桃田賢斗、交通事故でPTSDの懸念 JOC山下会長にもダメージ?

桃田賢斗、交通事故でPTSDの懸念 JOC山下会長にもダメージ?

桃田賢斗選手

 圧倒的な才能を誇りながら無冠の帝王に終わった清原和博に、日本を牛耳ってきた自民党の総裁に上り詰めつつも総理の椅子を手に入れられなかった河野洋平と谷垣禎一の両氏。世の中には「ついてない人」がいる。バドミントン界のエース、桃田賢斗(25)もそこに名を連ねることにならなければいいのだが……。

 ***

 その瞬間、桃田は「またここでか」と思ったに違いない――。

 今月13日、彼を乗せたワゴン車が交通事故に遭い、運転手は死亡、後部座席に座っていた桃田も顔面裂傷など全治6週間の怪我をした。半年後に東京五輪が迫るなかでのアクシデント。その災いをもたらした地はマレーシアだった。

「4年前、リオ五輪を控えていた桃田は違法カジノで賭博をしていたことが発覚し五輪への道を断たれましたが、このスキャンダルの狂騒が始まったのもマレーシアだったんです」

 と、関係者が振り返る。

「スキャンダルを掴んだ記者から、今回と同じでマレーシア遠征中だった桃田の携帯電話に連絡が行き、所属先などにも取材が入ったことから大騒動となって、強制帰国および出場停止という悪夢を辿りました」

 幸いなことに、今回その「鬼門」であるマレーシアから帰国した桃田に骨折等の異常は見当たらなかった。しかし、精神科医の片田珠美氏はこう懸念する。

「PTSD(心的外傷後ストレス障害)が残らないか不安です。今回の事故であれば、桃田選手にしばらくは車に乗りたくないという『回避』の症状が出てくる可能性があります」

 さらに、スポーツライターの小林信也氏曰く、

「バドミントンは目には見えない感性を含めた総合力が重要な競技です。例えば、相手が打ってきてからでは遅く、打つか打たないかの瞬間に無意識で動かないといけない。ですから表面上は身体的に問題なく、PTSDの症状が出なかったとしても、この無意識のバランスが崩れてしまう可能性は大いにある。桃田選手は直観力に優れた選手ですから、なおさら心配です」


■怪文書騒動の直後に…


 今回の事故は金メダル獲得を目指す桃田の前にそれを阻む「鬼」となって立ちはだかりそうなわけだが、スポーツジャーナリストの谷口源太郎氏はその「余波」についてこう言及する。

「JOC(日本オリンピック委員会)は東京五輪で金メダル30個を目標に掲げていますが、これまで最高でも16個で、そもそも実現は極めて難しい。その上、金メダル筆頭候補だった桃田が獲れないとなると、『仲間を信じてひたむきにプレーすれば間違いなく(30個に)到達する』と宣言しているJOCの山下泰裕会長の皮算用に大きな狂いが生じることになるでしょう」

 つまりこの度の事故は、桃田だけでなく山下氏にとっても「痛い」事態となりかねないのである。

 折も折、本誌「週刊新潮」1月23日号「山下泰裕五輪委員『政府の操り人形』『英語力の低さ』怪文書でバッシング」で報じた通り、山下氏の資質を問題視する怪文書が各機関にばら撒かれていたことが発覚したばかり。その直後に、彼にさらなる「不幸」が襲い掛かる泣きっ面に蜂の「参った!」状態で……。

 山下氏には何かが「憑(つ)いてる」のかもしれない。

「週刊新潮」2020年1月30日号 掲載

関連記事(外部サイト)