【全日本柔道選手権大会】両者が「反則負け」となる初の事態に場内がどよめき

記事まとめ

  • 数々のドラマを築き71年の歴史がある全日本柔道選手権大会で初の事態が起きた
  • 熊代佑輔と佐藤和哉の3回戦で、技を出さない両者に主審が「反則負け」と宣言した
  • 大迫明伸審判長は「あそこまで攻め合わない、組まないでは」と苦渋の表情だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております