美しすぎる「ビロディド」が世界選手権で優勝 彼女のレジェンドは田村亮子

 「美しすぎる」ウクライナの柔道代表、ダリア・ビロディド(18)が、8月に日本武道館で行われた世界選手権初日(25日)の女子最軽量48キロ級で実力を発揮し2連覇した。

 決勝の相手は日本期待の渡名喜風南(24)。ビロディド172センチに対し渡名喜は148センチと、なんと身長差24センチ。上から覆いかぶさるように長い腕で肩越しに柔道着を掴んでくるビロディドを、渡名喜は巧みにさばいていたが残り1分39秒、一瞬の隙に払い腰で技ありを奪われた。その後ビロディドは、渡名喜の必死の反撃に後ずさりし、指導を2度取られていたが逃げ切った。苦戦だったのだろう。勝った瞬間、激しく泣き、会見で「彼女(渡名喜)は強くて難しい相手でした。勝てて自信になった」と話した。

 一方の渡名喜は「悔しい、の一言。冷静に前に出られたけど、投げられたので負けは負け」と悔し涙にくれた。渡名喜とビロディドは世界選手権の舞台では二年連続決勝で激突している。昨年はあっという間に渡名喜が敗北していただけに進歩はみせた。

■アナコンダ


 さて、このビロディド。圧巻だったのが準決勝だ。モンゴルの元世界王者、U・ムンフバットを相手に激戦になった。ムンフバットは寝技のスぺシャリスト。この日も、決勝までのすべてを間接技や抑え込みで勝ち上がっていた。それがビロディドは寝技の攻防から最後は自らは腹ばいになり、腰から下で仰向けになった寝業師を足で押さえ込んでしまったのだ。その瞬間、満員の武道館が「おおーっ」とどよめいた。めったに見ない決まり技に筆者は技の名前を知ろうと会場を走ったが、かつての全日本選手権覇者(名は伏せる)も元女子日本代表も「見たことない押さえ方。すみません。わかりません」。結局、記録を見ると「崩れ上四方固め」となっていた。ふつうは腕で決めるのを足で決めていたといったところだ。

 立ち技では大内刈り、内股などスピードのある抜群の切れを見せるビロディドは寝技も強い。長い足を使った強烈な三角締めが武器だ。だが48キロ以下で172センチ。「普通はあそこまでスマートだと筋力が落ちるはずだがスーパーモデルのような細身の彼女のどこにそんなパワーがあるのか」(全国紙のベテランの柔道記者)。

 三角締めはうつ伏せになった相手の首元に足をねじ込み、腕で相手の襟をつかんで首を締め上げてゆく。押さえ込みや十字間接にも変化できる。本人は「アナコンダって言われているの」と笑う。

 しなやかなブロンドに碧眼、9頭身のスタイルの良さからモデル業もこなし、鍛えた腹筋が見える水着姿も。今や注目のアスリートだが海外の美人柔道家と言えば、まだ女子柔道は五輪の正式種目ではなかった80年代ごろ、無差別や72キロ級で世界王者5度制し、田辺陽子(世界選手権5度メダル。現日本大学准教授)と熱戦を演じていた、ベルギーのイングリッド・ベルグマンス(58)を思い出すが、小柄民族の日本男子としてはビロディドの方が「胸キュン」か。


■「私にとって偉大なレジェンド」


 48キロ級と言えばなんといっても日本が誇った「やわらちゃん」こと谷亮子(43 旧姓田村・元参院議員)だ。五輪2連覇など5度の表彰台。世界選手権は6連覇を含み7度の優勝を誇る。ビロディドにとってあこがれのレジェンドという。今回、男子全日本代表の井上康生監督の計らいで谷とツーショットの場を設けてもらったという。インスタグラムでは「自分の目を信じることができない! リョウコ・タニのようになることが、子どもの頃の夢だった。彼女は7度世界チャンピオンになり、五輪では5度のメダル獲得を果たした。子どものころ、試合の映像やトレーニングを毎日見たことを覚えている。涙が出ました」。「私にとって偉大なレジェンドで、本当に彼女のようになりたかったから。この偉大な柔道家から、私の柔道における大きな夢が始まった。そして何年もたち、ここ世界柔道のため日本に来て、アイドルに会うことができた! 写真や素敵な言葉をありがとう。そしてこの出会いを企画してくれてありがとう、コウセイ・イノウエ! 本当に光栄です!」と狂喜した。

 さて、木村政彦(戦前から戦後にかけての無敵の柔道家)と山下泰裕(全日本選手権9連覇 ロス五輪金 現JOC会長)、横綱白鵬と大鵬、どっちが強いかの類だが、全盛期の谷ならビロディドに勝てただろうか。立ち技は互角だろうが寝技に持ち込まれたら「やわらちゃん」には分が悪い。かつて審判は寝技になるとすぐに立たせたが、最近はかなり寝技を続行させており、ビロディドに軍配が上がりそうだ。


■文武両道


 「美人大国」ウクライナで生まれたダリア・ビロディド。父親は欧州選手権を三度制し、世界選手権でも3位、五輪にも出場した。母親も柔道家。両親は最初、娘に体操をさせていたが体操のコーチが辞めてしまったこともあり、ダリアは柔道に興味を持って始めたという。めきめき力を付け、17歳以下の世界カデット選手権、欧州選手権などで頭角を現した。

 現在は名門キエフ大学の学生。文武両道にあの美貌。「天賦を独り占めさせて不公平ではないか」と神さんに言いたくなるが「日本が大好き」というビロディドは「来年この会場で再び金メダルを取りたい」と笑顔を見せた。世界選手権ではない。もちろんオリンピックのことだ。何はともあれ、渡名喜との再戦を期待したい。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」「警察の犯罪」「検察に、殺される」「ルポ 原発難民」など。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年8月31日 掲載

関連記事(外部サイト)