リーチマイケルにラム肉、堀江翔太にアレルギー対策…ラグビー日本代表・妻たちのW杯

リーチマイケルにラム肉、堀江翔太にアレルギー対策…ラグビー日本代表・妻たちのW杯

アイルランドに勝利し、観客の声援に応える日本チームキャプテンのリーチマイケル

 W杯でアイルランド、スコットランドを撃破したラグビー日本代表に、国内外から称賛の声が上がった。キャプテンのリーチや精神的支柱の堀江を作り出した“妻の手料理”事情は――。

 ***

 2014年から日本代表のキャプテンを務めるリーチマイケルは、04年にニュージーランドから札幌の私立高校に留学した。すし店の2階に住み込み、そこでは豚そぼろや炒り卵をかけた「三色弁当」がお気に入りだった。留学当時の体重は78キロで、「ガイジンなのに細い」と言われたことで奮起し、高校3年時には100キロに到達した。ハンバーグは400グラムのものを二つ、就寝前にはバターを塗った食パンを8枚、そば店では店主の子供に英語を教える代わりに、そばをタダで何枚もおかわりした結果なのだろう。

 進学した東海大で知美(さとみ)さん(31)と知り合って12年に結婚。30歳になるまでは、キノコ料理にサラダ、納豆、スープ、600グラムのステーキ、炊き込み風のご飯3合をお釜ごとといった知美さんの手料理を気兼ねなくモグモグしてきた。

 しかし、30歳を超えたら「脂肪がつきやすくなった」ようで、高タンパク低脂肪の手料理に転換したという。例えばそれは、低脂肪のラム肉に少量のポテトを付けるといったようなもので、米は見当たらない。「炭水化物が多くなると、どんどんカラダがデカくなって走りにくい」と、その理由を明かしている。

 15年には、コーヒー好きが高じて、東京・府中にカフェを開いてもいる。

 カウンターとテーブル合わせて15席ほどの小ぢんまりした品の良い空間で、リーチの出身地・ニュージーランド流の食べ応えのある家庭料理とデザートが楽しめる。コーヒーも現地風で、すっきりとクセのない味わいだ。


■遅延アレルギー


 他方、スクラムを最前列で組んだり、ラインアウト(サッカーで言うスローイン)でボールを投げ入れたりする堀江翔太(33)は、リーチと共にチームの精神的支柱である。ドレッドヘアがトレードマークで、小・中学校の同級生である妻・友加里さん(33)と愛娘らが「ケガをしませんように」と5時間かけて編み上げてくれるという。

 その友加里さんの手記によると、

〈30歳を過ぎて体の変化を感じて遅延アレルギー(食物過敏)の検査をしました。卵、小麦、牛乳、パンは食べられない。だから玄米、みそ汁、メインはお魚か鶏肉。お酒はテキーラだけ。胃にもたれるから揚げ物もNG。体に合う食事でパフォーマンスにつなげる努力をしてます〉(9月21日付「スポーツ報知」)

 細かく気を配る必要があるだけに家計は圧迫されたようで、

〈家計ですか? 大変ですよ!(笑い)。今はちょっと上がったかな。(代表の)日当が2千円だったこともあって〉(同前)

 などと、振り返っている。

 妻の手料理というわけではないが、番外編でトンガ出身の中島イシレリ(30)を紹介しておきたい。W杯前に髪とヒゲを金色に染めた彼は試合終盤に出場、スクラムでは最前列に位置し、ボールを持てば、120キロの体躯で突進し、敵陣を粉砕する。関係者によると、

「ハンバーガーや中トロなど何でもどんどん口に放り込む。最も重い時で体重は150キロを超えていたようです。15年に神戸製鋼へ移籍するにあたり、大好物のケンタッキーフライドチキンをやめるなどし、約30キロの減量に成功しました」

 かたや20キロ増で、こなた30キロ減。神戸には単身赴任で、鶏肉を買って自炊してはいるものの、「自炊に飽きたり諦めた時はケンタッキー」なのだとか。

「週刊新潮」2019年10月24日号 掲載

関連記事(外部サイト)