令和元年のパーフェクト投手は? 「令和の10番」は? プロ野球&サッカー大予想

令和元年のパーフェクト投手は? 「令和の10番」は? プロ野球&サッカー大予想

栄光の10番を背負ってきたラモス瑠偉

「ミスター・パーフェクト」こと槙原寛己(元ジャイアンツ投手)がカープを相手に完全試合を達成したのは、平成6年(1994年)5月だった。以来、25年もの間、日本のプロ野球界でこの記録は誰も成し遂げていない。では、令和に代わって野球ファンは完全試合を見ることが出来るのだろうか。

「正直、現代の野球で完全試合をやるのは99%無理といっていい。昔に比べてボールが飛ぶようになり、バットに擦っただけで本塁打になってしまう時代ですからね」

 そう言うのは野球評論家の張本勲氏である。が、そんな「打高投低」の球界にあって可能性を見いだせる投手はといえば、

「一番有力なのはソフトバンクの千賀滉大。彼はカウントを取りにいくフォークと、三振を取るための落差の大きいフォークの2種類を持っている。これがハマれば、ひょっとするかもしれません」(同)

 さらに、もう1人の有力候補が楽天の則本昂大だ。

「則本の直球は打者の手元で微妙に揺れる。それで内野ゴロの山が築ければ、奇跡が起きるかも」(同)

 一方、同じく野球評論家の江本孟紀氏が挙げるのはやっぱり巨人のエースだ。

「菅野智之は、完全試合をやるための絶対条件とも言えるコントロールが抜群。それでいて球速もあるし、打者のタイミングを外して打たせる投球も出来る。日本でパーフェクトに一番近い存在です」

 野球ファンは四半世紀ぶりの大記録を待っている。


■令和の10番は


 一方のサッカー。絶対的エースを意味する背番号「10」を、日本代表ではラモス瑠偉、中村俊輔、香川真司らが背負ってきた。では、栄光の10番を受け継ぐ令和のエースは誰か。サッカー解説者の川添孝一氏によれば、

「最右翼は久保建英ですね。17歳にして早くも“Jリーグの顔”になりつつある。まさに日本の至宝です」

 久保はメッシの所属するFCバルセロナの下部組織で10歳から研鑽を積んだ。

「多くの日本人選手にはマネできない足裏を使った高度なプレーで相手を翻弄する。最近は視野が広がって周囲を使えるようになりました。決定力に加え、チャンスメイクもでき、ゲームを作れる。過去に類を見ない10番になれそう」(同)

 そんな久保の対抗馬は、中井卓大(15)。こちらは小学4年生でスペインに渡り、レアル・マドリードの下部組織で才能に磨きをかけている。川添氏が続ける。

「身長170センチそこそこで細身の久保に対し、中井は180センチと恵まれた体格。中盤からのパスで味方を活かすプレーが持ち味で、得点感覚には非凡なものがある。世界的なFWに成長することも期待できます」

 10代から世界と対峙してきた2人が、「令和の10番」を争う日は近い。

「週刊新潮」2019年5月2・9日号 掲載

関連記事(外部サイト)