日本がドイツを撃破の「歴史的大金星」でも「サッカーくじ」の配当が低すぎると話題「絶対ぼろ儲けと思っていたのに」の声も

日本がドイツを撃破の「歴史的大金星」でも「サッカーくじ」の配当が低すぎると話題「絶対ぼろ儲けと思っていたのに」の声も

日本勝利も"配当低すぎ"話題

日本がドイツを撃破の「歴史的大金星」でも「サッカーくじ」の配当が低すぎると話題「絶対ぼろ儲けと思っていたのに」の声も

大金星を挙げた森保ジャパン

 FIFAワールドカップで奇跡が起きた。11月23日に行われた日本対ドイツ戦で、日本が2-1で優勝経験国・ドイツを撃破。誰もが想像しなかった日本の勝利に、翌日の朝刊各紙、ネットニュース上には、「ジャイアントキリング」「歴史的大金星」「世界も衝撃」等、この勝利がいかに衝撃的な番狂わせだったかを物語る言葉が躍った。一方で、この試合の「サッカーくじ」にチャレンジし、見事的中させたファンからは、「歴史的勝利にしては、配当が低すぎないか」との声が上がっている。


■9月からスタートしていた


 劇的な試合内容に、日本中が興奮したドイツ戦。試合終了間際の視聴率は、深夜であるにもかかわらず 40%を超えた。興奮して寝付けなかったファンも大勢いたに違いない。中でも、「サッカーくじ」で日本の勝利に賭けていたファンにとっては、「超大穴的中」になるわけで、目も眩むほどの配当金額を心待ちにしていたのは言うまでもない。

 と、ここまで読んで、「え? ワールドカップで賭け事? スポーツ賭博は天下のご禁制では?」と首を傾げる向きも多いかもしれない。実はこのサッカーくじ、正式名称を「WINNER」と呼び、今年9月から独立行政法人日本スポーツ振興センターが提供、楽天が発売を開始した新しいサッカーくじなのだ。totoやBIGといった従来のサッカーくじは、ギャンブル性を下げるため、少なくとも2試合以上の試合結果を加味しなければならなかったのだが、新たに発売されたWINNERは、1試合単位の勝敗を、点差を予想して賭けることができる点が大きく異なる。普段はJリーグやバスケットボールのプロリーグ「Bリーグ」の試合がメインながら、今回ワールドカップも、賭けの対象になったという次第。


■大穴を仕留めたはずが


 さて、「2-1で日本が勝利」に賭けていたサッカーファンが嘆く。

「これまでの試合でも結構賭けていて、負けが込んでいたんですよ。そこで日本戦では、日本側の勝利に、かなりぶち込みました。つまり、1-0で勝っても、2-0で勝っても、とにかく日本が勝てば当たるように総流しにしていたんです」

 予想は見事に的中、大穴を仕留めた、はずだったのだが……。

「配当オッズを見てびっくりしました。何しろ6.2倍。優勝候補のドイツ相手に勝つなんて、歴史的快挙で、史上稀に見るジャイアントキリングですよ。少なくとも、100倍はつくと思っていました。私は競馬もやるのですが、単勝6.2倍の馬は、1番人気ではないものの、上位の人気馬ですよ。そんな馬はざらにいます。そんな馬が一着に来ても話題にもならない。感動が、一気に覚めました」

 大穴的中なのに、配当がイマイチだったのは、どういうわけなのか。ギャンブルライターが解説する。


■桁違いの口数


「まず、このサッカーくじは、売上の50%が、運営側に持っていかれます。つまり、払戻金は、全員が賭けた総額の半分を分配するということになります。当然、配当額は小さくなりますよね。ちなみに競馬の場合は、売上の25%が運営に取られ、残り75% が配当される仕組みです。これに比べても低いと言わざるを得ないですね」

 それに加えて、

「オッズは運営側が決めるのではなく、くじの売上数に応じて算出される方式を採用しています。他国同士の試合ならいざ知らず、日本戦の初戦で、さらに日本でのみ販売しているくじですから、日本への応援の意味を込めて、勝ち目は薄いと感じながらも、日本勝利に賭けた人が多かったのではないでしょうか。実際、他国同士の当たり口数が数千単位なのに対し、今回のドイツ戦の当たり口数は約5万8000と、桁違いでした。なので6.2 倍というのも仕方ないのかもしれません。とはいえ全体で見ると、ドイツ勝ちの方がオッズは低かったですが」

 ちなみに、優勝国を予想するくじも売られており(11月25日で締切られた)、日本は17.8倍のオッズ。ドイツ戦勝利でだいぶ下がったと見られる。いずれも新しいワールドカップの楽しみ方ではあるが、オッズにはくれぐれもご注意を。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)