山下泰裕五輪委員「政府の操り人形」「英語力の低さ」怪文書でバッシング

【東京五輪】山下泰裕五輪委員を非難する怪文書が世界にばらまかれる マスコミに届く

記事まとめ

  • IOC委員に選ばれた山下泰裕JOC会長を非難する怪文書が、世界にばらまかれていたという
  • 怪文書には、山下会長の資質について厳しい言葉が綴られていたという
  • また、山下会長が森喜朗氏の影響下にあるとして『政府の操り人形』と糾弾しているとも

山下泰裕五輪委員「政府の操り人形」「英語力の低さ」怪文書でバッシング

山下泰裕五輪委員「政府の操り人形」「英語力の低さ」怪文書でバッシング

荷が重い?

 柔道界からの選出は、嘉納治五郎以来、約100年ぶりの快挙である。今月10日、山下泰裕JOC会長(62)がIOC委員に選ばれた。東京五輪へ弾みをつけたいところだが、折も折、当の山下会長を非難する怪文書が世界にばらまかれていたという。

 奇妙な封書がマスコミ各社に送られたのはIOC(国際オリンピック委員会)委員就任のニュースが報じられる3週間ほど前のことだ。「五輪担当記者」宛てで、中を覗くと意見書の形で5枚のペーパーが。1枚は日本語での説明文、残りの4枚は英文だった。

 スポーツ紙記者が言う。

「日本語部分には、山下さんのIOC委員就任に反対するとして、英文の意見書をIOCの理事らに送付したと書かれていました」

 その英文には、山下会長の資質について厳しい言葉が綴られていた。和訳したものを一部紹介すると、

〈私たちがこのレターを書く目的は(中略)IOCが彼の推薦を承認するのを防ぐことにあります〉

 その理由のひとつとして、昨年の6月にJOC(日本オリンピック委員会)会長就任後、理事会を非公開にしたことを挙げる。

〈これらのミーティングの全てをメディアに対して非公開にしてしまいました。(中略)山下氏がIOC委員に任命されれば、日本のメディアの怒りにさらに多くの油を注ぐことになります〉

 他にも、山下会長が東京五輪組織委員会の森喜朗会長の影響下にあることを念頭に、

〈政治家の命令に決してNOと言えない〉

 として「政府の操り人形」と糾弾。また、

〈外国語をほとんど理解できず、彼のスピーキング能力も極めて低い〉

 差出人は新聞・通信・放送など記者有志で作るグループを名乗っており、山下会長に不満を持つ人物が投函したと見られている。


■英語で抗議できず


 先の記者が補足する。

「山下さんがJOCの会長になったのは前任の竹田恒和さんが五輪招致に絡み贈賄疑惑を持たれていたから。にもかかわらず理事会を非公開にし、透明性が逆に欠如するような方策をとった。英語力も2000年のシドニー五輪柔道で篠原信一選手の“世紀の誤審”を覆せなかったのは、監督の山下さんが英語で抗議できなかったから、という苦い思い出があります」

 森氏についてはスポーツライターの小林信也氏が、

「山下さんは、森喜朗さんが主張するJOCと日本スポーツ協会(旧日本体育協会)の統合にも反対できていない。山下さんが出場予定だった1980年のモスクワ五輪を政府の圧力でボイコットしたのは、当時のJOCが日体協の一部門で、財源を握る政府に逆らえなかったから。その反省を踏まえ、JOCは日体協を独立したはずなのに、森さんの言いなりとは情けない限りです」

 IOCに尋ねると、

「新しいIOCメンバーの選出は秘密投票で、匿名の手紙の内容は考慮しない」

 と言うのみ。とはいえ、先の小林氏は山下会長の資質をこう分析する。

「昨年のテコンドー協会の不祥事では山下さんは表向き静観していながら、陰で前会長と事態収拾に動いていた。そうした、時代に逆行する談合気質な面があり、IOC委員としてふさわしいのか、疑問です」

 委員に就き、差し当たって“一本負け”は免れたけれど、怪文書の指摘はあながち間違っていなかった。

「週刊新潮」2020年1月23日号 掲載

関連記事(外部サイト)