栄和人氏、監督復活のウラのウラ お粗末だったテレビメディアの報道

「堕とされたヒーロー」が帰ってきた。日本レスリング協会元強化本部長の栄和人氏(59)が、12月半ばに駒沢体育館で開かれた全日本選手権で至学館大学の監督として姿を見せた。

 土性沙羅と登坂絵莉の五輪チャンピオンOBが敗れる中も、「マットサイドに立つのはリオ五輪以来」という栄氏は声を嗄らし、指導している現役を次々と勝たせ、囲んだ報道陣に弾んだ声で「生きがいを感じる」と語った。追い上げられそうになりながら試合途中、栄氏のアドバイスを受けて猛然と突き放して女子65キロ級で優勝した同大学の類家直美選手は「タックルも自信もっていけと言われて頑張れました」と感謝した。

 昨年6月、「泣いて馬謖を斬った」(栄氏監督解任)谷岡郁子学長は監督復帰に当たり「栄さんに戻ってほしいという声が強かった」とコメントした。今年9月の世界選手権(カザフスタン)など不甲斐ない成績に、保護者らも危機感を持っていた。一方で「早すぎる、反省が足りない」「伊調馨選手に直接謝罪せよ」の世論がある。だがメジャースポーツとは言えないレスリングの世界を知る人などごくわずか。世論の根拠はマスコミ報道だ。

 はっきり言おう、昨年、「バイキング」「直撃LIVEグッディ」などのフジテレビを中心としたテレビメディアが「栄和人はとんでもない」「伊調選手が可愛そう」の世論を煽ったため国民は誤った情報を刷り込まれたままでいるのだ。

 昨年1月、「栄氏が伊調馨選手の練習を妨害している」などの内容の告発状が内閣府に出された。週刊文春が大々的に報じ「パワハラ騒動」に火が付いた。しかし、最大の被害者のはずの伊調馨は「告発状作成に関与していない」上、古い話ばかりをなぜ蒸し返すのか不思議だった。素朴で飾らない栄氏を現役時代から知る筆者は「おかしい」と直感した。

 テレビで盛んに栄氏を難じていたのが、かつて栄氏がバルセロナ五輪の代表争いを演じた安達巧氏だったことは悲しかった。名勝負は筆者も取材していた。

 少し取材すると彼の背後にいる「福田(福田富昭会長)体制」を転覆させたい協会内外の「クーデター勢力」が透けてきた。当時の副会長・松浪健四郎氏(日本体育大学理事長)ら元国会議員や国会議員、専修大関係者ら。福田会長は女子レスリングを五輪種目にするため尽力しアテネ五輪で実現、栄氏は見事に期待に応えてこれまで11個もの金メダルをもたらした。だが彼らは東京五輪を前に、栄氏と伊調馨の「不仲」を利用して至学館大学から女子レスリングのヘゲモニーを取り、協会の「金銭的不正」をねつ造して福田氏や栄氏が実らせた果実を奪いたかったようだ。とはいえ権力闘争はどの世界でもある。指弾されるべきは、視聴率が取れる「ヒーローの転落」を告発側一辺倒で面白おかしく報じて恥じないフジテレビに代表されるテレビ局だ。

■告発の根幹は否定した第三者委員会


 協会の第三者委員会は昨年4月、「警視庁への出入りを禁じた」など告発の根幹部分すべてを否定したが、調査で出てきた別の事実として(1)2010年2月、東京のナショナルトレーニングセンター(NTC)で合宿中の伊調馨に「俺の前でよく練習できるな」と言った(2)同年5月の北京アジア大会で伊調より成績の悪い選手を選び、伊調を外した(3)同年9月、モスクワでの世界選手権中、栄氏と袂を分かった伊調を指導する警視庁の田南部コーチに「伊調の指導はするな」と言った(4)2015年11月、合宿を抜けた田南部に激怒し「出ていけ」と叱責した、の4点を「パワハラ」と認めた。

 だが、フジテレビなどは告発内容の根幹が否定されたことより、「認定部分」ばかりを拡大して「パワハラだ。伊調選手に謝罪すべきだ」と栄氏を叩いた。栄氏は強化本部長を辞し、理事会で栄氏の常務理事職も解かれる。告発状が強調した栄氏や会長のピンハネなど金銭面について第三者委は「調査の範疇外」として内閣府に委ねたが事実はなかった。

 告発状と第三者委員会の報告書を読むと、裁判なら提訴側の完敗だ。だからこそ告発側は司法の場ではなく内閣府という「政治の場」に訴えた。第三者委員会の弁護士らも栄氏を「お咎めなし」にすれば批判の矛先が自分たちに向きかねず、パワハラの定義を拡大して4つを無理やり「認定」した。

 それでも報告書はこう締めている。「振り返って本件をみると、いろいろな人が自分の思惑の下に行動し、互いに軋轢を生じさせている。どれ一つをとって見ても、小さい、せせこましいというのが正直な感想である」。要は「子供の喧嘩」と言いたいのだ。所詮、その程度の話なのに名伯楽は「針小棒大報道」に潰された。


■罪深いテレビメディア


 パワハラ報道の理不尽について筆者はWEBサイト「ビジネスジャーナル」に何度か書いたが、伊調選手を批判する部分は「ネットが炎上する」とかなり割愛された。告発側は、まさにこの「五輪4連覇の国民的ヒロインなら誰も批判できない。世論は味方する」を利用した。筆者は『週刊金曜日』にも書き、心配する栄氏を説得して昨年10月に『週刊新潮』で栄氏の独白録を書いた。さらに今年6月に発刊された『令和日本のタブー』(宝島社)に詳細に報じた。

「伊調の指導をするな」の発言は2010年のモスクワで世界選手権の時だが、栄氏は「『全体練習の時間内に伊調選手の指導をすることはやめてもらいたい』と言いました。合同合宿中や世界選手権など男女同時の大会では二人だけで外出し、他のコーチらが探し回ることも度々でした。二人の蜜月に、女子選手からも『目のやり場に困る。気が散って練習に集中できない。何とかしてほしい』という訴えがあった」などと打ち明けてくれた。

 伊調選手の、妻子ある田南部コーチとの勝手な行動やわがままに協会も手を焼いていたのだ。栄氏が注意するのは当然だった。

 騒動のさなかに栄氏の脇はやや甘かった。しかし伊調馨と川井梨紗子の五輪切符争いが注目された昨年6月の全日本選抜選手権の直前、国民注視の謝罪会見を乗り切り、極度に心配性な栄氏は安堵から気が緩んでしまった。試合中に芸能人と昼食に出たり、夜にキャバクラ行脚をしたのは褒められたことではないが、いかがわしいことをしていたわけでもない。筆者は監督解任するほどではないと思ったがそこは女性学長ゆえか? 自らの苦い経験からも筆者は栄氏に「監督解任は仕方ないが、絶対に大学に辞表を出すな」と再三、栄氏に忠告していたが学内外の圧力に抗することができず8月に辞表を出してしまっていた。一方、フジテレビはレスリング協会に謝罪に訪れたという。東京五輪取材で不利益を被らないためだろうが、謝罪すべきは栄氏に対してのはずだ。

 今年になって、愛知県の契約アドバイザーとして子供に教え、谷岡学長の計らいで至学館大学の道場にも少しずつに戻り「俺ももうちょっとの我慢だね」と筆者に語っていた栄氏。先般の監督復帰ですぐに祝辞を伝えると電話の向こうで「嬉しいよ、頑張るよ。学長は男だよ」と大きな声で歓喜していた。「学長は男」は笑えたがやる気がみなぎっていた。

 谷岡学長も昨年春、「伊調さんは選手なんですか」の発言で叩かれていた。伊調はこの時点で選手登録していなかったがメディアはこの発言だけ意図的に強調していた。栄氏は自らを「クビ」にした谷岡氏を最後まで信じた。一方「栄和人という男が絶対不可欠」と考えていた谷岡氏は戻すべくタイミングを計っていた。


■外しそびれていた名刹


 12月初め、栄氏と会食した時、「まだマスコミは俺と馨のこと追っかけてんの。レスリングってよっぽど人気がないんだね」と笑っていた。そこには昨年、自殺しないかと妻玲那さんが心配した頃の傷心の姿はなかった。

「栄という男はとんでもない」「伊調馨さんが可愛そう」を信じた国民がほとんどだろうが、筆者から見れば栄氏が伊調馨に頭を下げる必要などない。勝手な行動を注意しただけである。だが彼女のわがままや、田南部コーチと勝手な行動をとっていたことはほとんど報じられなかった。仮に伊調選手が東京五輪出場となれば「五輪史上初の5連覇か」で沸き立つ。その時、元来、取材嫌いな彼女を取材することが困難になることを恐れたメディアは伊調サイドに「忖度」し、栄バッシングを続けた。しかし伊調と同じく栄氏の教え子だった川井梨紗子が伊調に勝利し五輪切符を得た。

 久しぶりに「至学館道場」で栄氏が指導する練習も見た。「俺も訴えられたり、訴えたりしてるんだけどさ」。高校生も混じる乙女たちの前で栄氏はざっくばらんだった。訴えているのは「虚偽の事実を作り上げた」田南部氏に対して。訴えられたのは拓殖大学の学生が練習中に大怪我したことで家族らが協会や強化本部長だった栄氏を訴えたことだという。

 道場では以前はべたべたと壁に貼られていた、伊調馨や吉田沙保里らの五輪の活躍や栄氏を称賛する新聞や雑誌記事などの多くが消えていた。「レスリング部だけの場所ではなく体育の授業でも使いますので」(大学広報)との説明だが、栄バッシングの嵐の中、外されたことは容易に想像できた。だが壁の高い位置に並べられている現役や吉田らOB(OG)の木製の名札に「監督 栄和人」とあった。「栄さんの名札は一度はずしたのを戻したのですか?」と尋ねると「たまたまはずしそびれていただけです」とのこと。解任後もそのままだった名札が天才コーチを呼び戻してくれたのだ。

 栄和人氏には最前線の現場が似合う。マット際にこの男がいれば選手は無類の力を発揮する。協会の高いポストなど不要だ。強化本部長として男子選手の指導陣の上にも立ってしまったため無用な嫉妬も受けてしまった。来る東京五輪では至学館大学の教え子に歓喜のあまり投げられてマットに叩きつけられる姿をもう一度見たい。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」「警察の犯罪」「検察に、殺される」「ルポ 原発難民」など。

週刊新潮WEB取材班編集

「週刊新潮」2019年12月25日 掲載

関連記事(外部サイト)