「朝青龍」という存在感、「稀勢の里」の美 識者が選ぶ「平成の大横綱」は誰だ

『平成の大横綱』をやくみつる氏らが選出 1位は元貴乃花親方で2位に稀勢の里氏

記事まとめ

  • 『平成の大横綱』をやくみつる氏、玉木正之氏、大見信昭氏、中澤潔氏らが選出している
  • 1位は元貴乃花親方で、朝青龍氏との一番を名勝負として挙げる声が多い
  • 2位は稀勢の里氏で、白鵬の連勝を止めた一番や照ノ富士との優勝決定戦が評価された

「朝青龍」という存在感、「稀勢の里」の美 識者が選ぶ「平成の大横綱」は誰だ

■「平成の大横綱」の称号は誰の手に(2/2)


“平成の大横綱”と呼ぶのにふさわしいのは誰か。スポーツ評論家の玉木正之氏、東京相撲記者クラブ会友の大見信昭氏、相撲ジャーナリストの中澤潔氏、漫画家のやくみつる氏、ベテラン相撲記者、角界ジャーナリストの6人の投票結果は掲載表のとおりである。

 ***

 最多の3票を集めたのは貴乃花。角界ジャーナリストは2002年9月場所の貴乃花と朝青龍の一番を「名勝負」に挙げる。

「新大関の朝青龍は、まさに横綱にのぼりつめていく過程の真っただ中で、真面目に稽古もやっていて、キャリアの中で最も強かった。そして、この後、翌場所から2場所連続で優勝を果たし、横綱になるのです」

 要するに、上り調子で向かうところ敵なしだった朝青龍と、ケガで7場所連続休場から再起した、満身創痍でボロボロの状態にあった貴乃花が対戦したわけである。

「貴乃花は見るからに体が絞れておらず、全盛期とはほど遠い雰囲気だった。右ひざのケガは治っておらず、片足で相撲をとっているようでした。しかし、朝青龍が突っ張りから双差しになって寄ったにもかかわらず、貴乃花が右上手投げで勝ってしまったのです」

 と、角界ジャーナリストが続けて語る。

「ある親方が、“あの時の貴乃花に勝てなくて、全盛期の貴乃花にどうやって勝つんだ”と言っていたように、この一番も貴乃花がいかに強かったのかを示しています。ただ、負けて興奮し、帰りの花道で声を荒げて叫ぶ朝青龍もすごかった。迫力満点で、まさに平成の名勝負といっていい。この後しばらくして、朝青龍と白鵬が優勝争いをする時代になりますが、全体のレベルの低下により、“面白い相撲”が減っていきました」

 ベテラン相撲記者は、

「実は、“平成の大横綱”は誰かと問われて最初に思い浮かんだのは、朝青龍でした。彼の相撲はとにかく勢いがあってスピード感に溢れている。一瞬も止まることなく、まさにスポーツとしての相撲の面白さを見せてくれました。また、モンゴルからやってきた男が毒を吐き、周りに憎まれながら、それでも頂点に君臨し続ける様は、それまでの相撲界にはなかったものでした」

 とした上で、こう語る。

「しかし、朝青龍の名勝負を挙げよと言われると、なかなかこれといった取組を思い浮かべることが出来ない。彼が活躍したのは強い力士がいない時代でしたから。それに、横綱というのは強さだけが全てではない。不世出の力士である双葉山が今も語り継がれるのは、強さだけではなく、横綱としての器が素晴らしかったからです。そういう視点で考えると、どんなに強くても朝青龍の振る舞いには目に余るものがあった」


■論評の域を超えた美しさ


 そんなベテラン相撲記者が一票を投じたのは、平成最後の横綱、稀勢の里だ。

「正真正銘のガチンコ横綱。学生相撲出身の力士が増える中、稀勢の里は中学卒業後にすぐに相撲界に入った、“昔の相撲道”を継承した存在です。本来の日本の相撲の原風景を感じさせるような、土臭い横綱が平成の最後に誕生したことは、やはり特別な意味があるように感じます」

 ベテラン相撲記者はそう語る。

「彼はいつだって真面目に稽古を行います。白鵬の場所前の“調整”とは比べ物にならないような本気の稽古に日々取り組んできたのです。彼は引退会見で、“一番心に残っていることは”と問われ、“ありすぎてなかなか思い出せませんが、やはり稽古場が僕を強くしてくれました”と答えました。何よりも稽古を重んじる彼の姿勢には力士としての魂が感じられます」

 スポーツ評論家の玉木氏もやはり稀勢の里に一票を投じたが、奇しくも、ベテラン相撲記者と玉木氏が挙げた名勝負は2番とも同じだった。白鵬の連勝を63で止めた10年11月場所の一番。そして、17年3月場所の照ノ富士との優勝決定戦だ。

「白鵬の連勝を止めた一番はものすごい取組だった。ビンタなど何でもありの白鵬の猛攻を全ていなして、最後に寄り切る。あれは見ごたえがあった。また、17年の優勝決定戦も素晴らしかった。その相撲の美しさは、論評の域を超えていますよ。桜の花がなぜ美しいか説明しようとするなんて、野暮なことです」

 そう語る玉木氏は、稀勢の里の相撲人生をこう評する。

「なかなか上に上がれない稀勢の里を見ていて、不満も山ほどあった。ファンの方もそうだったと思います。そんな苦しい時期を乗り越えて、最後にパッと花を咲かせたのが、彼の相撲人生だったのでしょう。咲いては散るを繰り返し、最後に花を咲かせた時期も短かった。でもそのぶん、咲いた時の花の美しさは他にないものがある。長く咲いている花など、勝手にやってくれ、なんて思ってしまいますね」

 平成最後の場所も白鵬の優勝に終わった。だが、真の意味で平成の相撲に幕を下ろしたのは、記録ではなく記憶に残る横綱、稀勢の里だったのかもしれない。

「週刊新潮」2019年4月4日号 掲載

関連記事(外部サイト)