日本vs.キルギス 「退屈で凡庸な90分」で思い出したゲーリー・リネカーの名言

日本vs.キルギス 「退屈で凡庸な90分」で思い出したゲーリー・リネカーの名言

先制のPKを決めた南野拓実(撮影・六川則夫) ※写真は9月10日のミャンマー戦

■どんな内容でも勝ちは勝ち


 カタールW杯アジア2次予選のキルギス戦が11月14日、ドレン・オムルザコフ・スタジアムで行われ、日本は南野拓実(24)と原口元気(28)のゴールで2−0の勝利を収めた。この結果、日本は無失点での4連勝で勝点を12に伸ばし、グループFで首位の座をキープ。第5戦は来年の3月26日、ホームでミャンマーと対戦する。

 ***

 スタジアムを埋め尽くしたキルギス・サポーターは、もちろん母国の勝利を期待したことだろう。あるいはヨーロッパの名門クラブで活躍する選手も少なくない日本代表の華麗な攻撃サッカーを楽しみにしていた者もいたかもしれない。

 だが、キルギスは敗れ、日本代表のサッカーは華麗でもなければ攻撃的でもなかった。退屈で凡庸な90分間にがっかりして家路についた地元ファン・サポーターも多かったのではないか。

 だが、これが実力の差でもある。例えセットプレーからのゴールであっても1点は1点。プロが最優先するのは勝利だからだ。

 森保一監督(51)は、U−22日本代表を優先した久保建英(18)と堂安律(21)の代わりに右MFにはスピードのある伊東純也(26)を起用。そして左MFには中島翔哉(25)ではなく攻守に戦闘能力の高い原口をスタメンで送り出した。

 ピッチはデコボコで、なおかつヨーロッパの古いスタジアムにありがちな粘土層のため滑りやすい。このためドリブラーの中島ではなくフィジカルの強度が高い原口を選択したのだろう。

 予想通りグラウンダーのパスは、時折不規則な動きをする。そこで日本はロングボールを多用して永井謙佑(30)や伊東の快足を生かそうとした。しかしキルギスも日本を研究していたようで、永井へのパスに対してはGKクトマン・カディルベコフ(22)がペナルティエリアから飛び出してクリアしていた。

 最初に決定機をつかんだのは日本で、前半18分、タテパスを受けた南野が密集を抜け出しGKと1対1からシュート。しかしこれはGKに阻まれ右CKに変わる。一方キルギスもカウンターからチャンスをつかみ、前半32分にはグルジギト・アリクロフが左サイドを突破してラストパス。これをベクジャン・サギンバエフ(25)が至近距離からボレーで狙ったが、こちらもGK権田修一(30)の好プレーに阻まれた。

 スコアが動いたのは前半41分だった。遠藤航(26)のスルーパスに「スペースにボールが来そうだったので走り込んだ」という南野がGKに倒されてPKを獲得。これを南野がきっちりと決めて日本が先制した。これで南野はW杯予選で4試合連続ゴールとなり、93年に三浦知良(52)が記録した3試合連続ゴールを更新した。

 PKにつながるパスを出した遠藤は後半もゴールに貢献する。後半8分、ドリブルでキルギス・ゴールに迫ったところで倒されてFKを獲得。キッカーの原口はゴール左スミにきっちり決めて(公式記録は後半9分)キルギスを突き放した。

 後半23分にはキルギスにも決定的なチャンスがあったが、GK権田がしっかりブロックしてゴールを死守すると、その後は両チームとも見せ場のないまま試合はタイムアップを迎えた。


■ホームでも足が攣っていたキルギス代表


 冒頭にも書いたように、退屈な90分であり、日本が手にしたのは勝点3という結果だけだった。内容的に見るべきものはほとんどなかった。

 ただしその原因は、ピッチコンディションの影響も大きい。ボールを保持して相手を動かしながら、人数を割いて攻め上がり、バイタルエリアでは1タッチ、2タッチのパスで崩そうとしても、パスミスがあれば一気にカウンターのピンチになる。

 このため遠藤や柴崎岳(27)らは高い位置に顔を出すことは自重してリスク管理していた。

 80年代の駆け出し記者のとき、日本人プロ第1号の奥寺康彦さん(67)を、西ドイツのブレーメンでプレーしていた頃に取材したことがある。当時、奥寺さんに「プロとアマの違いは何ですか」と、いま思えばあまりに愚問で恥ずかしいかぎりだが、奥寺さんは「1人1人の差は小さいけれど、それが10人になると大きな差になる」と教えてくれた。

 キルギスの左アタッカー、アリクロフは巧みなフェイントで酒井宏樹(29)を翻弄し、決定的なクロスを入れた。右サイドではビクトル・マイヤー(29)が攻撃の起点となり、何本ものクロスを上げていた。キルギスにも目を見張る選手がいた。だからこそ今年1月のアジアカップに出場できたのだろう。

 しかし、チームの総合力、経験値で日本は上回った。粘土層のピッチは足に負担がかかる。試合終盤はホームであるキルギスの選手が足を攣っていたが、日本の選手は誰も足を攣っていなかった。

 かつて90年代前半のドイツは、イタリアW杯で優勝し、96年のEURO(欧州選手権)でも優勝した。その時にイングランドの名FWで解説者だったゲーリー・リネカー(58)は「サッカーは11人でするスポーツだが、最後に勝つのはいつもドイツだ」という明言を残した。

 フェアな相手にはフェアに戦い、ラフなチームとはラフな戦いで応じ、つまらないサッカーでも最後は勝利を収めるドイツのしたたかさを表現した言葉だが、タジキスタン戦とキルギス戦の森保ジャパンの戦い方にも通じるものがあるのではないだろうか。

 もちろん2次予選という格下相手だから当てはまるイメージであることは十分に承知している。そこで進化を問われるのは、例え内容が乏しくても最終予選で当たることが予想される韓国やオーストラリア、イランから無失点で勝利を収められるかどうかだ。その試金石となるのが国内組で臨む、12月に釜山で開催されるE−1選手権である。

六川亨(ろくかわ・とおる)
1957年、東京都生まれ。法政大学卒。「サッカーダイジェスト」の記者・編集長としてW杯、EURO、南米選手権などを取材。その後「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年11月16日 掲載

関連記事(外部サイト)