羽生結弦が心酔した「オカルト整体師」追放の舞台裏

羽生結弦が心酔した「オカルト整体師」追放の舞台裏

羽生結弦

■羽生結弦が心酔した「オカルト整体師」追放の舞台裏(1/2)


 五輪を連覇したフィギュアの羽生結弦は、先の世界選手権で絶対王者から転落。彼はオカルト体験を語る整体師に心酔し、チーム羽生に帯同させてきたものの、整体師ご当人は既にチームを離れたと言う。追放・放逐劇の様相を呈する“事件”の舞台裏をリポートする。

 ***

 成功した多くのアスリートが怪我や後遺症と無縁ではないように、羽生結弦(24)も五輪連覇と引き換えに、ピンを抜いた手榴弾を右足首にぶら下げた恰好だ。氷上という戦場で更にレバーが外れれば爆発する他ない。

 去る4月20日の朝、羽生を一目見ようと、故郷・宮城県仙台市で待ち構えていた妙齢の女性は、

「同じ空気が吸えただけで、大感激です」

 と話した。羽生はこの日、五輪連覇の偉業を讃えて市が設置したモニュメントの発表式に参加。会場に入れなかったファンは、会場の外から羽生の出入りを窺うばかりだったが、それでも「同じ空気が吸えた」のである。

 改めて、忍耐と苦悶に挟まれた羽生の今シーズンを駆け足で振り返っておくと……昨年9月から11月にかけて開催された、オータムクラシック、フィンランド杯では首位に立ったものの、続くロシア杯のフリー演技前に行なわれた公式練習で右足首を負傷。痛み止めを服用しながらフリーを滑りきり、総合でトップの座を死守した。

 しかし、172センチ57キロの体躯に負担は重く、12月の全日本選手権を治療のために欠場。そして、4カ月ぶりの復帰となった今年3月の世界選手権で、宿敵であるネイサン・チェン(米)に敗れ、「絶対王者」から転落することになった。

「自分にとっては“負け”は“死”も同然」

 と、勝ち続けなければならぬ王者の苦悩と孤独を明け透けに口にした羽生は、打開策について、冒頭のイベントで、

「4回転半は夢じゃなくてしっかり習得したい。4回転半を初めて公式試合できれいに決める人になりたい」

 と語っている。元フィギュア五輪代表の渡部絵美氏によると、

「世界選手権ではミスもあり、首位のネイサン・チェン選手が総合323・42点だったのに対し、約22点も差が開いてしまいました。一番の問題は、チェン選手と比べて羽生選手は、プログラムに組み込める4回転ジャンプの種類が少ないのです。そのことは彼自身、よくわかっています。加えて、得意な4回転ループは右足首にかかる負担が大きく、いつ怪我が再発するかわからない。だからこそ、4回転半なんです。跳べるジャンプの種類を増やせば、その分、引き出しも多くなり、状況に合わせてプログラムを組むこともできるようになります」

 4回転半は羽生が抱える難点を一気に解決するものではあるが、問題はそれを誰も跳んだことがなく、“夢”の段階ということだ。


■心当たりに“チャクラの仙人”


 栄枯盛衰、盛者必衰とはいえ、平昌五輪からわずか1年で追われる側から追う側へ。実際、公表されているわけではないが、ライバルの後塵を拝する恰好となった“原因”について、日本スケート連盟の関係者がその心当たりを打ち明ける。

「コーチのブライアン・オーサーと共に、いつも羽生に寄り添っていたあの人が、ぱったり姿を見せなくなっているのです」

「あの人」とは、菊地晃氏(63)のこと。仙台市内で「寺岡接骨院きくち」を営む一方、15年に亘って、羽生を見守ってきた整体師である。白髪頭で柔和な表情の老人が羽生に“気”のようなものを送るシーンを、何とはなしに目にした方もすくなくなかろう。あるいは、2014年のGPシリーズ中国杯における「6分間練習」で羽生が衝突・流血した際にも、頭に大きな包帯を巻く羽生を支える姿が大きく報じられている。単なる整体師を超え、精神的な突っかえ棒であることを物語る場面だった。

「羽生が首にさげているペンダントがありますよね。あれは、菊地さんが贈ったものです」(同)

 事実、「女性自身」19年3月26日号に、菊地氏自身が、

「あのペンダントのマークは、私が経営している接骨院のシンボルとして作ったものです。タイの寺院で思い浮かんだデザインに、私が好きな言葉『希望、維持、破壊、慈愛』の頭文字、〈K・I・H・J〉を配しました」

 と、スピリチュアルな体験を語っている。

「彼は整体師であり柔道整復師なんですが、一方で、オカルト方面にも詳しい。独自に開発した『奥義』のようなものがあり、身体の一部を軽く押して瞑想することで、そのバランスを整えていく。スケート連盟のメンバーだけでなく、羽生ファンの間でも有名で、“チャクラの仙人”などと呼ばれていました」(前出・スケート連盟関係者)

 チャクラとは、サンスクリット語で円や輪を意味し、ヨガでは人体の生命エネルギーの中枢を指すとされる。


■リンクサイドにも


 菊地氏のところへ羽生がやってきたのは小学2年から3年にあがるころだった。近所で練習をしていた際に足首を捻挫して、父親に連れてこられたという。「怪我をしやすい」という羽生に体幹を鍛えるべくアドバイスをしたのが、2人の蜜月の始まりだった。

「菊地さんが13年から『チーム羽生』へ本格的に加わったのは、羽生ママが彼の考えに共鳴した部分もあったと思います。あと、羽生の追っかけから、認められてチームに加入し、ママの秘書的な役割を担っている女性がおりまして、その人物と菊地さんはうまくやってきた。だから、ママも彼に悪い印象は抱いていなかったのでしょう」(同)

 その影響力はチーム全体に及び、母親をはじめメンバー全員が、菊地氏から配布されたブレスレットを身に着けていたこともあった。

「リンクサイドに入れる人間はせいぜい1名か2名なのに、演技やジャンプの指導者ではない菊地さんがそこに立つことがままありました。それだけ、羽生も菊地さんを信頼していたのです。オーサーよりも目立っていましたよ」(同)

 アスリートがオカルトに入れ込むのは、そう珍しいことではない。たとえば、貴乃花には“洗脳騒動”の震源となった「謎の整体師」がいた。また、元プロ野球選手の中村紀洋は「気功師」にハマり、“気”が込められたブレスレットを愛用していると報じられた。

(2)へつづく

「週刊新潮」2019年5月2・9日号 掲載

関連記事(外部サイト)