企業がサッカーよりラグビー出身者を欲しがる理由 川淵三郎氏も称賛のワンチーム思想

企業がサッカーよりラグビー出身者を欲しがる理由 川淵三郎氏も称賛のワンチーム思想

スコットランド戦後に代表ロッカールームで選手たちが「ビクトリーロード」を歌い終えた際の写真(日本ラグビーフットボール協会提供)

 なにしろ、2011年大会までは24戦して1勝。そのうち1995年大会では、オールブラックスことニュージーランドに17対145で敗れ、それが今もなお最多失点記録になっている。「参加することに意味がある」にしても、哀しい現実ばかりがそこにあった。

 15年大会で南アフリカに奇跡の勝利を遂げ、トータルで3勝したものの予選敗退。ラグビー伝統国と強豪国・地域を指す「ティア1」。世界ランク順に言えば、ニュージーランド、ウェールズ、イングランド、アイルランド、南アフリカ、オーストラリア、フランス、スコットランド、アルゼンチン、イタリアが優遇されるラグビー界特有の“サロン”の扉は重く堅いままだった。

 今回のW杯で日本は、このうちアイルランド、スコットランドと同じ予選グループに入った。最低でもどちらかを倒さなければ悲願のノックアウトステージに進むことはできない。それが蓋を開けてみれば両国を撃破して予選を首位通過したのだ。

〈日本の観衆を有頂天にさせたシャンペン・ラグビーだった〉〈間違いなく美しかった〉(ニュージーランドのメディア「stuff」)

 スコットランド戦で見せた「タックルされながらもフォワードとバックスが三つのパスを繋いで得た2トライ目」などはこんな風に評している。シャンペンとはこの場合、選手が湧き出るように現れて繋ぐ、くらいの意味になる。

 スポーツライターの斉藤健仁氏によると、

「オールブラックスのスティーブ・ハンセンHC(監督)は、“日本はアイルランド、スコットランド、サモアにも勝った。とても調子がよくラグビーを盛り上げている。(日本とは決勝トーナメントが)別の山で良かった。日本は『ティア1』と見做すべきだ。世界トップ8に入っているし、質の高いラグビーをしている。日本は自分たちを誇るべし”と述べています。このように、日本は世界中から賞賛を受けているのです」

 世界は今回の結果を冷静に受け止め、上を下への騒ぎから平静さを取り戻そう、保とうとしているかのようだ。


■“サッカーより先にベスト8に”


 Jリーグの元チェアマンである川淵三郎氏は、ラグビー日本代表監督(89〜91年)を務めた故・宿澤広朗氏との対談を懐かしむ。02年1月から2月にかけてのことだ。

「宿澤さんが亡くなる少し前のことだったかな。私に“W杯でサッカーより先にベスト8にいきます”って言いました。宿澤さんが監督を務めていた時に日本はスコットランドに勝ったことがあったから、“まあ、そういうことも将来はあるかな。でも、そう簡単にはいかないだろうな”と思ったものです」

 17年余の時を超え、“予言”が現実のものとなったことになる。

「ラグビーは代表チームが合宿する期間が長いですよね。今のチームは今年だけでも240日間にも亘って合宿したっていうじゃないですか。男同士でそんなに長く一緒にいたら、倦怠期じゃないけど、もう嫌気が差すよ。でも、そんなことを乗り越え、長い時間をかけて、チームを作ってきた。外国人は合宿って好きじゃないと思うけれど、“我慢できる人物を選んだ”って、日本代表前監督のエディー・ジョーンズは言っていました」(同)

 それが、日本代表のキャプテンを14年4月から務めるリーチマイケルその人だ。

 彼は君が代の練習を他の外国出身選手に課し、「さざれ石」を現地で見学し、日本の歴史指南を自ら買って出た。ペリーが黒船に乗って来航したのは……というような講義も彼らに行ってきたのだ。

「まさに現監督のジェイミー・ジョセフが標榜する“ワンチーム”になっている。大したもんだと思うよ」(同)


■品位、情熱、規律…


 川淵氏ならずとも、日本代表が掲げる「ワンチーム」という思想に共鳴した企業人は少なくなかろう。

「ラグビーはチームスポーツの最たるもので、企業文化との親和性が高い。次々と局面が変わっていく中で、15人全員がその都度、連携しなくてはならない。サッカーはチームスポーツでも、個の力で打開していく部分が大きい。企業がサッカーよりラグビー出身者を求める傾向があるとすれば、そういった理由からでしょう」

 と、経営戦略コンサルタントの鈴木貴博氏は指摘する。ラグビーとサッカーを隔てる根本的な点として、ラグビーは大学が主戦場のスポーツであること、セカンドキャリアが保証されたうえで社会人(トップ)リーグでプレーできること、というものがあるにせよ、なのだろう。それはともかく、鈴木氏は「もう一つの理由」をこんな風に続ける。

「ラグビー憲章では、『品位、情熱、結束、規律、尊重』という五つの精神が最も重視されています。高いレベルのチームでプレーしてきた選手は、これらの精神を体現してきた存在と見做されるわけです。もちろん、同じラグビー部出身の先輩後輩の繋がりの中で、一流企業に就職が決まっていく流れがある。ただ、それも“ラガーマンは五つの精神を体現し、企業でビジネスをする基礎を疑似体験してきた”というストーリーがあるからです」

「週刊新潮」2019年10月24日号 掲載

関連記事(外部サイト)