西野タイランドの挑戦 西野朗監督がU−23アジア選手権で見せた勝負師の顔

西野タイランドの挑戦 西野朗監督がU−23アジア選手権で見せた勝負師の顔

初のベスト8進出を決め、選手と抱きあう西野監督(撮影・六川則夫)

■タイ国民は支持


「自分はマグロみたいなもんだから」――。2012年4月19日のことだった。DVD付きムックの取材で西野朗氏に過去のナビスコ杯決勝の解説をお願いした際に聞いた言葉である。

 ***

 当時は10年間務めたG大阪の監督を退き、サッカースクールを開催するなどフリーの状態だった。

 発言の真意を聞いたところ、「マグロは回遊魚で、泳ぎ続けていないと死んでしまう。自分も同じで、現場にいるのが一番なんです」ということだった。

 同じような発言を聞いたのはそれから4年後の16年3月、日本サッカー協会の技術委員長に就任した時だった。JFAハウス1階のバーチャルスタジアムでの会見後、取り囲んだ記者たちに自らこう話した。

「こうしてネクタイを締めて(スーツ姿で)、蛍光灯の下にいるより、ジャージを着て太陽の下にいたほうが自分には似合っている」

 やっぱり西野さんは生涯、現場にいたいのだな、と改めて痛感した。しかし、まさかタイ代表とU−23タイ代表の監督に就任するとは青天の霹靂だった。

 語学はあまり堪能ではないらしいということも、日本代表のスタッフから聞いていた。にもかかわらず、コーチなど日本人スタッフを1人も連れずに単身でバンコクへ乗り込んだのが昨年7月のことだった。

 西野監督がU−23タイを初めて率いたのは昨年末にフィリピンで開催されたシーゲームズ(SEA Games 2019=東南アジア競技大会)だった。東南アジアの五輪とも言われ、サッカーでタイは最多16回の優勝を誇る。

 ところが“西野タイランド”は、ベスト4にすら進めなかった。

 西野監督は「シーゲームズは去年のことなので忘れたいくらい。厳しい環境のなか、人工芝でのパフォーマンス、1日おきの試合は私のマネジメントが悪かった」と反省する。

 反省と同時に、貴重な戦訓も得た。「そもそもU−23代表は出場できる試合が少ない。そのため経験値が足りない。もっと試合をやれば、彼らも成長できる」ということだった。

「U−23アジア選手権では新しいメンバーで挑むと決めました。試合開始までの2か月で選手の強みを見つけ、それを選手に伝えました。チーム全体で見ると、守備はかなりレベルアップの必要がある。それに対してオフェンスのタレントはいる。技術が高く、スピードもある。そのため攻撃型のチームを作りたい。ボールをつなげる技術は通用するはずだと考えたのです」


■西野監督と森保監督を比較すると……?


 短期間ながら、西野監督はチーム作りの方向性も見出した。そして1月、地元バンコクでU−23アジア選手権が開催された。

 上位3チームに東京五輪の出場権が与えられる重要な大会でもある。そして西野監督率いるタイは初戦でバーレーンを5−0で葬る好スタートを切った。

 初戦の大勝で期待の高まったタイの第2戦の相手は、グループAで本命視されているオーストラリアだった。前半24分に先制点を奪ったものの、前半のうちに同点にされると、後半31分に決勝点を許して1−2の逆転負けを喫した。

 惜敗に終わったが、西野監督は手応えを感じていたようだ。

「予想以上にホスト国としての緊張感と、期待され、準備してきての(現状)勝点3ですが、選手のパフォーマンスは予想以上に出し切っている。積極的にチャレンジしているし、次のステージに行けるかどうかの勝負が次にある。選手の状態を確認してコンディションの高い選手を起用するのは間違いない」

 タイの第3戦の相手は、ここまで2試合連続してドローのイラクだ。この試合を勝てばもちろん、引き分けでもタイは初のグループリーグ突破となる。

 その重要な一戦で、西野監督はスタメンを7人も入れ替える大胆な起用を見せた。4−2−3−1のCBと右SB、ボランチの2人に加え1トップとトップ下、そして右MFの7人だ。

 攻守の中心選手をそっくり代えたと言っても過言ではない。その理由を、次のように説明した。

「(1月8日)初戦のバーレーン戦で、チームパフォーマンスが良かった。第2戦のオーストラリア戦は(1月11日で)中2日。それでもチームはリカバーできた。初戦と同じメンバーでオーストラリア戦に勝負を賭けた。しかし終わってみれば1、2戦で選手は疲労し、ケガ人も出た。(そして1月14日の第3戦である)イラク戦では、バックアップの選手を中心に、いい準備をしてくれていたので送り出しました。勝負は後半と考えていましたが、前半をよく持ちこたえてくれた」

 試合は前半6分にPKからタイ代表のジャルンサックが先制したものの、後半4分に同点に追いつかれる。

 すると西野監督は後半11分にキープ力のあるFWベン・デーヴィスに代え本来の1トップであるスパチャイ・ジャディードと、トップ下のスパチョク・サラチャットを投入する2枚代えを決断した。

 さらに終盤の39分にはレギュラーボランチのカマンを本来のポジションで起用して逃げ切りに成功した。

 森保一監督も第2戦のシリア戦はスタメンを6人代えた。その理由を「フレッシュな選手をこの試合でプレーしてもらうことでチームのパワーにしたかった」と振り返った。

 だが、大会初出場の町田浩樹は先制点のきっかけとなるPKを与え、森島司と松本泰志、上田綺世はほとんど存在感を示すことはできなかった。

 実戦を経験させることで成長を期待しつつ、嫌なムードを変えて勝利に結びつけたかったのだろう。しかし「二兎を追う者は一兎をも得ず」の喩え通り、日本は2戦目にしてグループリーグ敗退が決まった。


■“西野スタイル”が炸裂


 一方の西野監督は、時間がないなかで、まずはチームの現状を正確に分析した。

「とにかく自分たちの強みを出して行きたい。1つはクイックネス。ボールポゼッションをしっかり生かして、スピード感のある戦いを追求した」

 つまりストロングポイントでの勝負を決断したのだ。

 選手らは攻撃に移ると、ワンツーやスルーしてリターンパスを受けるなどアイデア豊富なプレーを披露した。そのことを西野監督に聞くと、「特に教えていません。同じチームの選手だから自然とできるんでしょう」と拍子抜けする答えだった。

 一方の守備に関しては「まだまだ足りないし、強化する余裕もない」との一言で終わってしまった。

 そしてイラク戦では先に動いての2枚代えである。試合が始まってしまえば、監督ができることは限られている。そのなかで最大限の効果があるのは選手の交代だろう。

 こうした西野監督の采配を久しぶりに見て、改めて感じたのは“勝負師”だということだ。

 23歳以下の選手、バーレーン戦で2ゴールを決めたスパナット・ムアエンタはまだ17歳だが、西野監督には「若い選手だから指導、育成しよう」という概念はないし、弱点である「守備も強化しよう」という発想もない。

 与えられた戦力でいかに結果を出すか。それが西野監督にとって最大の関心事であり、西野スタイルでもある。

 残念ながら準々決勝ではサウジアラビアに疑惑のPK(VAR)により0−1で敗れ、東京に凱旋することはできなかった。

「彼らは経験値が乏しい。東南アジアの経験値にとどまっていて、世界との経験がほぼない。海外遠征の経験がなく国内のクラブと試合をやるだけ。将来的なことを危惧している」

 西野監督はそう言うが、そういうチームを率いてベスト8に進出したのだ。

 タイ国民が西野監督を支持するのは当然と言える。タイサッカー協会は1月22日、A代表を率いる西野朗監督と2年間の契約延長で合意したと発表した。

 改めてアジア選手権を振り返ってもらうと、「このようなビッグな選手権で、自分もどういう姿勢で戦えるか不安を感じていた」そうだ。

 それでも「個々のポテンシャルは持っていると感じた。高圧的に、こういう戦いをしないといけないという姿勢ではなく、結束して戦う雰囲気しか作り出せていないが、近い目標設定で気づかせながら戦っているところです」とチーム作りのヒントを教えてくれた。

 タイ代表の選手は「時間にルーズ」だったり、スタメンを伝えた選手が試合当日の午前中の練習を「ノドが痛い」と欠席するなど、日本では考えられないことも多い。

 だが、愚痴を言ったらきりがない。“西野タイランド”の冒険は始まったばかりだ。W杯アジア最終予選で戦う可能性もあるだけに、是非とも西野監督にはW杯アジア2次予選を勝ち抜いて欲しい。もちろん日本が2次予選を勝ち抜くと想定しての願望である。

六川亨(ろくかわ・とおる)
1957年、東京都生まれ。法政大学卒。「サッカーダイジェスト」の記者・編集長としてW杯、EURO、南米選手権などを取材。その後「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年1月29日 掲載

関連記事(外部サイト)