沢なオイルマネーがあり、だからこそ、ビッグマネーの魅力で選手たちを惹きつけることに成功している。

 それゆえ、「リブゴルフのオイルマネーは無尽蔵だ」と言われている。だが、ここへ来て米メディアは「サウジのオイルマネーとて、決して底なしではないはずだ」と指摘し始め、さらには「リブゴルフに大金を投入しているサウジ側の上層部は、そろそろリブゴルフからの見返りを求め始めるはずだ」と見ている。

 現状では、リブゴルフの収益は試合のチケット収入のみで、それ以外の部分では、お金は出る一方、支払う一方となっている。

 ちなみにPGAツアーの最大の収入源はTV放映権料だが、リブゴルフはYouTube中継はされているものの、TV中継の契約は今のところ皆無。そのため各試合のタイトルスポンサーになろうとする企業も皆無だ。


■TV中継の技術的課題


 スター選手が続々集まりつつあるのにTV中継が付かないのはなぜなのか。その原因は、48名が一斉にスタートするショットガン形式で3日間54ホールが競われるというフォーマットにある。

 一斉にティオフする選手たちの表情や動きを追うためには、とんでもない台数のTVカメラと大人数のクルーを用意しなければならず、これまでのゴルフのTV中継とはあまりにもギャップがありすぎて、「技術的、人的に難しい」と、欧米のTV局は、みな尻込みしている。

 TV局が手を上げてくれないのなら、最大限、YouTube中継を充実させようと考えているようで、リブゴルフは米国のゴルフファンの間で知名度が高いゴルフキャスターのデビッド・ファハティを雇い入れたが、そのキャスターを獲得したことでTV中継が付くとは考えにくい。

 そこで今度は、元 プロバスケットボーラーで、NBAのスター選手だったチャールズ・バークレーをリブゴルフの中継タレントとして獲得しようとしている。

 しかし、ゴルフの中継の格上げを図ってTV中継の契約を取り付けようとするとき、プロゴルファーではなく元プロバスケットボール選手に頼ろうとしていること自体、ゴルフにおける本質的な「売り」がリブゴルフには希薄であることを曝け出しているようなものだ。


■リブゴルフの勢いは続くのか


 こうしてみると、現状では、リブゴルフがTV中継に関してもがけばもがくほど墓穴を掘りつつある状況だ。

「サウジのオイルマネーとて底なしではない」という指摘の真偽のほどは知るよしもないが、遅かれ早かれ「サウジ側が大金投入の見返りをリブゴルフに求めてくる」という指摘は、至極、的を射ている。

 タイトルスポンサーがなかなか付かない中での代替案なのか、チーム戦を戦うチームごとにスポンサーを募り始めているという噂もあり、すでに米国の大手通信会社やスポーツウエアやグッズのメーカーが手を上げているという噂も、米メディアは記事化している。

 そして、現実となれば、大勢のゴルフファンがびっくり仰天するような、さらなるビッグネームの移籍の噂も実を言えば、ある。

 その一方で、「オイルマネーも、やがて尽きる」「見返り要求はそろそろ強まる」という指摘は、根も葉もない噂よりは、現実味を帯びているのではないだろうか。

舩越園子(ふなこし・そのこ)
ゴルフジャーナリスト/武蔵丘短期大学客員教授。東京都出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒。1993年に渡米し、在米ゴルフジャーナリストとして25年間、現地で取材を続けてきた。2019年から拠点を日本へ移し、執筆活動のほか、講演やTV・ラジオにも活躍の場を広げている。『王者たちの素顔』(実業之日本社)、『ゴルフの森』(楓書店)、『才能は有限努力は無限 松山英樹の朴訥力』(東邦出版)など著書訳書多数。1995年以来のタイガー・ウッズ取材の集大成となる最新刊『TIGER WORDS』(徳間書店)が好評発売中。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)