渋野日向子が「笑顔を絶やさない」理由を、友人・母親・元コーチが明かす

 ナイスショットも観たいけど、よっちゃんイカをパクつく姿も可愛いのである。世界が注目する大一番でも、息詰まる一進一退の攻防でも、決して笑顔を絶やさない。渋野日向子(しぶのひなこ)、弱冠20歳。人呼んで“スマイル・シンデレラ”の誕生秘話。

 世界はおろか日本でもほぼ無名のルーキーがゴルフ全英女子オープンを制した。海外メジャーの日本人Vは男女通じて樋口久子以来42年ぶり。快挙は海外でも大きく報じられた。

 ゴルフに興味のない方も一度彼女のプレーを観てはいかがか。とことんゴルフを楽しむその姿は観ているこちらをも楽しませる。

「日向(ひな)ちゃんは運動神経が良くて、運動会のリレーも毎回アンカーでした」

 と同級生の佐藤奈穂さんが明かす。

「小5か小6の時、クラスで腕相撲をすることになり、日向ちゃんがあまりに強いので“日向ちゃんvsクラス全員”になった。でも、男の子を含めて誰も日向ちゃんに勝てませんでした」

 実は、渋野がゴルフを始めるきっかけを作ったのは奈穂さんだった。

「小2の時、練習場でゴルフを教えている父から“無料レッスンやるから友達を連れてきて”と頼まれて、一番仲良しだった日向ちゃんを誘ったんです」

 奈穂さんの父・純さんは、岡山県のパルグリーンゴルフクラブ専属のコーチ。純さんは、渋野が人生で初めて打ったショットを鮮烈に記憶しているという。

「ジュニア用の7番アイアンで、50メートルは飛びました。1球目ですよ。鋭いスイングでボールにちゃんと当たったわけですから、びっくりしました。これは違うなと思いました」

 渋野の母、伸子さんもその日のことを忘れられない。ちなみに、伸子さんは筑波大でやり投げの選手だった。

「1時間ずっと集中して打っていました。そこまで集中力がある子じゃなかったので、きっとゴルフが好きなんだろうなと。レッスン後に“やる?”と聞いたら“やる”と言うので習わせることにしました」

 以来、渋野は毎週、純さんの元に通い詰めた。


■おばあちゃんの梅干し


 再び純さんの話。

「明るい日向ちゃんは常連さんにも人気。でも、負けん気が強くて、一緒に回っていても、ボギーが続くと、むすっとして感情が表に出る子でした。私がそれを叱ると涙を流していましたね。ですから、プレー中も笑顔を絶やさない今の姿を見ると、日向ちゃんの精神的な成長を感じます」

 ちなみに“もぐもぐタイム”は当時からのもので、

「食べるのが好きで、いつも口をもごもごさせながら練習していました。『ぷっちょ』とか、おばあちゃん特製の梅干しとか。周りにも配ってました」(同)

 高校は、スポーツ名門の岡山県作陽高校に進学した。

「その頃には日向ちゃんもプロになることを意識していて、“ファンと話したり、サインしたり、サービスができる選手になりたい”なんて言ってました」(同)

 高2で団体全国優勝を果たした渋野だが、彼女の学年は畑岡奈紗や勝みなみら強豪犇(ひしめ)く“黄金世代”で、個人タイトルには恵まれず。

 同高ゴルフ部監督の田渕潔氏によると、

「高3の時、渋野から“大学にもプロにも行かず、就職したい”と相談を受けました。不安だったんでしょうね。それを聞いて私は“ゴルフをやめるなんてもったいなさすぎる。お前がプロにならなきゃ誰がなるんだ”と叱りつけました」

 もっとも、渋野は最初のプロ試験には不合格。笑顔の陰に涙あり、である。

 全英は自宅で観戦していたという伸子さんは、

「家に帰ってきたら好きなものを食べさせてあげたい。ブリの照り焼きとほうれん草のお浸しとか」

“シンデレラ”のお腹が鳴る音が聞こえる。

「週刊新潮」2019年8月15・22日号 掲載

関連記事(外部サイト)