池江璃花子「白血病告白」から3カ月…一時退院も囁かれる18歳の闘病生活

池江璃花子「白血病告白」から3カ月…一時退院も囁かれる18歳の闘病生活

7月に19歳を迎える

 衝撃の告白から3カ月。来年の東京五輪では金メダル確実と言われていた競泳の池江璃花子選手が公式HPを開設した。ファンの応援メッセージが殺到するそのサイトに綴ったのは「現在、治療は順調に進んでいます」という直筆メッセージだった。一時退院も囁かれる18歳の闘病生活。

 池江選手のオフィシャルサイトがオープンしたのは、8日のこと。

 マネジメント事務所によれば、

「これまでツイッターやインスタグラムでファンの方々からコメントをたくさんいただく中、一つのサイトを作った方が彼女もやり易いと、開設に至りました」

 競泳ファンのみならず、日本中に衝撃が走ったのは、2月12日のことだった。池江選手がツイッターで白血病に罹患していることを告白。その後の闘病について、さる競泳関係者が語る。

「当初入院していた病院から転院し、より高度な治療を受けられる都内の有名病院に現在も入院しています」

 ぬり絵やパズルをし、映画を観ているともサイトで本人が明らかにしている。

「現在の容体は安定していると聞いています。ひとまずの治療が一段落し、一時的に退院できるのではないか、というところまでたどり着きました。抗がん剤による化学治療の頻度も落としていくとか」(同)

 良い方向に向かっていると周囲は認識しているのだ。


■復帰後


 彼女の現状について、血液・腫瘍内科が専門の医師で医療ガバナンス研究所の上昌広理事長によれば、

「池江選手は年齢から、急性リンパ性白血病と考えられます。この場合、まず強力な化学療法を行います。4〜5種類の抗がん剤をミックスして点滴などによって投与する“寛解導入療法”が無菌室で4週間ほど行われます」

 それでも白血病細胞は体内に残るため、

「それまで使用していない別の抗がん剤を追加して、“地固め療法”を行います。1カ月ほどの治療を4回から5回、計半年ほどかかります。順調に進んでいれば、彼女はこの地固め療法の2回目に入った頃ではないでしょうか」(同)

 別の白血病専門医が言う。

「寛解導入療法が終わると、リフレッシュのために一度帰宅させることが検討されます。外の空気を吸ってから再入院し、治療に取り組むというわけです。また、この段になると、点滴の本数が減ることもあります」

 根治まではまだまだ長い道のりだ。

「この地固め療法の後、白血病細胞が十分に減っていると確認できれば、飲み薬の抗がん剤による治療へ移ることになります。あるいは再発の可能性が高ければ、骨髄移植を待つという選択肢もあります。ただ、一般に若い人、例えば、50歳より回復力のある20歳の方が治る可能性は高くなります」(同)

“復帰”に向けての動きもある、と先の関係者が続ける。

「彼女のコーチである三木二郎さんは当初、病気に関し“自分が厳しいトレーニングを課したからではないか”と自責の念にかられていました。しかし、病気とトレーニングの因果関係は全くない。五輪でメダル争いのできる選手に戻れるかどうか、は別にして、最近では三木さんは“復帰後のメニューも考えている”と漏らしています。池江選手本人もその後のことを思い描き始めているそうです」

 再起までには、

「サラリーマンでも職場復帰まで1年はかかります。アスリートであればそこから筋量や心肺機能を戻していくことになるので、2年は必要でしょう」(上氏)

 東京五輪が絶望的だとしても、次のパリ五輪が待っている。

「週刊新潮」2019年5月23日号 掲載

関連記事(外部サイト)