阿部詩を柔道金メダル候補に育て上げた「じゃりン子チエ」の風景

 神戸にある和田岬は大阪湾に突き出た岬で、南北朝時代には新田義貞軍が本陣を構え、東上してきた足利尊氏軍を迎え撃った要衝の地である。柔道52キロ級の金メダル候補、阿部詩(うた)(19)はかの地で生まれ育った。

 明治以降、和田岬には造船所が造成され、やがて三菱重工や三菱電機などの工場にとって代わられた。現在の和田岬を歩くと、ところどころに昭和の残り香を感じ取ることができる。

「詩ちゃんはお肉が好き。周りの常連さんたちも、詩ちゃんがいるとすぐ“ママー、肉焼いたって”って言うんですよ。メニュー表にはないんやけどね」

 と笑うのは、和田岬駅近くのお好み焼き店「よりみち」の店主、森好理江さん。

「詩ちゃんは結構食べますよ。冬場はおでんもやってるんやけど、最初におでんの具を5、6個食べたあと、焼き物をペロリと平らげてまうね」

 そんな詩は理江さんに心を許しているようで、

「うちをおばあちゃんの家やと思ってるみたい。ブラジャー見えるんちゃうかってぐらい洋服をバタバタさせて涼んだり、店入ってきていきなりスカート脱ぎだすから慌てて止めたら“短パン穿いてるから大丈夫や”やて。うちには孫が4人おるけど、お兄ちゃんの一二三とあわせて2人増えたようなもんですね」

 兄の阿部一二三(22)もまた66キロ級のホープである。

 店の常連で組織された兄妹の後援会の会長を務める渡部芳幸さんが話を継ぐ。

「お父さんがこの店に来ててね。ママが“この人のお子さんは柔道ごっつい強いんよ”って紹介してくれたんです。ええ、よく応援にも行ってます。いつもいるので、僕のことを2人のお祖父さんやと思ってる人もおる。面倒なんでわざわざ否定しません。もう孫のようなもんやし」

 まるで漫画「じゃりン子チエ」の世界である。


■特待生で学級委員長


“じゃりン子ウタ”が中高時代を過ごしたのは、スポーツ名門の夙川学院(当時)。

「最初に会ったのは、詩が小学4年生の頃。一二三の練習についてきたんですが、その頃の詩は大がつくほどの練習嫌い。道場に行く途中の手摺りにへばりついて“絶対練習せえへん”言うて駄々こねたり……」

 と同校柔道部監督の松本純一郎氏が苦笑する。

「もっとも、努力家の兄とは違って、詩は天才肌。中学に入ってすぐ結果を出し始めました。しかも大会が大きいほど、観客が沸けば沸くほど強くなる。天性のスターですね。面倒見も良くて、今でも練習に顔を出しては後輩たちに稽古をつけてくれます」

 詩はスポーツ特待生が集まるクラスに在籍していた。

「スポーツで実績を出した子を学級委員長にしようと思って、最初に中学日本一の詩にやってもらいました。結局、高校3年間、ずっと学級委員長でしたね」

 と、クラス担任の内橋静先生が明かす。

「1年の最初に詩に“柔道だけじゃなくて、勉強もせなあかんで”と言うと、“じゃあ、詩、一番前で聞くわー”と。それからずっと授業では中央最前列に陣取っていました」

 今春の卒業式では、

「朝から写真とサイン攻めで、教室に避難してくる一幕も。式の後にくれた手紙には“東京オリンピックの金メダルをかけて写真撮れる日を待っててな”と書かれていました。世界選手権やグランプリでもう何度も金メダルをかけさせてもらっているので、あとは怪我せず全力を出し切ってもらえれば」

 東京五輪の前哨戦ともいうべき世界選手権東京大会は今月25日から。狙うは“兄妹アベック金”である。

「週刊新潮」2019年8月15・22日号 掲載

関連記事(外部サイト)