余命わずかで国立競技場を沸かせたアメフト「ジョー・ロス」 伝説の75ヤードゲインの舞台裏(小林信也)

余命わずかで国立競技場を沸かせたアメフト「ジョー・ロス」 伝説の75ヤードゲインの舞台裏(小林信也)

好男子ぶりでも人気を呼んだ

 銀座あづま通りの喫茶店で、アメリカ暮らしの長かった老紳士と会った。

「スポーツビジネスが本格的に始まる前だからなあ。苦労ばかりだった」

 語るのはいまもLPGAツアーの大会オーガナイザーを務める川名松治郎。新聞社の社会部から運動部に転じ、1964年の東京五輪を取材後、スポニチテレビニュース社のロサンゼルス支局長として海外に渡った。まだ30代前半だった。

「支局長といっても初めは何でもやらされた。ジャイアント馬場に続くスターを育てようと柔道日本一の坂口征二がプロレスにスカウトされた」

 武者修行に来た坂口のお供を務めた時期もあった。

「リングでは坂口がスマートに勝って降りくるんだけど、その後が大変だった。控室で先輩レスラーに殴られ蹴られ、大変な目に遭う。私はどうにもできなかった」

 やがてアメリカは建国200年に向けたお祭り騒ぎに包まれた。川名も、アメフトの「学生オールスター戦日本開催」を企画した。

「アメリカの人気ナンバーワンスポーツを日本人に見せてやりたい!」との意気に燃え、全米大学体育協会(NCAA)本部のあったカンザスシティに乗り込んだ。

「最初は“無理だ”の一点張り。私は飛行機で10回はカンザスに通いました」

 熱意が通じ、ようやく「フラボウルの後なら行ってもいい」と承諾を得た。大喜びで日本に報告すると、今度は本社の反対にあった。

「アメフトなんて日本じゃ誰も興味がないだろ」

 思わず川名は叫んだ。

「国立競技場を満員にしてみせます!」

 すぐ上司に怒鳴られた。

「せいぜい500人が関の山だ。失敗したら首だぞ」

 それでもあきらめず、開催にこぎつけたのが76年第1回ジャパンボウル(全米大学オールスター東西対抗戦)だ。テレビ、新聞の協力も得て、国立競技場に6万8千人の大観衆が集った。


■ガンが再発


 1年だけのつもりが、翌年も開催が決まった。第2回ジャパンボウルには後にプロで活躍するトニー・ドーセット、リッキー・ベル、さらにはカリフォルニア大バークレー校のクォーターバック、ジョー・ロスの来日が決まった。ジョーは正確無比のパスが持ち味。NFLのドラフトでは1位指名が確実視されていた。193センチの好男子。女性の来場も期待できる。だが開催直前、思いがけないニュースが流れた。

“ジョー・ロスがガンに冒されている”、ロサンゼルス・タイムズが一面で大きく報じた。川名は大慌てでジョーの滞在するホノルルに飛んだ。

「ホテルを訪ねるとジョーはベッドで横になっていた。東京でのプレーは無理だと一目見てわかった。けれどジョーは私を見るなり言ったんだ。『あなたが来るのはわかっていました。何を言いたいのかもね。でも日本に行かせてください。自分は必ずプレーします』と」

 説得したがジョーは聞かなかった。医師もコーチも反対したがジョーの意志を尊重し、日本に連れて来た。

 最初の発病は19歳の時だった。白人の発症率が高い皮膚ガンの一種。ヘルメットで首筋のホクロがこすれ発病したと診断された。手術で摘出し、ジョーはフィールドに戻った。完治したと本人も医師も思っていたガンが再発したのだ。

 来日後の練習でも病状の悪化は明らかだった。

「パスの弾道が低い、ボールに力がない。出場は無理だ」。川名の耳元でプロのスカウトが無念そうにつぶやいた。誰もがいたたまれない思いで天を仰いだ。

 77年1月16日。それでも西軍は前半途中、ジョーを起用した。スタンドのファンの多くがジョーの病気を新聞等で知っていた。悲鳴にも似た声援が飛ぶ。ジョーはパス6回のうち5回成功。75ヤードのゲインで西軍勝利に貢献した。ジョーの雄姿は日本のファンに特別な感情と余韻を残した。


■両脚切断を拒否


 帰国後、ジョーの容体は悪化した。医師は延命のため両脚切断を提案、ジョーはそれを拒んだ。フットボーラーであり続けるために。

 2月20日、ジャパンボウルからひと月後、ジョーは家族とコーチ、チームメイトに見守られ、旅立った。

 病魔と闘いプレーしたジョー・ロスは、日本にも深い衝撃を遺し、多くの人を触発した。アメフト人気が根付く礎になったのはもちろん、他のスポーツを担う人材も、ジョー・ロスに覚醒のきっかけを与えられた。

 野球界のレジェンドとなった落合博満も目撃者の一人だ。落合は朝日新聞の取材にこう語っている。

〈アメフトを初めて観戦したのは、国立競技場で行われた1977年の第2回ジャパンボウルだった。(中略)若くして亡くなったのもあるが、カリフォルニア大のジョー・ロスという有名なQBがいたのをよく覚えている。

 俺は東芝府中で野球をやっていた頃で、自分でチケットを買い、国鉄に揺られて出かけたんだ。〉

 まだ落合の才能を世間が知る前の若き日。遠回りの野球人生を送っていた落合は何を思って自ら観戦に出かけたのか。生命の残り火を燃やすジョーの姿に、触発されたに違いない。勇者ジョー・ロスの熱情は海を越え時代を超えて息づいている。

小林信也(こばやし・のぶや)
1956年新潟県長岡市生まれ。高校まで野球部で投手。慶應大学法学部卒。「ナンバー」編集部等を経て独立。『長島茂雄 夢をかなえたホームラン』『高校野球が危ない!』など著書多数。

「週刊新潮」2020年10月22日号 掲載

関連記事(外部サイト)