貴景勝「美人母」と「頑固おやじ」の教育法 やんちゃ坊主を令和の初代横綱へ

■普段はLINEで“会話”


「令和」の横綱候補筆頭と言えば、もちろん貴景勝(22)。だが、中学生の時は反抗期を迎え、“ヤンチャ”だったこともあったという。父の佐藤一哉さん(58)と母の純子さん(52)は、いかにここまで育てあげたのか、お二人に聞いた。

***

――3月の春場所は、どうご覧になっていましたか?

父親の一哉さん(以下、一哉):先場所は「大関昇進が懸かっている」と言われていましたし、地元(兵庫県芦屋市)に近い大阪場所ということで、彼には相当なプレッシャーだったと思います。実際に私がエディオンアリーナ大阪で観戦したのは5回ほどですが、重圧を振り払い、よくぞ戦い抜いてくれました。

 初日と千秋楽以外は負けてしまいました。「私が観戦に行くと、息子は変に意識してしまうのかな?」、「観に行かないほう方がいいのかな?」と悩んだこともありました。

 玉鷲さん(34)との取組があった5日目は、枡席で観戦していました。そして息子の土俵入りで、思わず声を掛けてしまったんです。すると結果は黒星。何より彼らしい相撲ではなかったような印象が強くて、声を掛けたことを反省しました。

 この件があってからは、新聞社のご厚意でとてもいい席のチケットをいただくこともありましたが、それは親戚にプレゼント。私自身は自由席で見ることにしました。

母の純子さん(以下、純子):私も見る時は自由席の一番上を選んでいます。どうしても緊張して、周囲をうろうろしちゃうので、自由席じゃないとダメなんです。

――お母さんが見に行くと目立つのではないですか?

純子:いえ、気づかれたことないですよ。髪型やメイク変えたり、メガネを付けたりしていますから。むしろ主人のほうがよく発見されています。

一哉:男はなかなか変装しにくい。すぐにバレるんです。

――玉鷲戦の後は、ご夫婦で貴景勝さんに会いに行かれたそうですね?

純子:主人が声を掛けてしまったので、息子は変に意識して、本人らしい相撲が取れなかったように見えました。土俵を降りる時も暗い表情をしていたので、主人が「会いに行ったほうがいいかもしれない」と言い、1時間ぐらい父子で話をしていました。

――4月8日、「スポーツ×ヒューマン」(NHK総合:木曜、25:45〜26:30)で「弱くて楽しくなくて でも信じて 大相撲 貴景勝」が放送されました。番組の中で、貴景勝さんは御嶽海(26)に負けた時のスポーツ紙を壁に貼り、「負け方が悪かった。考えたことが出せなかった」と反省していた場面がありましたが、感銘を受けました。

一哉:彼は歴史が好きで、よく戦国武将の本を読んでいました。あれは徳川家康の故事に倣ったのかも知れません。家康は「三方ヶ原の戦い」(1573年)で武田信玄に敗れた際、恐怖のあまり脱糞するという醜態を晒しました。

 そのみじめさを忘れないように、脱糞した時の絵を描かせたという話があります。御嶽海に寄り切られた時の悔しさを忘れぬようにと、彼もスポーツ紙の1面を飾っていたのでしょう。気持ちの切り替えは必要ですけれど、悔しさを持続させて明日につなげようとする辛抱強さも大切です。

――千秋楽の栃ノ心(31)戦は、どちらでご覧になっていましたか?

一哉:近くで見ると負けるというジンクスを感じていたので、千秋楽はゲンを担いで自由席の一番上を取り、会場の中に入るのも止めました。廊下で掃除の女性と一緒に、中を覗き見るような感じで観戦しました。

純子:私も一緒に廊下にいました。

一哉:あの取組は、彼らしい相撲でした。一気に押し切ったでしょ。土俵に入った時は、心拍数200ぐらいで、押し切った時は300ぐらいまでいってたのではないでしょうか……。あの瞬間に死んでもおかしくなかったと思います。

――3月27日、大阪市内で大関昇進の伝達式が開かれました。その口上「武士道精神を重んじ、感謝の気持ちと思いやりを忘れず、相撲道に精進してまいります」も話題になりましたね。

一哉:四字熟語にとらわれず、彼らしい言葉で語っていたと思います。「武士道精神」はずっと私も教え続けていたことでありますし、「感謝と思いやり」は埼玉栄高校・相撲部のモットーです。あいつの22年間が凝縮した口上だったと思います。

――その後、ご家族でお食事などされましたか?

一哉:後援会の方も交えて、芦屋のフランス料理店に行きました。オール巨人さん(67)や桂小枝さん(63)にも来ていただきました。息子は、高いアワビ料理を、たこ焼きみたいにバクバク食べてました(笑)。人も多かったので、あまり話はできませんでしたけど。

――普段は、どうやって連絡を取っておられるのですか?

純子:私はいつもLINEで連絡しています。場所中は毎日、勝っても負けても、一言入れるようにしています。勝った時に入れて、負けた時には何もないといけないと思って。「負けたから何も入れへんのか」って言われますから。でも、勝ち負けって、やる前に何となく分かるんです。土俵に入ってきた時の顔つきを見ると、「今日は勝つな」、「今日は負けそうやな」、本人が迷っている時は、顔も少しくすんで見えます。

――LINEは、どんな内容ですか?

純子:相撲の話はあまりしません。本人が頑張っていると思うことをほめたり、あと、今日は誰々さんが来ているよと連絡したり。ただ、いつもそっけないですけどね。家から出て行ったのが15歳の頃で、どう声を掛けたらいいのか手探りしているところです

――「もう(今場所は頑張らなくて)いいよ」とLINEされたこともあったとか?

純子:玉鷲戦の後に「もういいよ」とLINEしました。本人は「絶対に大関になってみせる」といって聞きませんでしたけど……。私としては、まだ22歳やし、チャンスはいくらでもあると思っていました。

「自分が大関になることを、両親は期待している」と、息子が思いつめているんじゃないかと感じたんです。身体だけ気をつけてくれれば、いつかまたチャンスは巡ってくる。そんなに頑張らなくていいよ――そういう想いが、ずっと場所中にありました。それは今も変わりません。

 それなのに息子は「横綱になりたい」と大関昇進のインタビューでも答えていました。「また自分にプレッシャーをかけているな」と、こっちはいつも心配ばかりです。この子は、いつになったらのんびりできるんだろうと思います。場所が終わると、いつも1週間くらい体調を崩すんです。身体も強いようで、実は弱いんです。

一哉:身体も大きくないし、いつでもフルガチンコでしょ。いつぶっ壊れるかわかりませんよね……。

純子:あの子のことが心配で、ずっと心にモヤがかかっている。夜中に起きてしまうこともあります。ちっちゃいころは、どこか体調が悪かったら、無理やりにでも病院に連れていくことができたけれど、今はそういうわけにはいきません。

 取組で頭から当たったりすると、「今すぐ脳神経科に行って!」って叫びたくなります。お相撲さんのなかには若くして亡くなる方もいて、そういう話を聞くたびにガクッと気分が落ち込みます。

■周りの学校を“制覇”した中学時代


――親としては、常に心配ですよね。

純子:身体が細身だったので、実はいつか相撲の道を諦めてくれると思っていたんです。小学校6年生の時、相撲の大会を見に行きましたが、周りは170センチ超えのお子さんばかり。そんな中、150センチ弱のうちの子がポツンと立っていました。

 それを見て、「いつか相撲をやめるのかな」と思ったんです。ずっと応援していましたけど、心のどこかでは「プロになれないんじゃないか」という予感が消えませんでした。そもそもプロを目指しているということも、小学校6年生の卒業文集で初めて知ったんです。「この子、本気でプロになりたいんだ」と驚きました。

――生まれた時から、小柄だったんですか?

純子:芦屋の市民病院で生まれたのですが、何のご縁か、元横綱の稀勢の里さんも、ここで出生されたそうです。生まれた時は2900グラム。やや小柄でしたね。

 ミルクを飲みたがらず、離乳食も口にしようとしない。食べないから、1時間や2時間で目を覚まして夜泣きを始める。1歳や2歳の頃は、どうやってご飯を食べさせようということばかり頭にあって、ノイローゼになるかと思いました。

一哉:骨太ではあったものの、細身だったんですよね。とにかく小食な子供でした。

――胎教もされていたと聞いています。

純子:お腹のなかにいる時から、色々と話し掛けたり、カセットテープで音楽を聞かせたりしていました。生まれてからも絵本の読み聞かせをしていましたが、本人は知らんぷり。ウルトラマンと怪獣を四つに組ませて戦わせていました。その頃から、戦いの遺伝子が組み込まれていたのでしょうか。今思えば、私は詮無きことをしていたのかも知れません。

 当時は、子供のために“レール”を敷こうと必死になっていました。勉強させて、いい学校に入って、いい将来を送れるようにとばかり考えていました。芦屋という場所柄もあって、周囲はお医者さんのお子さんばかり。少し焦っていたんでしょうね。

 小学校は西宮市にある仁川学院に通わせましたが、1クラス30人のうち、そのままエスカレーター式に進学するのは5人ほどだったでしょう。灘、甲陽学院、大阪星光学院といった、受験に強い中学校に入学するお子さんがほとんどだったのです。

 そんな感じでしたから、息子が小学生になると、人に薦められたことは塾や習い事は全部やらせていましたね。塾なら最高で3つ掛け持ちさせていました。公文に通って、中学受験の塾「浜学園」に行かせて、という感じです。習い事もいいと聞いたことは全部させていました。それが幼い彼を追い詰めてしまったのかもしれません。

 彼が小学校2年生の時、母の日に一輪のバラを買ってきたことがありました。「どうしてかな?」と思ったら、その日、返ってきた塾のテストの点が悪かったようなのです。怒られないようにということだったのでしょうね。気づかないうちにずいぶんと追い詰めてしまったのだと今では反省しています。

 それ以来、彼からバラを貰ったことはありません。その一度だけです。それ以来、塾はやめさせて、習い事も絞るようにしました。その中で相撲が本人には合っていた。勉強に関しては、受験が近づいて来たら、もう一度やらせればいいかなと思っていました。

一哉:あれもこれもってやったら何事も身につきません。私としては、頭は良くなくちゃいかんが、学歴はなくてもいいと思っていた。私はバブル崩壊に際して、山一証券や拓銀の破たんも経験しました。いい大学に入って、一部上場の企業に入れば将来安泰なんて時代ではなくなったと肌で感じていたのです。

――相撲を始めたのはいつごろだったのでしょうか?

一哉:小学校3年の頃です。伊丹のわんぱく相撲に出て、「面白いなぁ」と思ったようです。その後は、尼崎の関西奄美相撲連盟という相撲道場で本格的に始めました。

――食事も大きく変わりましたか?

純子:最初は温かいご飯を食べさせようとジャーみたいなのを使っていたのですが、それでは量が少なくて、最終的にタッパ―にご飯を詰めて、玉子3、4個で玉子焼きを作って、お肉もいっぱい焼いて持っていかせました。

一哉:稽古の後に、近くの吉野家で特盛3杯とか、びっくりドンキーで450グラムのハンバーグを3枚に大ライス3皿とか、とにかく量を食べさせました。

――反抗期はありましたか?

純子:主人にはなかったと思いますが、私にはこっそりとありました。小4までは、私の言うことを聞いていたのですが、身体が大きくなるにつれて、だんだん聞かなくなってきて……。

 力で勝てるようになったと分かったのでしょうね。それから言い合いになったりもしました。中学生の頃、ケガで1年間稽古が出来なくなった時期があって、その頃は、いつも主人が帰ってくる20時半ギリギリになってようやく帰ってくるような生活を送っていました。

一哉:あいつは中2のころ、腰を疲労骨折したんです。主治医から「稽古を止めて、体育の授業もすべて休ませてください」と言われました。手術もできず、自然治癒を待つほかないとの診断で、ずっとコルセットを巻いて暮らしていたのです。

 その頃、尼崎や西宮の中学に殴り込みにいったりしていたようです。ウチの息子をリーダーにして、野球部やラグビー部の子とよく喧嘩をしに行っていました。本人も「このあたりの学校は、全部制覇した」と言っていました。

純子:本人もままならない日々が続いたようです。私が心配になって声を掛けると、「うるさい! ほっといてくれ!」と、壁をドンッなんて叩いたこともありました。あの頃は、壁に2個ぐらい穴が開いていましたね。

一哉:反抗される親も悪いと思います。それに喧嘩というか決闘ですよね。私は「絶対に年下と喧嘩したらいけない」、「女性は年上でも絶対に手をあげてはいけない」と強く言い聞かせていました。

――結構、大変だったのですね。

一哉:普通のオカンは「ハイハイ」ってかわして、まともにぶつからないでしょ。でも家内は息子と五分と五分で怒鳴りあいますからね、

純子:過干渉だったんですよね。けど、言うこときかないわりに頼ってくる。朝に「学校へ送ってくれ」とか。けど、それもまた嬉しいじゃないですか(笑)

一哉:私は送っていきませんでしたよ。バス停まで遠かったですから。「歩いて行けーっ」て言うと、「おかんやったら乗っけて行ってくれんのに」なんて、ブツブツ言っとりました。

純子:あの頃は、ずっとあの子が心配だったんです。実は1度、死にかけたことがあったんです。真夏の暑い日、帰り道の途中に熱中症で倒れてしまいました。運動はできるくせに、不思議と歩けない子なんです。

一哉:その日は、たまたま家にいて、救急隊員の方から電話で連絡がありました。「息子さんが倒れていて、県立病院に搬送しました」と。偶然通りかかった方が通報してくれたようです。もし誰も通りかからなかったら、あの時、死んでいたかもしれません。


■1か月の食費が30万円


――小学校を卒業すると、相撲部が強豪として知られる報徳学園中学校に進学。そして3年生の時、全国中学生相撲選手権大会に優勝し中学生横綱のタイトルを獲得されました。

一哉:あの頃は、稽古に明け暮れていましたからね。阿武咲さんが近畿大学相撲部で稽古をした時は情報を嗅ぎつけて「一緒に稽古させてください」と出稽古を申し込みました。幸いなことに快諾をいただきましたけど、もうボコボコにやられました。

 あれで、彼の意識が変わったと思います。“やらされる稽古”ではなく、“やる稽古”になりました。彼の中に自主性が芽生えた瞬間でしたね。それでも、決して順調な相撲人生ではなかったと思います。今は22歳ですが、苦難の連続なんじゃないでしょうか。

――中学生の時など、傷だらけで帰宅されるんですか?

純子:そこまではなかったです。ただ、いつも汗まみれでかえって来ていました。洗濯物が多くて大変でした。ズボンも毎日のように破けるので、ミシンで手縫いして直していましたね。

――ご飯の支度は大変でしたか?

純子:1か月で食費が30万円ぐらいに達していました。同じスーパーで毎日、お肉200グラムを5パックぐらい買っていたので、周りのお客さんに「ご家族は何人いらっしゃるの?」とか、「どこかの寮母さんですか?」と声を掛けられたこともありました。

 買い物というよりは買い出しで、スーパーから帰る時は大量の袋を腕に下げて、まるで“かかし”みたいでした。手がちぎれるかと思うほどの量でした。

――ご本人はテレビの取材で、お母さんへの感謝の言葉を述べられていました。

純子:実は本人から直接言われたことはないのです(笑)

一哉:外に出たら分かることですけど、料理するのも、洗濯するのも大変なことです。おまけに相撲の世界は上下関係が厳しいですから、何でもしないといけない。息子も高校の相撲部で寮生活を経験し、貴乃花部屋、今の千賀ノ浦部屋で一番下として頑張っているうちに、母親の大変さが身に染みて分かったのかもしれません。

純子:私、ダメなんですよね。何から何までやってしまう。

――美人母と良く言われますけれど、ご本人としてはいかがですか?

純子:堪忍してください……。今まで全然、美人だなんて言われたことないのでびっくりして。もっと美人な方はたくさんいらっしゃるのに。

――美人って言われたことないんですか?

純子:ないです、ないです。芦屋でも全然気づかれません。街を歩いていても声掛けられることは全然ありません。

一哉:テレビなら私と息子、ゴツイ2人が一緒に映りますから、その分、引き立てられて美人に見えるんじゃないですか?

 あと相撲取りのお母さんというと、肝っ玉かあさんを想像するひとが多いでしょう。そういうイメージとは違うのでしょう。

純子:私が小さいから息子も小さくなってしまったのかなって、なんでもう少し大きく生んであげれなかったんだろうと、本人に「大きく生んであげられなくてごめんね」と謝ったこともありました。

――そういえば、今日は和装姿じゃないのですね。

純子:それも何だか誤解されちゃって。女性自身さんの取材の時も、伝達式の後だったから和服だったんです。いつもは全身ユニクロですよ。サンバイザーなんかも付けちゃっているし。

――貴景勝は、「令和の横綱」として1番に名前が挙がります。ご両親の横綱への思いをお聞かせください。

一哉:男子の本懐を遂げてほしい。横綱には時間を掛けてなるものではないから、大関になったことに満足せず、そのまま横綱まで駆け抜けてほしい。大関は3場所が必要ですが、横綱は2場所連続優勝というのが基本条件です。ある意味、大関の方が条件は厳しいのです。若いうちに横綱になれるなら、なっておくに越したことはありません。

純子:横綱になりたいという想いは、私にも痛いほど伝わってきます。できるかぎりの応援をしていきたいです。ただ、やはり母親としては、自分の身体を労わることも忘れないでほしい。

週刊新潮WEB取材班

2019年5月12日 掲載

関連記事(外部サイト)