被害選手が激白! レスリング協会副会長が強化費ピンハネ 栄和人氏からの圧力音声公開

被害選手が激白! レスリング協会副会長が強化費ピンハネ 栄和人氏からの圧力音声公開

パワハラ騒動を経て蘇った栄氏

 もはやスポーツ界のパワハラは日常茶飯事なのか。今度の舞台は、過去にも世間を騒がせたレスリング界。訴えるのは東京五輪で男子最有力とされていた代表候補だ。そこには、あの騒動の主役の影もチラついて……。本誌(「週刊新潮」)取材に応じた被害選手の独占告白をお届けする。(以下は「週刊新潮」2020年3月19日号掲載時点の情報です)

 ***

 3月8日、都内にある「味の素ナショナルトレーニングセンター」で、レスリング五輪代表を争うプレーオフが行われ、男女2階級の出場枠が内定した。

 昨年から続く選考も佳境で、残る階級も今後の大会で順次決まるが、「日本最強」と呼ばれた彼の名前が挙がることは、もうない。

 藤波勇飛(ゆうひ)、23歳。全日本大学選手権で4連覇、全日本選手権でフリースタイル74キロ級2連覇を成し遂げ、2017年の世界選手権で3位と輝かしい成績を誇る。来る東京五輪の代表候補筆頭だったが、昨年はケガに泣かされ続けた。

「藤波は、五輪代表の切符を賭けた昨年9月の世界選手権への出場を逃しました」

 と解説するのは、大手スポーツ紙の記者である。

「去年12月の全日本選手権までチャンスが残っていたけど、勝てずに終わった。練習不足で身体のキレがない。どうも彼の母校・山梨学院大学の監督との関係が、ギクシャクしているという噂が出回りましてね」

 そこで当の藤波本人を訪ねると、戸惑いつつも重い口を開き始めた。

「五輪に行けなかったのは、すべて自分の責任ですから監督を恨んでなんかいません。自分が言いたいのは、それとはまったく別の話です。私が経験したことは今後レスリング界で二度と起きて欲しくない。そう思っているだけです。この世界は上の決定には絶対に逆らえない。だからといって若い選手のお金を横領するようなことを平気でやる、それが許されていいのかと……」

 何やら穏やかではない話が続く。そもそも昨年3月に大学を卒業した彼は、ジャパンビバレッジに就職後も、山梨学院大のレスリング部を練習拠点にしていた。

 そこで30年もの長きに亘って指導しているのが、高田裕司監督(66)である。1976年のモントリオール五輪男子フリー52キロ級の金メダリストで、世界選手権4回制覇。その実績と共に、彼の名が世に知れ渡ったのは、80年モスクワ五輪での“悲劇”だろう。

「高田は五輪2連覇確実と言われながら、出場が叶わなかった。ソ連のアフガン侵攻に伴い、アメリカが西側諸国に参加ボイコットを呼びかけて、日本も追随したからです」(先の記者)

 代表選手の集会で高田監督は男泣き。その姿は悲劇のオリンピアンとして、人々の記憶に刻まれた。

 04年には、日本人として初めて国際レスリング連盟の殿堂入りを果たし、今や日本レスリング協会副会長兼専務理事の要職に就く。

 そんなレスリング界のドンに弟子入りした格好の藤波が、再び振り返る。

「私はレスリングの特待生として山梨学院大に入り、入学金と授業料免除の他、月10万円を支給される優遇措置を受けていました。強化費とか栄養費と呼ばれる類のものです」

 ところが、入学直後に高田監督から思わぬ提案を受けたと明かすのだ。

「監督は“お前に全額渡すと使ってしまうから、オレが毎月4万円分を預かっておく”と言って、私の名義で作った銀行の通帳、印鑑、カードを取り上げた。卒業するまでの間、大学から支給される10万円のうち6万円を、毎月手渡しで貰う形になりました」

 その後も折り合いが悪かったという藤波と監督の仲に決定的な亀裂が入ったのは、カネが原因だった。

「本当にこの人はあり得ないと思ったのは、去年の8月頃です。卒業後、預けたお金が戻ってこないので、監督に聞いてみたのです」

 恩師から返ってきたのは思わぬ一言だった。

「監督は、“カネはない”と言って、私の通帳や印鑑は何処ですかと尋ねても、“捨てたかなぁ”と曖昧な返事でした。とにかく返して欲しいと頼むと、悪びれる様子もなく“まぁ探しとくわ”と言い放ったのです」


■口封じ


 話し合いでは埒が明かないと、藤波はレスリング関係者らに相談したという。

「狭い業界なので栄さんの耳に入ったのか、監督から頼まれたのか、突然携帯に電話がありました」(同)

 栄さんとは、女子レスリング界で吉田沙保里や伊調馨などの五輪金メダリストを育てた栄和人氏(59)のこと。18年に伊調馨へのパワハラ騒動で表舞台から姿を消したが、昨年12月より愛知の至学館大学レスリング部監督に復権した御仁だ。

 三重県出身の藤波は、栄氏が指導する至学館で幼い頃から練習をしていた。

「高校時代、私の父と栄さん、高田監督と4人で会食して、山梨学院を薦めてくださった。栄さんは監督と仲がよいので、その場に同席してくれたのです」(同)

 そんな間柄だけに、藤波へ助け舟を出すのかと思えばさにあらず。以下、録音されたやり取りを再現しよう。電話の初めは藤波への励ましの言葉が続くが、話題は彼の大学入学時に遡る。

栄氏「オレも、お前が山梨に行く時も、全部かかわってきたわけだよ」

藤波「はい」

栄氏「専務(編集部註・高田監督)に頼まれて、藤波を欲しいからってな。いろいろとかかわってきて」

藤波「「はい」

 過去の絆を強調する栄氏は、次第に返金交渉へと“乱入”してこう切り出す。

栄氏「お金のことで、あの時のお金はどうしたんですかとか、どこいったんですかとか言うことは、やっぱりやめとかないと」

 そう迫る栄氏は、こんな決め技をかけてきた。

栄氏「オレがちょっとでも間に入ってんだから、オレに恥をかかせたら、オレも承知しないっていうか」

藤波「はい」

栄氏「な。頼むよ」

藤波「はい」

栄氏「な。ちっちゃいことは、もう言わないようにしないと」

 温和な口調ながら、「オレも承知しない」という部分だけは語気を強める。相手をじわじわ追い込む栄氏は、こんなフォローも忘れない。

栄氏「な、頑張れよ。お前の子供、見ていないけど、こんど会わせてくれよ」

藤波「はい」

 狡猾な脅し文句に終始頷くしかなかった藤波曰く、

「栄さんに腹が立つよりも、私が逆らえないであろう人まで使って口を封じようとするのはおかしいと感じました。電話で栄さんは金ならオヤジに貰えとも言った。父はレスリング指導者で、JOCのジュニア専任コーチとして報酬を受けています。監督や栄さんからすれば、その地位に就けたのはオレたちのおかげだから、お金のことでとやかく言うなと思ったのでは」

 その後、高田監督は藤波が在学中に子供を作ったことを盾に返金を拒み続け、訴訟までちらつかせた。

 実際、彼は昨年6月に交際していた女性との間に子供を授かったが、入籍してしっかり結婚生活を送っている。見かねた藤波の父が、昨年12月に高田監督へ掛け合ったところ、ようやく返金に応じたというのだ。


■「書けよぉぉ!」


「大学で現金150万円を受け取りました。その際、監督は“お前のオヤジはクソ野郎だ”“このカネはお前の物でもオレの物でもなく、大学のカネだ”と悪態をついていました」(同)

 元来、監督預かりとなっていたのは月4万円、その4年分と計算すれば返金されるべき額は192万円となる。ただし、藤波は1年間ほど月およそ5万円でトレーナーを雇い、その費用60万円は強化費から充てる約束だったので返金額に問題はないが、疑われるのは監督による過去のピンハネだ。

「少し多くは戻ってきましたが、返済前に銀行で監督に預けた口座の出入金記録を開示してもらったら、18年12月に50万円、19年1月に40万円と大きな金額が引き出され、その後もちょくちょく出金があり残額はほぼゼロでした。監督が何に使ったのか、説明や謝罪はありませんでした」(同)

 スポーツ評論家の玉木正之氏が断じるには、

「預かったお金を返さないのは、一般社会で到底許されることではありません。昨今のスポーツ界の不祥事は、若い選手と古い指導者との感覚のズレが大きくなって、次々と明るみに出ている。若い彼らは上の言うことを何でも聞くのではなく、自分の頭で考えた方がいいという当たり前のことに気づいているのです」

 改めて見解を問うべく、冒頭の代表選考の場にいた高田監督を直撃すると、

「本人が大学4年で子供を作ったから、本当はクビにする予定だった。運動部の特待生で許されますか、常識的に考えて。それなのにカネを返せって言われれば怒るでしょう。オレは本人と話をしてお金を渡して、向こうも納得していた。何か問題あるんですか」

 口座残高がゼロになっていた点については、彼の食費などのため高田監督が自ら下ろしたことを認めた上で、

「預かっていたカネだから、どう使おうが勝手じゃないですか。もう返したし」

 と開き直るばかりだった。

 同じ会場にいた栄氏にも聞くと、電話は藤波「への激励だったとして、

「お金のことじゃなくて、集中して頑張れよって話をしたんです。オレは関係ないよ。好きに書けばいい」

 と否定する。録音も確認しているがと再三問うと、

「書けよぉぉ! 関係ないって、本当にぃぃ!」

 と、人目も憚らず絶叫したかと思えば、記者に向かって大きく両手を広げ、威嚇してくる始末なのだ。

 強化費を提供していた山梨学院大学の広報は、

「ご質問いただいた件につきましては、大学として回答はいたしません」

 上下関係や指導者の言うことは絶対という、体育会気質を否定するものではないが、カネが絡む話は別だろう。旧態依然のスポーツ界なら、斯様な愚行は再び繰り返されるに違いない。

2020年4月17日 掲載

関連記事(外部サイト)