まだある「中川親方」パワハラ 弟子に差別発言、コロナ禍“ちゃんこ会”問題も

まだある「中川親方」パワハラ 弟子に差別発言、コロナ禍“ちゃんこ会”問題も

閑散とした中川部屋

〈失礼します、先ほどはすいませんでした〉

〈バシッ(何かがぶつかる音)〉

〈先ほどは、何がすいませんでした、だ〉

〈「飯、何杯食べたんだ?」って聞かれたのをすぐに答えられなかったことです〉

〈舐めてんだろう〉

 恐怖におびえ、小声で平謝りする男と、食事のことをあげつらって低い声で怒鳴り散らす男。

 怒声の主は先ごろ、弟子に暴力などを振るったと日本相撲協会に告発され、2階級降格処分が報じられた中川部屋の中川親方(元幕内旭里)(54)、その人である。弱々しく対峙するのは同部屋の力士だ。

 なぜ親方は激しく弟子を恫喝しているのか。不穏な空気が流れるこの会話は録音されており、おぞましい続きがある。それこそ、今回の降格処分に大きく関わる一つの証左となるのだが、まずは、親方が降格となった騒動について、相撲担当記者が解説する。

「相撲協会が処分を発表したのは7月13日のことです。中川部屋に所属する9人の力士のうち一部が中川親方の暴言や暴力について、協会に告発。外部有識者が含まれるコンプライアンス委員会が聞き取り調査を行ってきたのです」

 協会の発表によれば、今年2月、弟子にちゃんこをこぼさずに運ぶよう注意した際、親方が顔面を殴ったり、さらに、春場所では弟子がタクシーで居眠りしたことに激怒し、宿舎で正座させ腹や胸を複数回殴打。浴衣の帯の結びを注意して、こめかみ付近を拳で殴ったこともあったという。認定された暴力行為は4回で、他にも、

「ぼんくら」

「殺すぞ」

「うざいんだよ」

「クビにするぞ」

 といった暴言を日常的に浴びせていた。そうした罵声を録音した音源まで協会に持ち込まれた、というわけだ。相撲部屋という特殊な世界では、弟子を厳しく指導するため、時には愛のムチや鉄拳も必要となろう。しかし、今回の件は行き過ぎと見なされ、処分が決定すると、協会の八角理事長が、

「師匠による暴力が起きたことを深く反省しています」

 と、謝罪する事態に発展。中川親方は時津風部屋付きとなり、中川部屋は閉鎖されることになった。

「報道の前夜、部屋の女将さんから電話をいただきました」

 そう語るのは、神奈川県川崎市にある中川部屋の後援者である。

「涙ながらに謝罪の言葉がありました。女将さんは親方に、お弟子さんに優しく接するよう何度もお願いしていたそうなのですが、聞き入れてもらえなかった、とおっしゃっていました」

 そもそも、中川親方が部屋を構えたのはわずか3年ほど前のことである。

「中川部屋の前身は春日山部屋です。当時の春日山親方は、先代の親方から年寄株を譲ってもらえず、裁判沙汰に。その混乱の責任をとって、春日山親方は辞任しました。そこで追手風部屋の部屋付きだった中川親方が部屋を継承することになったのです」(先の記者)

 1981年、初土俵を踏んだ中川親方は前頭14枚目まで昇進し、98年に引退した。その後は後進の指導に当たっていたが、現役時代を知る元力士に言わせると、

「今回の報道を見て、“起こるべくして起こったな……”というのが第一印象だった。彼は大した成績を残したわけではないんだけど、とにかく、手が早くて口が悪い。現役時代から“馬鹿野郎!”が口癖でよく後輩を小突いていたよ」

 部屋の近隣住民も同じ印象を抱いていたようで、

「親方は近所には気を遣っていて、早朝から行われる朝稽古をぶつかる音や声が近隣の迷惑にならぬよう朝8時からにしてくれていました。ただ、稽古の時は『何やってんだ!』という怒声が聞こえてきていたので、パワハラ報道の時には、やっぱりなと思いました」


■「う・ん・ざ・り」


 厳しい鍛錬を積まねば生き残れないのが角界だ。激しい稽古が行われていれば、そうした怒声が響くことも何ら不思議はない。しかし、事情を知る相撲協会の関係者はこう声を潜めるのだ。

「実は報道されている以上に、聞くに堪えない暴言が日々、繰り広げられていました」

 それが冒頭に紹介した音源である。

「今年、部屋の力士が雑務で小さなミスをしたことで親方に呼び出され、説教をされた時のものです」(同)

 その音源はこう続く。

中川 お前いい加減にしてくれよ、マジで。本当ウザいんだよ!(中略)もう障害者丸出しなんだよ!

弟子 はい。

中川 おい。ここ養護学校じゃないんだよ!

弟子 はい。

中川 舐めんなよ、コラ。

弟子 はい。

中川 お前なんか普通すぐクビ! どんな態度とってんだ、俺に対して。(中略)養護学校行ってこい。

中川 うんざりだ。う・ん・ざ・り。

 常識を備えた大人とは思えない、口に出すのも憚られる差別的な言葉の数々。毎日の稽古で心身を鍛えられている弟子もさすがにショックを受けたという。

 この協会関係者が続ける。

「親方が自身の弟子をこのように言うことは日常茶飯事だったそうです。こうした暴言が続き、この音源も今年、協会窓口に提出されています。また、中川親方は他にも、稽古の指示をする時や食事の時に、弟子を“アホ1号”“アホ2号”と呼ぶことがありました。LINEで弟子に指示を出す際も、同じ呼び方をしていたようです」

 無論、笑わせてなごませようというのではない。なぜ、かような差別的発言を親方は繰り返していたのか。

 後援会関係者が言う。

「中川親方は弟子たちを見下していて、汚い言葉を使って罵ることはしょっちゅうでした。弟子からは、春日山親方の方がよかったという声も聞かれていたくらいです」

 とした上で、中川部屋の“特殊性”を指摘する。

「普通の部屋では、親方が実家を訪問するなどして、見初めた力士を熱心にスカウトします。すると、弟子に対し深い愛情が生まれるし、その分、弟子も親方に信頼を置く。ただ、中川親方はいわばピンチヒッターのような形で部屋を継いでいるため、中川部屋は旧春日山部屋時代から在籍している力士だらけでした。ゆえに、師弟間の心の絆が他の部屋に比べ、弱かったのではないでしょうか」

 だからといって、このような差別発言やパワハラが許されるはずもない。

 さらに、弟子たちを困惑させたのは、親方の暴言・暴力だけなのかといえば、さにあらず。

 先の協会関係者によれば、コロナ禍での中川部屋の対応も大きな問題を抱えていたというのだ。

「3月の春場所でのことです。大阪府池田市の旅館に滞在していた中川部屋の面々は親方の号令で連日のようにタニマチらを呼んでのちゃんこ会を開いていました。会費は5千円。後援者だけでなく、地元の人も呼び、一度に20名ほどは集まっていたはずです。まさに3密。その“売り上げ”は親方の懐に入っていた。このちゃんこ会は例年開かれていたようですが、コロナが流行してもやめなかったのです。弟子たちは感染リスクに怯えていました」

 当の旅館の担当者に“ちゃんこパーティー”について聞くと、

「力士の皆さんが寝起きしている30名くらいは入れる大広間でちゃんこ会が開かれていました。今年はコロナの影響で昨年、一昨年より少ない回数でしたけど、会は開かれ、後援者がいらっしゃっていた。買い出しから調理まですべて力士の皆さんがやっていますので、我々はノータッチです」

 この時期、協会からはタニマチとの会食などを控えるよう各部屋に通達がなされていた。それを平気で無視した格好で、金のためならコロナのリスクなどナンのその、というわけである。


■日馬富士は引退


 当然、相撲協会のお歴々は今回のパワハラ騒動に頭を抱えているのだが、それ以前にこんな悩みも……。

 元々、告発の舞台となったコンプライアンス委員会は、17年に元横綱日馬富士が貴乃花部屋の貴ノ岩を殴打した事件がきっかけで作られた。時勢の流れで相撲界といえども、かねて問題になっていた暴力事件について、外部の法律家なども含めた委員会が必要だという議論になったからだ。

「しかし、この委員会ができて以降、力士からの相談が殺到していると聞いています」

 とは、前出の相撲担当記者である。

「当時、日馬富士の一件は大々的に報道されましたからね。身に覚えのある力士は多く、また、自己防衛のためパワハラされた際に録音する力士も多くなりました。そうした通報が多数寄せられるようになったことに、協会幹部は当惑していたのです。というのも、相撲は体をぶつけあう、いわば格闘技ですから、厳しい稽古は付き物。正直、相談するまでもないような、真っ当な指導に対する通報内容があったことも事実です」

 そうはいっても、その幹部たちもまた、脛に疵(きず)を抱えていて、

「角界には江戸時代から“番付が一枚違えば家来同然、一段違えば虫けら同然”という言葉があります。親方と弟子の差は天と地ほども違う。年配の親方衆はこの考えに則った精神で現役時代を過ごし、師匠になっても弟子を叩いて言うことを聞かせるのが当たり前。似た過去を誰しも持っているのです」(同)

 だからなのか、中川親方の知人はこう漏らすのだ。

「今回の騒動で、中川親方は協会の親方衆に謝罪してまわっているそうです。昔から目上の力士や親方にはへこへこする性格でした。部屋の親方が度を越した暴行や異常な暴言を浴びせていたのならば、相撲界に残れる2階級降格なんて甘い処分はありえないと思います。実際、横綱の地位にあった日馬富士は引退を余儀なくされました。被害者が厳罰を望んでいないと、協会は喧伝するけれど、多少なりとも脛疵のある幹部たちに媚びを売っていたから軽く済んだ。そう疑われても仕方ないのではないでしょうか」

 弟子を罵詈雑言で追い込むも、思わぬ“うっちゃり”を決められた中川親方に、実際のところを聞こうとするもなしの礫(つぶて)。代わって、日本相撲協会が、

「再発防止のための教育・指導を強化してまいります」

 と言うのみ。

 協会が掲げる「暴力決別宣言」とは裏腹に、根絶への“決まり手”は未だ見えず。角界での師匠と弟子の信頼という間合いは開いていくばかりなのだ。

「週刊新潮」2020年7月30日号 掲載

関連記事(外部サイト)