Abema「那須川に勝ったら1000万円」 名乗りを上げたフリープロボクサーが怒る理由

 AbemaTVの“勝ったら1000万円”シリーズが話題を呼んでいる。これまで「亀田興毅に勝ったら1000万円」(17年5月7日配信)、「朝青龍を押し出したら1000万円」(17年12月31日配信)、そして「亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円」(18年1月1日配信)などが企画されてきた。幸いにして、これまで挑戦者が勝ったことはなく、運営元のサイバーエージェントも1000万円を払ったことはない。

 だが、3月10日に発表された「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」では、思わぬ伏兵が現れた――。

 ***

 ご存知ない方のために言っておくと、那須川天心(20)はキックボクサーでRISE世界フェザー級王者であり、キックボクシング界の“神童”と呼ばれる。スポーツ紙記者によれば、

「プロ転向後は24戦24勝、そのうち19試合はKOです。小学校6年の時にキックボクシングを始めていますが、それまでは空手で、小5の時に極真空手ジュニア世界大会で優勝しています。キックボクサーとしては、プロ6戦目、RISE史上最年少の16歳で国内王座を獲得しています。17歳で世界チャンピオンとなる一方、総合格闘技家としても活動しており、そちらでも負けなし。ただし、昨年大晦日に行われたRIZINのエキシビションマッチで、ボクシング50戦無敗5階級制覇のフロイド・メイウェザー・ジュニア(42)に1ラウンドR TKO負けを喰らいました」

 そんな男にまたも、ボクシングで勝てば1000万円、というわけである。

「これまでの“勝ったら1000万円”シリーズについて言うと、亀田興毅(32)の時にはボクシングのルールで、1人3分3ラウンド、両者ヘッドギアをつけるというものでした。ただし、挑戦者の選定で現役格闘家や元プロボクサーは対象外とされ、ホストや元暴走族といった相手と闘ったわけです。すでに現役を引退していた興毅でしたが、さすがに負けるはずがない。でもこの番組が評判を呼んで、当時のAbemaTVの視聴数歴代最高記録を更新。これに味を占めて、朝青龍(38)や亀田大毅(30)で似たような企画が組まれました。ところが今回の那須川に関しては、これまでと事情が違う。挑戦者応募資格は“18歳以上で心身ともに健康である男性”。プロボクサーにも応募資格があるように見えるので、かなり話題になったのです」(同)

 これまで亀田兄弟のボクシングに、プロボクサーが出場したことはなかったのだ。

「その応募条件が変わったので注目されたのですが、それでもプロボクサーは出たくても出られないんです。日本のプロボクサーはJBC(日本プロボクシングコミッション)に属していて、JBCは異種格闘技を認めていません。相手はキックボクサーの那須川ですからね。これに違反すれば、ライセンスの剥奪もあり得るのです。ですからAbemaTVも、どうせプロは応募しないと高をくくっていたという見方もあります」(同)

 そういう事情を知った上で、今回、応募してきたのが、フリーランスのプロボクサー・中村優也(28)や恵良敏彦(44)だ。フリーランスと聞くと、なんだかテレビドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(テレ朝)の米倉涼子みたいだが、そもそもどういう選手なのか?

「JBCに所属せず、海外のライセンスを取得して海外で闘っているボクサーです。中村は国内ではほとんど知られていませんが、フィリピンの選手ライセンスでWBCアジアバンタム級王者にまでなっています。彼が、3月11日に自信のSNSで1000万円企画に応募したこと発表したのです」(同)

 それがこの文面だ。

〈日本のプロボクシング(JBC)関連の人間は出られへん。それわかっててやろ? そんな条件の面子から選んでボクシングルールで弱い者いじめしてもしゃあないやろ? だから俺がやったる! 黙って俺を採用しろ! 階級もフェザー級で合わせたる! 観てる人らも企画やなくてほんまもんの試合が見たいやろ?〉 

 何とも過激な挑戦状だ。なぜ、“俺がやったる!”となったのか、本人に聞いてみた。

■なんでこんなことするのかな


中村:ボクは“18歳以上で健康な男子”の1人ですからね、応募の資格はある。一見、応募条件は広がったようですけど、日本のJBCの選手やアマチュアのトップ選手は出られませんから。それを承知で、元ボクサーとか素人呼んで、亀田はボコボコにしたり……、オモロなかった。今回は亀田の時とは違うよと言いたいのかもしれませんが見せかけだけ。また同じような人しか出ないのであれば、ボクシングが舐められているようで腹が立つ。それなら自分が……と思って応募したんです。

――那須川選手に関してはどう思っているのか。

中村:彼の実力は知っていますし、キックボクシングで“神童”と言われるのも評価の表れでしょう。また、那須川選手ならメイウェザーに対して何かやってくれると思った人も多いでしょう。でも、キックボクシングとボクシングは違うんですよ。だからボクは、最初から彼が勝てるなんてまったく思わなかった。そもそも、なぜ彼はメイウェザーと対戦したのでしょうか。ボクはメイウェザーのこと大好きなんで、試合は全て見ていますが、対戦したいとは思いませんよ、殺されるかもしれないので。彼は最悪の動きだったメイウェザーに、1ラウンドでTKOされて号泣していましたが、そもそも本当に勝つつもりがあったのでしょうか。だとすれば、知らなすぎます。ボクシングを舐めるなと思います。そして今回、彼は、メイウェザーに負けたから“ボクシングの借りはボクシングで返す”と煽っています。それで素人集めてボコボコにして、それで借りを返したなんて思われたら堪りませんからね。もう、そんなこと言わんでもええやろって思います。

――那須川選手への怒りが応募させた?

中村:いやいや、そうじゃないんですよ。メイウェザー戦も、今回の企画も、お金に走りすぎているように思います。那須川選手も、Abemaの企画だから仕事としてやっているのでしょうけど、周りの大人に振り回されているように思うんです。“神童”と呼ばれて実力もあるのに、なんでこんなことするのかなと。キックボクサーはJBCとは関係ないので、フリーのようなものですが、それにしても度が過ぎています。今、彼はキックボクシング世界トーナメントの真っ最中なんですから。

――むしろ那須川を気遣っているようだ。だが、実際に挑戦することになったらどう戦う?

中村:キックボクシングは遠い距離には、パンチでなく蹴りで対処しようとします。一方、ボクシングは踏み込んでパンチを当てにいくのです。この感覚は、何ヶ月か練習すれば埋まるというものではありません。キックボクサーである那須川選手にその攻撃はできないでしょう。一方で、彼は攻めながらもカウンターのできる万能タイプですが、攻めの距離はボクよりも近いので、カウンターを狙ってくるでしょう。カウンターなら、ボクもある程度、パンチがわかってしまう。三手先まで読んで準備すれば耐えられます。倒れることはないでしょう。メイウェザー戦ではガードもできていませんでしたし。

――自信はあるようだ。ところでフリーのボクサーって生活はできるのだろうか。

中村:ボクはタイトルはアジア王者までしか取ったことがありませんが、ボクシングだけで飯が食えていますよ。ですから今回の応募も、金が目当てではありません。むしろ応募したいのは、日本のプロボクサーでしょうね。JBCはプロモートやファイトマネー諸々全て行っているので、基本的に33%も持って行ってしまいます。たとえ世界チャンピオンになったとしても、人気がなければ1000万円なんて賞金はないし、数百万円ですよ。そのくせ副業も禁止されている。1000万円欲しいと思っているプロボクサーは多いと思いますよ。今回、Abemaはボクを話題作りのために1次選考を通過させましたが、最終的には選ばれないと思っています。もちろんAbemaが決めることですから、そうなっても那須川選手が逃げたなんて思いませんよ。ボクとしては今回の応募で多少話題になりましたから、総合格闘技のRIZINでボクシングマッチを組んでもらいたいんです。そこで堂々と勝負したい。

■最終選考間直前にタイで試合


――そんな中村の動きを知って応募したのは、同じくフリーのプロボクサー恵良敏彦だ。44歳ながら、昨年、タイ国第35代フライ級チャンピオンとなった。

恵良:今回、Abemaは、日本にJBCに属さないフリーのプロボクサーがいるなんて知らなかったんでしょうね。問題なのは、亀田興毅で味をしめたAbemaが、ボクシングのことをあまり知らずに、ボクサーが対戦相手といえば“那須川天心”と安易に企画を出したことですよ。逃げるのを嫌う那須川選手に対して、フリープロのボクサーが次々と名乗りを上げている。Abemaは相当困っているんじゃないですか。ボクサーって、人生かけてやっている人もいるんですよ。彼らが思うような遊びではないんです。ボクならファイトマネーがゼロでも、那須川選手と拳を合わせてみたいですよ。彼のことは尊敬していますからね。ボクシング1本に絞ったら強くなるでしょう。でも、彼はパンチの威力はあっても、フェイントを使わないのでガードで避けられるし、当たっても芯は外せます。今のレベルなら負ける気はしませんね。こちらからは、フェイントをしっかり混ぜ、最終的にはボディで倒そうかな。ボクシングは殴り合いではなく、もらわない、打たせないスポーツなんですから。まあ、ボクも最終的にフリープロが選ばれるとは思っていませんが、ここまで盛り上がったのに選ばなかったら、ちょっと興醒めでしょうね。

 最終選考は4月13〜14日にかけて行われるスパーリングという。だが、中村、恵良の両名は、4月11日にはタイで試合が組まれており、12日に帰国する予定だ。過密スケジュールが気になるが。

中村:大丈夫ですよ。海外では、直前に試合が組まれることなんてザラですから。いつでもボクシングができるように準備はしています。那須川選手だって、キックボクシングのトーナメントの最中なのですから、五分五分です。もしAbema が選んでくれたなら、もう1回、泣かしてやりますよ。

 恵良選手はタイトルマッチがかかっている。

恵良:まあそれはそれ、これはこれですから。中村選手はスピード、パンチ力ともに、那須川選手よりも上だと思います。だから、ボクを選んでくれないかな。ボクが相手なら結構いい試合になるかもしれませんよ。ボクらベルトを獲った選手は、チャンピオンに上るために、いろいろな選手を踏み台にしてきた。彼らの思いも、那須川選手にぶつけますよ、選ばれたらの話ですけどね。

 視聴者は本物の真剣勝負が見たいのだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年4月12日 掲載

関連記事(外部サイト)