那須川に勝ったら1000万円 対戦が叶わなかったフリープロボクサーはどう観たか

那須川に勝ったら1000万円 対戦が叶わなかったフリープロボクサーはどう観たか

中村優也

 5月18日、AbemaTVの名物企画である“○○○に勝ったら1000万円”が配信された。今回は、キックボクシング界の“神童”那須川天心(20)を相手に、ボクシングで勝利したら1000万円というモノ。

 そこへ名乗りを上げたのが、海外を拠点とするフリーランスの現役プロボクサー中村優也(29:元WBCアジアバンタム級王者)である。しかし、彼が挑戦者に選ばれることはなかった――。

 ***

 那須川が対戦したのは、タイの元WBA世界スーパーフライ級王者テーパリット・ジョージム(30:世界王者時のリングネームはテーパリット・ゴーキャットジム)と、プロ経験はないものの同志社大ボクシング部出身で、現在は大阪でアマチュアボクシングジムを構える藤崎美樹選手(29)だった。

 試合は、ヘッドギアありで1名につき1ラウンド2分を3回、勝敗は判定なしのKOのみというルールで行われた。結果を言ってしまえば、那須川選手は両名にKOされることなく、無事1000万円を“死守”した。

 4月12日付で配信された「Abema『那須川に勝ったら1000万円』 名乗りを上げたフリープロボクサーが怒る理由」(デイリー新潮)で、自分が対戦相手に選ばれたら勝つ、と豪語していたのが中村選手だった。そこで、中継を見終えたところで感想を聞いた。

中村:那須川選手のボクシングレベルは高いと思いますよ。完璧なボクシングのスタイルとは言えませんが、身体能力はもちろん格闘技センス、空間を把握する能力が高い。相手のクセであるとか距離の取り方、攻めのパターンであるとか、見極めが早い。しかも、ラウンドを重ねるごとに、身体も温まってきたのでしょう、動きもどんどん良くなっていった。

 前回の取材でも、那須川の身体能力の高さについては認めていた。

中村:那須川選手は、最初の相手であるテーパリットとはやりにくそうに見えましたね。相性の問題だとは思いますが、彼のほうが前に出てきて、ラフな動きをしていましたからね。一方、藤崎さんは、本来のスタイルで戦うことができず残念でした。藤崎さんはもともと、ピョンピョンと足を使って距離を取って、当てにいくパンチをベースにした、昔のアマチュアのタッチ・ボクシング・スタイルなんです。でも今回、那須川選手に勝つにはKO、倒さなければならなくなった。それで比較的判定勝ちの多かった藤崎さんは戦い方を変えざるを得なくなったんです。巧い選手ですが、本来のスタイルでは倒すことはできない。倒すためにはパンチを強く打たなあかんから、距離も近く、足をベタッと着けていた。そうなると次の動きを取りずらくなるし、那須川選手からパンチを受ける危険も高まったわけです。

 もっとも、那須川選手は苛立ったのか、藤崎選手を投げるようなシーンもあった。かつて亀田大毅が、内藤大助(当時WBC世界フライ級王者)に対して行った投げ技を思い出した方も少なくなかったのではないか。

中村:そのあたりは藤崎選手は戸惑ったかもしれません。アアマチュアでは反則を取られますから、藤崎さんも対応できなかったように思います。SNSなどを見ると、“天心の態度、悪い”とか書き込んでありましたが、今回、那須川選手が行った押し込みや倒すといった程度なら、プロなら反則は取られません。海外ならよくあることですけど、やっぱり日本だと、肩で押し上げるなんてフェアとは言われません。格闘技界を代表する選手だからこそ、その辺は気をつけてもらいたかったですね。


■なぜ選ばれなかったか


 ところで、中村選手は4月13日に行われたオーディション(面接&スパーリング)で、先のテーパリットとはスパーリングで相まみえた。

中村:今回の配信でも、僕がテーパリットにスパーリングで追い込まれるシーンが、たびたび流されていましたね。言い訳になってしまうけれど、確かにやられたなとは思いました。でも僕が押し込んだ場面もありました。聞いた話だと、僕らフリーランスのプロボクサーが企画に参加を表明したのは、Abemaにとってはアクシデントだったようで、急遽、テーパリットが呼ばれたみたいです。もともとテーパリットとは飲み友達でもあるので、スパーリングの会場にいきなり現れ、彼のほうから「ユウヤ! ユウヤ!」と近寄って来たときは驚きましたよ。「なんで、こんなところにいるの?」と聞くと、「仕事! 仕事!」と言ってました。まさか、自分の相手になるとは思いませんでしたが……。

 それはそうだろう。かつて世界スーパーフライ級王者として、亀田大毅や名城信男を撃破したテーパリットだが、引退して2年。上限52.163キロだった元チャンプは、69.5キロにまで“成長”していたからだ。

中村:計量で僕は58.5キロでしたから、実に11.5キロ差。プロなら10キロの差があれば、重いほうは左手1本で相手を止められるほどと言われています。でも、2年前に引退しとるし、デブやし……3分1ラウンドだけだから、打ち合いにいってしまった。他のスパーは同程度のウエート同志でやっていたんですけどね。

 中村選手はわずか3分のスパーリングで落選する。いうまでもないが、スパーリングは勝敗を決めるものではない。ならば、動きの良い両者を対戦候補者として選ぶ手もあったはずだ。

 そもそもこのスパーリングで、ボクサーグループと異種格闘技グループ、それぞれ4名に絞られてトーナメント戦が行われた。那須川選手はボクサーと異種格闘技の選手と対戦するはずだったのだ。だが、異種格闘技グループの勝者が怪我で出場を辞退すると、なぜか残った5名(1名がさらに辞退)の人気投票を開催。もちろん1位は元世界チャンプのテーパリットだ。トーナメントでは藤崎選手に敗れたテーパリットが敗者復活し、結果的にボクサー2名が那須川選手と対戦することになった。お粗末な選考というしかあるまい。

中村:そこは僕が決めることではありませんからね。でも結局、運営サイドからは、スパーで「落ちた」とも「受かった」とも何の連絡もありませんでした。書類選考にはちゃんと対応してくれたんだから、落ちた理由くらいは知りたかったですけど。結果的に那須川選手はテーパリットに倒されなかったわけですが、それでもうええんちゃいますか。彼は日本の宝ですよ。なんであんな働かされなければあかんのか。僕は若いときから、海外で無茶な試合もしてきました。もうすぐ30歳になりますが、すでに体にはガタが来ています。那須川選手をそんな扱いでいいのでしょうか。あまりにも雑すぎますよ。

 AbemaTVは、今度は那須川選手と亀田興毅を6月22日に対戦させると試合直後に発表した。2人とも“勝ったら1000万円”を経験済みだ。

中村:次の試合までスパンも短いから、那須川選手にとってはボクシングの勘も忘れずに済む。有利かもしれませんけど、現役のキックボクサーなのに可哀想になってきます。

 ところで、亀田興毅は本当に強いのか。

中村:うーん、3男の亀田和毅選手は強いですけどね。興毅は賢いですからね、サウスポー同士ということもあり、那須川選手を苦しめることはできるかもしれませんけど……。

 中村選手は那須川選手との対戦を望まないのか。

中村:アジアバンタム級のベルトがなくなったので、いまは口を挟める立場じゃない。でもね、今回、嫌われ役を買って出たことで、自分、知名度が上がったんですよ。フリーでボクサーをやりたいという人たちから相談を受けたりしています。ですから、今後はもっとフリーのボクサーのために動きたいと思っています。もちろん、もう少し僕も現役を続けます。まずはタイトルを取らないと。フリーのボクサーを集めて6月30日に大阪で試合を組みます。タイトルマッチはボクシング連盟では1日3試合しか組めないことになっていますけど、僕や若手のいい選手などのタイトルマッチを4試合組むつもりです。それほど大きなタイトルではありませんけどね。今回いい意味で、プロデュース、売り方、見せ方を勉強させてもらいました。この経験はプラスにしないとね。

週刊新潮WEB取材班

2019年5月20日 掲載

関連記事(外部サイト)