久保建英はパラグアイ戦でなぜ得点できなかったのか 日本代表を徹底検証

■確かに非凡だが……


 サッカー日本代表は9月10日、ミャンマー代表と戦う。地上波は日本テレビが午後9時から放送を行う予定だ。2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選における初戦になる。

 ***

 7月に発表されたFIFA世界ランキングで日本は33位。今回予選で日本はF組に入っている。対戦相手のランキングを見ると、ミャンマーは135位。以下、キルギス(95位)、タジキスタン(119位)、モンゴル(187位)という顔ぶれだ。

 いずれも格下だが、サッカーの難しさは、弱い相手の方が厄介な試合になりやすいことだ。引き分け狙いで一切攻撃せず、守りを固めに固められると、どれほど攻撃力に富むチームでも攻めあぐねてしまう。

 それこそ日本五輪代表が1996年、アトランタオリンピックでブラジルを1−0で撃破したという劇的な実例を持つ。「マイアミの奇跡」としてご記憶の方も多いだろう。

 ミャンマー戦の“壮行試合”という位置づけで、9月5日にキリンチャレンジ杯のパラグアイ戦が茨城県のカシマスタジアムで行われた。日本は大迫勇也(29)と南野拓実(24)のゴールで2−0と勝利を収めた。ちなみにパラグアイはFIFAランク39位と、ほぼ日本と拮抗している。

 ミャンマー戦を目前に控えた今、改めてパラグアイ戦を振り返ってみたい。試合内容は大きく異なるかもしれないが、日本代表にどんな課題が浮き彫りになり、どんな収穫を得たのか、確認しておくことは重要だろう。

 鍵を握るのは、もちろん久保建英(18)。そもそもパラグアイ戦でスタジアムが最も盛り上がったのは後半、久保の名前がアナウンスされた時だった。

 大迫や南野の得点時とは違ったどよめきがカシマスタジアムに沸き起こった。出場が発表されただけでサポーターが反応する選手は、近年では本田圭佑(33)と香川真司(30)くらいだろう。

 2人にはそれだけの“実績”がある。だが久保は代表選手としては何の戦歴もない。それだけファンやサポーターの期待が大きいことの裏返しであり、過去にもあまり例のない現象だろう。

 このパラグアイ戦の結果を、翌日のスポーツ紙は以下のような見出しで報じた。(註:全角数字を半角数字に改めるなど、デイリー新潮の表記法に合わせた、以下同)

「見せ場ばかりの45分 久保 直接FK ドリブル突破 バー直撃シュート 『打ったからには決めないと』3度天を仰ぐ」(日刊スポーツ)

「もっとやれる!! 久保 チーム最多タイシュート5本も不発 A代表最年少弾お預けも 次戦10日ミャンマー戦で『トリプル快挙』必ず 『打ったからには全部入れないといけない』」(スポーツニッポン)

 いずれも期待を込めた記事になっているわけだが、どちらが久保の実状に近い報道かと言えばスポニチの方ではないだろうか。

 確かに非凡さを見せつけた瞬間は少なくなかった。例えば後半10分、右タッチライン際で3人のパラグアイ選手に囲まれながらも、それを打開して大迫勇也へとパスを出したプレーは圧巻だった。

 ルーズボールがマイボールになる運もあったが、驚かされたのは3人に囲まれながらもパニックを起こさず冷静に対処したことだ。とても18歳とは思えない。

 1974年の西ドイツW杯で、ヨハン・クライフ(1947−2016)がキャプテンを務めたオランダは、リヌス・ミケルス監督(1928−2005)の発案した全員攻撃・全員守備の「オールコートプレス(トータルフットボール)」でサッカーの概念を一変した。

 そのエッセンスを元日本代表監督のオランダ人ハンス・オフト(72)に聞いたところ、「ボール保持者がヘッドダウンした瞬間に、複数の人間で囲んで正常な判断ができないようパニックを起こさせることです」と教えてくれた。

 ところが久保は3人に囲まれたにもかかわらず、慌てることなく冷静に周囲の状況を判断。プレスをかいくぐるとフリーで寄ってきた大迫にパスを出した。並みの18歳にできるプレーではない。


■疲労で失われたスピード


 後半24分にはペナルティエリア内右で、角度がないように見える位置から左足でクロスバー直撃のシュートを放った。これはFC東京時代から得意とするプレーで、普通の選手ならシュートは難しいと思われる角度からでも、簡単に左右両足でシュートを打てる久保ならではの感覚だ。天性のものだろう。

 そんな久保に対し、後半28分、左サイドでカットインした原口元気(28)がシュートではなく久保へのラストパスを選択したのも驚きだった。

 左サイドでは長友に代わった安西幸輝(24)がオーバーラップしていた。そうした動きをダミーに使ってカットインからのシュートを選択する、良い意味で“エゴイスト”の原口が、パスを選択したのは久保の才能を認めているからに違いない。

 だが、久保は代表初ゴールを決めることができなかった。才能があふれる選手だからこそ、ファン・サポーターはもちろんのことメディアも代表初ゴールを期待している。

 なぜ点を取れなかったのか、その原因はシンプルだ。日本代表のコパ・アメリカ招集に始まり、レアル・マドリーへの移籍とアメリカとヨーロッパでのツアー、さらにはマジョルカへのレンタル移籍と、生活環境の目まぐるしい変化による疲労が考えられる。

 久保が今シーズンに飛躍を遂げた原動力は、瞬時に相手を置き去りにするスピードだ。それがパラグアイ戦では見られなかった。プレーにスピードとキレのない久保では、欧米やアフリカ勢、そして南米の選手に対して優位を保つことは難しい。彼らの身体能力は、久保に限らず日本人選手を上回っているからだ。

 後半が始まってすぐの4分、パラグアイの反則で久保はFKを獲得した。だが本調子の久保なら、あそこは抜いて決定機を演出できたはずだ。それこそが彼のストロングポイントでもある。

 久保以外の選手にも目を向けてみよう。今回のパラグアイ戦で森保一監督(51)は、現状でベストのスタメンを送り出したと思う。そして前半、大迫、南野、中島翔哉(25)による攻撃陣のハーモニーに加われなかったのが堂安律(21)だった。

 前半22分、長友佑都(32)へのパスは見事であり、これが先制点につながった。だが、それ以外の見せ場と言えば、同26分にGKとの1対1から股間を狙ったシュートくらいだった。

 右サイドに張っているもののマーカーを抜ききることはできず、個人技を披露する場面はほとんどなかった。その原因としては直前にオランダのサッカークラブ、PSVアイントホーフェンへの移籍が決まるなど心身のストレスからコンディションの調整が難しかったのかもしれない。

 さらには彼のポジションには久保という強烈なライバルがいるためストレスを感じていた可能性もある。

 実際に後半開始前、コンディション不良によるのか堂安に替わって久保が起用された。それだけに前半の堂安には右サイドで張るよりも中央にポジションを移し、南野や中島との距離を詰めてワンタッチによるコンビネーションでの崩しを見たかった。

 彼が中央にポジションを移せば右サイドにスペースができるだけに、酒井宏樹(29)の攻撃参加も増えたはず。しかし実際には前半30分の2点目をアシストしたシーン以外、酒井がクロスを上げる場面はほとんどなかった。


■中島・南野・久保の“共演”に期待


 課題の次は収穫を見よう。前半の試合を見る限り、森保ジャパンは中島のチームになったと言える。

 左サイドに張るのではなく、パラグアイの4−1−4−1システムの手薄なボランチの「1」のスペースの中央寄りに入り、得意のドリブル突破から好機を演出した。もっとも、この日のパラグアイ相手ならこれくらいの活躍はできて当然かもしれない。

 そんな中島や、縦パスを受けてマーカーのアタックできないエリアに巧みにトラップする大迫に勝るとも劣らない存在感を発揮したのが橋本拳人(26)と冨安健洋(20)だ。

 前半立ち上がりから、左サイドに位置した橋本が攻撃の起点となり、元FC東京コンビの中島へのパスで2点だけでなく、それ以外にもチャンスシーンに絡んでいた。

 ボランチは往々にして、DFラインからパスを受けると相手を揺さぶるための横パスか、セイフティーにバックパスの繰り返しを選択しがちだが、橋本は常に縦への展開を狙っていた。今シーズンのJ1リーグで首位のFC東京では、長谷川健太監督(53)の「ファストブレイク」がキーワードのため、所属クラブでのアグレッシブな姿勢がパラグアイ戦では生きていた。

 元々ボール奪取など守備能力への評価は高く、2016年リオ五輪の有力候補だった。今年3月に守田英正(24)の負傷により急きょ初代表に招集されたが、代表3試合目となるパラグアイ戦では歴戦の勇士のように自信に満ちたプレーで試合をコントロールした。

 当の橋本は「代表に定着できると思うか」という質問に、「いや、全然思っていません。今日もやれたことと、やれないことがあり、やれたこと、得たものもあったので、ミャンマー戦に出る機会があれば勝利に貢献したいです」とあくまで謙虚に答えていた。

 そして前半はCBで出場し、後半は右SBに起用された冨安も評価を高めた選手と言える。CBとしての守備能力の高さと左右両足からの正確なフィードはこれまでもストロングポイントだった。

 それに加え、右SBでは果敢な攻撃参加で新たな一面を披露。このため森保監督も「日本のオプションとしてどういう効果をもたらすかを考えつつ、植田直通(24)もクラブでいいプレーをしているので、使うため冨安を右に持ってきた。改めてどういう戦いができるかを試すために代えた」とコンバートの理由を明かした。

 現状を見つつ、将来を見据えると、吉田麻也(31)と長友、酒井のバックアッパーは必要になる。CB候補には冨安と植田、さらには今回招集されていない昌子源(26)も候補だろう。そして冨安が右SBとして目処が立ったことで、室屋成(25)との争いが始まる。問題は左SBで、長友の後継者にこれといった有力候補がいないことだ。

 ただそれも、贅沢な悩みかもしれない。パラグアイの代表メンバー23人のうち国内リーグでプレーしている選手も、ヨーロッパでプレーしている選手も、どちらも数人にとどまる。多くの選手はブラジルやアルゼンチンでプレーする。南米ではよくある傾向だ。

 それに対し日本は、国内リーグでプレーしているのは4人だけと少なく、ヨーロッパでプレーしている選手は18人を数える。さらにヨーロッパ5大リーグと言われるイングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランスには9人、それ以外にもポルトガルの名門ポルトやオランダのPSVでプレーする選手もいる。時代が変わったと感じるサッカーファンは多いだろう。

 いずれにしても、10日のミャンマー戦が楽しみとなったのは間違いない。もし久保のコンディションが万全となったら、どんなプレーを見せるのか、そして中島・南野・久保の“共演”にも期待が高まる。卓越したドリブルにパスセンスも兼ね備えた3人が組むと、どんなファンタジーが起きるのか、期待するファンも多いだろう。

六川亨(ろくかわ・とおる)
1957年、東京都生まれ。法政大学卒。「サッカーダイジェスト」の記者・編集長としてW杯、EURO、南米選手権などを取材。その後「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年9月10日 掲載

関連記事(外部サイト)