リーチマイケル、中島イシレリ……W杯日本代表の帰化選手は8名、昔と違う名前の事情

■名前がカタカナの選手は14人


 ついにラグビー日本代表は、10月20日、準々決勝で南アフリカ代表と対戦する。国内のラグビーブームは過熱する一方で、13日に勝利したスコットランド戦の瞬間最高視聴率は何と53・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)に達した。

 ***

 日本代表の強さを説明する際、外国人選手の数が多いとするメディアは少なくない。本当にラグビーの日本代表には、外国人が多くを占めているのだろうか。

 公式サイトで「メンバー」として掲載されているのは31人。このうち姓名のいずれかにカタカナが使われている選手を数えてみると14人だった。割合は45・1%となり、約半分と言って差し支えない。

 どうやら、このあたりが「ラグビー日本代表は外国人選手が多く、多様性=ダイバーシティを実現させている」というイメージの源泉だと思われる。

 だが、日本代表31人から“外国出身”の選手をピックアップし、現在の国籍を調べてみると、多様性というイメージは決してチームの状況を正確に表しているわけではないことに気づく。表にまとめてみたので、ご覧いただきたい。

 選手名の表記は、日本代表の公式サイト通りとしたが、「トンプソンルーク」と「ジェームス・ムーア」のように「・」のない選手とある選手が混在している。

 実は表記法が存在する。カタカナで名前が表記される選手で「・」が存在せず、続けて姓名が表記されているのが帰化選手、「・」で分かれているのが外国籍選手と使い分けているのだ。

 2つの表に示した通り、出生時は日本国籍ではなかったり、国籍を選べたりした選手は16人にのぼるが、8人が帰化していることが分かる。

 この8人に、「5歳で日本国籍を選んだ」松島幸太朗(26)を足すと9人。つまり日本代表31人のうち、外国籍の選手は7人と意外に少ないのだ。

 サッカー日本代表よりは多いかもしれないが、その割合は22・5%。逆に日本国籍の選手は77・5%ということになる。少なくとも先の“半分近く”というイメージは間違いだろう。ラグビー担当の記者が言う。

「例えば40代以上の方は、『帰化した選手は、名前に当て字のような漢字を使っているはずだ』という先入観をお持ちかもしれません。サッカーの日本代表で活躍したラモス瑠偉(62)、呂比須ワグナー(50)、田中マルクス闘莉王(38)といった選手たちを思い浮かべれば一目瞭然でしょう。ラグビー日本代表で名前が全てカタカナの選手を見ると、帰化した日本人選手というイメージが、なかなか湧きにくいと思います」

 主将のリーチマイケル(31)が帰化していることはよく知られている。だが、彼の場合、姓名に漢字は使われていないものの、姓と名を表記する順番は変わったことにお気づきだろうか。

 東海大学や卒業後に進んだ東芝ブレイブルーパスで、ニュージーランド国籍でプレーしていた頃は、「マイケル・リーチ」と表記されていた。それが2013年に日本国籍を取得してからは姓と名の順番が逆になり、「・」を消して一気に表記する「リーチマイケル」や、半角スペースを空ける「リーチ マイケル」などと書かれるようになったのだ。

■昔は「日本人的氏名」が基本


 だが、ここで疑問を持つ方も多いだろう。「どうしてラモス瑠偉は名前の一部で漢字を使ったのに、リーチマイケルは全部カタカナでOKなのか」と。

 結論から言えば、少なくとも今は個人の自由ということになる。帰化の歴史を遡れば、かつては「日本的氏名を用いる」という規定が存在した。アイ・ビー飛鳥行政書士法人で代表を務める梶山英樹行政書士が解説する。

「私どもは1970年代から帰化申請のサポート業務を手がけています。その頃の古い資料を見ますと、例えば横浜の高級中華料理店『聘珍樓』の経営者、パンチュウシンさんの依頼を引き受けましたが、日本国籍を取得されて林達雄さんになられました。以前のお名前とは全く関係のない、日本人的な名前になっていることが分かります」

 こうしたケースで最も知られているのが、パトリック・ラフカディオ・ハーン(1850〜1904)が1896年に帰化して日本国籍を取得し、小泉八雲になった例だろう。

 ところが、この「日本的氏名を用いる」という規定は1980年の国籍法、戸籍法の改正に伴って削除された。読売新聞が87年6月に報じた「韓国姓への復姓認める 帰化二世が申し立て/京都家裁」という記事に、以下のような記述がある。

《六十年一月の国籍法、戸籍法改正で、法務省は「帰化許可申請の手引」にある「日本的氏名を用いる」という規定を削除、漢字かカナなら外国姓のままで、帰化が可能になった》

 この改正によって、基本的には、ラモス瑠偉やリーチマイケルという名前が認められたことになる。さらに結婚が影響を与えるケースもある。

「夫婦の国籍が異なる国際結婚では、夫婦別姓が一般的です。しかし外国籍だった方が帰化して日本人のパートナーと結婚され場合は、日本人同士の結婚と全く同じです。そのため、夫婦同姓となります。その時に外国籍だった夫が、日本国籍の妻の姓を選択することは、決して珍しいことではありません」(同・梶山行政書士)

 これに近いケースが中島イシレリ選手(30)だ。トンガ出身で、もともとはイシレリ・ヴァカウタという名前だった。そして14年に中島理恵さんと国際結婚。それから15年に帰化した際、改めて妻の「中島姓」を自身の名に加えて申請したという。

 行政書士アエラス法律事務所の代表を務める瀬戸了輔行政書士は、帰化申請時の「漢字とカナの割合」について、次のように言う。

「私の個人的な経験から言いますと、元の国籍が非漢字圏の方を含めても、全てカタカナで申請されるより、1字でも漢字を加える方のほうが多いですね。『せっかく日本人になるのなら、日本の漢字を名前に使いたい』と考えられるようです」

 ラグビー日本代表の場合、帰化した選手8人のうち、全てカタカナの選手は6人と多数を占める。漢字組が少ないという珍しいケースなのかもしれない。

 改めて表に戻れば、日本の高校や大学でラグビーを経験した“外国生まれの選手”が少なくないことに気付く。

 表の18人のうち、10人が日本の学校における“ラグビー部”を体験している。「3年以上、継続して日本に居住」のルールを適応して日本代表に選出された外国籍の選手は7人にのぼるが、うち3人は日本の高校や大学でプレーしているのだ。

 たとえ外国人選手でも、日本とつながりを持った者が代表に選ばれたことがよく分かる。だからこそ“ワンチーム”なのだろう。カネの力で、縁もゆかりもない“助っ人ガイジン”を多数、雇ったわけではないのだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年10月19日 掲載

関連記事(外部サイト)