Jリーグ「柏VS.東京」のリモートマッチを実況中継 無観客のスタジアムに響いた声

Jリーグ「柏VS.東京」のリモートマッチを実況中継 無観客のスタジアムに響いた声

集合写真の撮影では、“ソーシャルディスタンス”への配慮が見られた(撮影・六川亨)

■最も声を出していたのは?


 新型コロナウイルスの感染拡大により中断されていたJ1リーグが、7月4日、約4ヶ月ぶりに再開された。全国9会場で行われた試合は、感染拡大を防ぐため、「近隣同士のクラブの対戦」、「無観客試合」、「交代枠は5人」、「試合中の唾吐き禁止」、「取材メディアの制限」など選手を守るため様々な対策が講じられた。

 ***

 Jリーグの無観客試合を取材するのは2度目となる。最初は村井満チェアマン(60)が就任した2014年、浦和対鳥栖戦で浦和のゴール裏サポーターが「JAPANESE ONLY(日本人以外お断り)」という横断幕を掲げたからだった。

 これが人種・民族の差別に当たるとして、村井チェアマンは浦和に対し第4節のホーム清水戦を無観客試合とする制裁処分を科した。

 Jリーグではもちろん初めての処分。今回のコロナウイルスで1試合を消化した時点で中断を決断したように、当時から村井チェアマンの決断は早かった。

 ただ、当時の浦和対清水戦は観客こそいなかったものの、その他は日常通りだった。「無観客試合」は制裁のイメージが強いとして「リモートマッチ」という名称が新たに誕生したが、4日の柏対FC東京戦は何もかもが初めての体験だった。

 3密を避けるため、取材陣も記者は1試合25名、カメラマンは16名と制限され、受付は1時間前からで、もちろん検温で発熱が確認されれば入場はできない。記者、カメラマンのワーキングルームは使用禁止で、記者席も6人掛けに2人と十分な距離を取っている。

 いつもなら試合前に多くのファン・サポーターで賑わうスタジアムグルメもなければ、当然観客の姿もない。当初、村井チェアマンは、リモートマッチを可能な限り避けようとした。というのも、スタジアムグルメを始め臨時駐車場、警備員や誘導係、地元飲食店にコンビニなど、Jリーグは多くの雇用を創出しているからだ。

 試合がなくなれば、彼らの収入も途絶えてしまう。特にそれは地方都市のクラブに関わる人々にとって切実な問題であり、それを村井チェアマンも危惧していた。

 幸いにも7月10日から観客を入れての(当面は5000人もしくはスタジアムの50%という制約付きだが)試合に戻る。クラブにとってもスタジアムでの飲食(特にビール)は大きな収入源だけに、これ以上感染が拡大しないことを願うばかりだ。

 一方、選手はというと、PCR検査と検温が義務付けられ、ピッチに入場する際もこれまでのように1列に並ぶのではなく、準備が整った選手から三々五々出てきた。

 集合写真の撮影も、あらかじめピッチ上に配置されたマーカーの上に立ち、間隔を開けることで密になることを避けている。握手の代わりは二の腕のタッチで済ませて試合が始まった。

 リモートマッチでまず感じるのは、ファン・サポーターの声援がないため選手の声がよく聞こえることだ。とりわけ三協フロンテア柏スタジアムはサッカー専用でピッチと観客席が近い。

 サッカー界では「後ろの声は神の声」と昔から言われているが、その言葉通り一番声を出しているのは最後尾に位置するGKだった。

 例えばFC東京のGK林彰洋(33)は、守備の際にフィールプレーヤーに積極的にボールを奪いに行くような時は「ゴー、ゴー、ゴー」。逆に守備陣が手薄で味方の戻りを待つため時間を稼ぐ時は「ディレイ」ではなく「ゆっくり!」と大声を出していた。


■ポルトガル語も響くピッチ


 その他にも、フィールプレーヤーが味方DFに対し「ノーファウル」とか「サイドを変えろ」、フリーの味方がトラップする時は「ターン」という具合だ。

 今回の「リモートマッチ」で耳に聞こえたサッカー用語に、特別に目新しいものはなかった。

 野球はピッチャーとバッターが1対1で向かいあうが、サッカーはプレー中に「間」はほとんどない。

 一瞬で状況が変わり、そうした変化が連続して発生する。野球と比べると、サッカー選手の指示は簡潔だが、それが理にかなっているのだろう。

 面白かったのは、意図的な反則を犯して笛を吹かれた選手は、「ホイッスルはないでしょ」と主審に言葉や態度で不満を表しても、覚悟していただけにリアクションも1テンポ遅れる。

 しかし正当なタックと思って笛を吹かれると、当人はもちろんチームメイトも「え〜っ!」とすかさず反応することだ。ここらあたり、人間の心理がストレートに出るのだろう。

 また0−1とリードされた柏のネルシーニョ監督[本名:ネルソン・バプティスタ・ジュニオール](69)が、試合終盤にテクニカルエリアで身振り手振りを交えて盛んに指示を出していた。

 ポルトガル語のため何を言っているのかわからなかったが、果たして選手に伝わっていたのだろうか。

 そして試合が後半4分のアディショナルタイムに入り、そろそろタイムアップになりそうだと、リードしているFC東京の選手は「笛、笛」と主審に試合終了のホイッスルをアピールする。押し込まれていただけに、彼らの気持ちもよくわかる。

 かくして再開初戦は、アウェーのFC東京が、右CKからCB渡辺剛(23)の上げた1点を守りきり、1−0で逃げ切って開幕2連勝を飾った。

 試合についてもう少し触れておくと、柏は主力FWクリスティアーノ・ダ・シウヴァ(33)を、FC東京も快足FW永井謙佑(31)と日本代表MF橋本拳人(26)をベンチ外とした。

 ケガなのかコンディションが万全ではないのかわからないが、柏は今シーズン新加入のMF戸嶋祥郎(24)、神谷優太(23)、仲間隼斗(28)の3人を交代出場で起用した。戸嶋と仲間はJ1リーグのデビュー戦でもあった。

 対するFC東京の長谷川健太監督(54)も、大卒ルーキーのボランチ安部柊斗(22)をスタメン起用し、ドリブラーの紺野和也(22)を試合終盤にピッチに送り出した。

 4日に再開されたJ1リーグは、過密日程のため8日、11日または12日と3連戦だ。両監督はそれを念頭に、勝利を目指しながらも主力を休ませつつ、選手層の底上げを図るための交代策だったのか。こちらは今後の選手起用を見ていけば、指揮官の狙いも明らかになるだろう。


■開催可否を決めるのは知事


 気がかりなのは、連日東京での新型コロナウイルスの感染者が100人を越えていることだ。

 3連勝を飾ったJ2大宮の高木琢也監督(52)は「この先、また感染が広がって中断する可能性もゼロではない。今シーズンは何があるかわからないと感じている」と話していたように、今後も感染者が増加すれば、いつ中断されるかわからない。

 Jリーグの開催可否を決めるのは、各地域の首長の判断に委ねられている。5日の都知事選で再選された小池百合子都知事(67)が、どのようなスタンスでJリーグと接するのか。今後も予断を許さないコロナ禍に見舞われたJリーグである。

六川亨(ろくかわ・とおる)
1957年、東京都生まれ。法政大学卒。「サッカーダイジェスト」の記者・編集長としてW杯、EURO、南米選手権などを取材。その後「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年7月8日 掲載

関連記事(外部サイト)