テコンドー協会内紛から1年 金原昇元会長は「協会に未練はない。今後は恋に生きる」

全日本テコンドー協会元会長・金原昇氏らが騒動を回顧 金原氏「今後は恋に生きる」

記事まとめ

  • 全日本テコンドー協会の内紛があった元会長・金原昇氏らに、騒動を振返り取材している
  • 衝突した高橋美穂・元理事は、金原氏が復権する可能性が残ってしまったと危惧している
  • 金原氏は「復権ない」と否定、「時間に余裕もできたし、もっと恋をしたいね」と述べた

テコンドー協会内紛から1年 金原昇元会長は「協会に未練はない。今後は恋に生きる」

 全日本テコンドー協会の内紛から1年。あの時、激しく対立した男女がいた。髪型が印象深い金原昇・元会長(66)と、理事会の最中、卒倒した高橋美穂・元理事(46)である。2019年の秋口から年の瀬にかけて、強化方針などを巡って激しく衝突した2人は結局、揃って協会を去ったが、今、騒動をどう振り返るのか。話を聞きに行った。

 ***

 東京・新宿に構えるオフィス。高橋氏は「ネットラーニング」という人材育成事業を手がける企業の執行役員として働いていた。

「15年に理事になるまで、もともと私はこの会社で働いていました。兼業として4年間だけ協会の理事に入っていただけですので、元に戻ってこれまで通りに働いています」

 高橋氏といえば、思い出されるのが“卒倒騒ぎ”だ。19年10月8日、約7時間に及んだ理事会。バルセロナ五輪元代表でもある彼女は“選手ファースト”を訴え、当時、協会の“独裁者”として批判を浴びていた金原氏と激しく対立し、過呼吸になって病院に緊急搬送された。

「あの時は必死でした。気づいたら、意識が遠のいていて……。前段として、9月の代表合宿に26人招集したものの、2人しか集まらなかった非常事態が起きていた。選手たちの不満を聞いた私は、副会長だった岡本(依子)さんと一緒に、金原体制のままじゃ五輪に向けて闘えないと決意し、全理事に総辞職を提案したんです。一方、金原さんたちからは『選手たちを煽っている』『金原会長に対する名誉毀損で刑事告訴する』などと激しい攻撃を受けました」

■金原体制の暗部に蓋をして現体制へと移行した不安


 結局、その日の理事会では何も決まらなかったものの、高橋氏らの体を張った抵抗がメディアで大きく報道でされ、流れが変わった。10月末、全理事は辞職し、日本卓球協会名誉副会長の木村興治氏をトップとする新体制が発足。だが、すべて丸く収まったと思っているわけではないという。

「私自身は辞めたことに何も不満はありません。ただ、あの問題の収拾の仕方が中途半端だったのではないかと思っています。騒動の最中、現在、協会のアドバイザーになっている境田正樹弁護士をトップとする検証委員会の調査が入りましたが、金原さんにコンプライアンス違反がまったくなかったと結論づけられました。金原さんが私たちに『刑事告訴するぞ』などと脅しをかけた様子が録音にも残っていたにもかかわらず」

 現体制へ移る過程で、すべてに蓋がされた印象があるというのだ。

「ほかの数多くあった『ハラスメント疑惑』や『反社疑惑』も結局、不問にされてしまった。境田さんが金原さんに退任してもらうために、何か取引を交わした可能性があるんじゃないかと考えています」

 その結果、金原氏が復権する可能性が残ってしまったと彼女は危惧している。

「現に、あの後、金原さんは昨年2月に岐阜県で行われた選考試合にも平然とやってきた。その際、現執行部と激しい言い争いをしていたとも聞いています。現会長の木村さんはご高齢ですし、実際に協会の実務を担っているのは、境田弁護士と同じ弁護士事務所の岸郁子弁護士。つまり、協会を実質的に仕切っているのは境田さん。もちろん金原さんが居座り続けるよりもベターではありますが、膿を出し切れなかった境田さんに協会を再生できるのか不安です。現執行部にテコンドー出身者が1人もいないことも心配な点です」

■道場が入るビルを丸ごと1棟所有する松本の「不動産王」


 一方、“復権疑惑”を指摘された金原氏はどう答えるのか。地元、長野県・松本市を訪ねると、本人が駅まで迎えてきてくれた。そのまま駅から徒歩2分ほどの彼が所有する道場で話を聞くことになったが、金原氏は道場が入るビルを指差し、こう言った。

「ここは丸ごとウチの会社のものですよ。ほかにも市内に、いくつも不動産を持っています」

 松本で“不動産王”と呼ばれている金原氏の羽振りは良さそうだ。道場に入るとまず、敷いてあるマットについて語り始めた。

「これは一昨年9月に千葉で世界選手権をやった時に協会が買ったものです。2枚で数百万円以上はするんじゃないかな。試合が終わって保管場所に困っているようだったので、うちで引き取らせていただいたのです。バラエティ番組に出演していた時期もありましたが、出演料は協会に寄付してきました。辞める際、今後はお茶汲みから協会を支えたいと言いましたが、本当にその気持ちでやっていますよ」

 そして、

「高橋さんが、僕が復権を狙っているって言っているって? ないない」

 と笑って疑惑を否定した。

「今はここで一道場の主として、子供たちと触れ合うのが癒しになっています」

 道場経営は、ほぼボランティアだという。小・中学生の子供を中心に30人くらいの練習生が通うが、会費は週2回で月3000円。

「一緒に試合に行って、勝った負けたって一喜一憂するのが楽しくてね。子供にも自尊心があるでしょ。負けても褒めてあげる。あの蹴りはすごかったぞって。そうやって自信を持たせてあげて、逆に、勝った子には負けた子の前では謙虚になれって諌めてやる。子供たちに武道を通して生きる道を指導していくのが好きで、この道に入ったんです」

■拳銃事件は事実。「3発、当たったよ」


 反社会的勢力と名指しされた後も、周囲の見方は変わらなかったという。

「僕のために泣いてくれた道場生がいたって後で聞きました。実際、あの時はパワハラだ、反社だって言われ続けましたが、僕は何一つ道を外れたことをしたとは思っていない。拳銃で撃たれたことは、すでに認めた通り事実ですよ。30年くらい前かな、夜の9時頃、このビルの前に車を停めて入ろうとした時に、目の前に拳銃を持ったヒットマンが現れた。5発撃たれて、うち3発が腕、腹に当たった。でも、撃たれたのは反社だからではなくその逆で、警察と一緒になって暴力団を追放しようという運動をやったから」

 ただ、一度火がついた「反社疑惑」の勢いが収まらず、「パワハラ疑惑」なども加わり、最終的には退任することになった。

「敗北感はなかったですよ。お金のためにも名誉のためにやってきたつもりはない。テコンドーの普及のため、誠心誠意やってきましたから。ガバナンスの問題についてもいろいろと指摘を受けましたが、弁護士を雇って、ちゃんと透明性を持ってやっていましたから、僕が勝手に一存で協会を動かせるわけがない。よくああいう場面では、みんな“私の不徳の致すところで”って身を引いていきますが、正直、僕にはそんな気持ちはさらさらなかった。確かに東京五輪は目の前にあったので、それまではという思いはありました。ただ、それは流れだったから」

 むしろ、数年前から辞め時を探っていたという。

「ずっと僕が長く会長にとどまることで、新しい風が入ってきづらくなりますからね。2、3年前から周囲には、“僕のクビを高く買ってくれるスポンサーがいるなら、いつでも代わるから”と言っていました。あの騒動は、ちょうどいいタイミングだった。今も人事に関わっているとか、復帰に向けて水面下で動いているとか、とやかく言う人がいることは知っていますが、いちいち相手にしません」


■棺桶に入るまで恋する男でありたい


 今は地元で、所有するアパート、マンション、ビルなどの不動産の賃貸業を営みながら、一道場主として子供たちに向き合う日々だ。

「事業は一時、建設業や自動車販売業など多角化し、250人くらい雇って大きくやっていましたが、今はこじんまりとやっています。フィリピンパブなどの飲食店は3、4店残して今も続けていますが、ちゃんとプロダクションを作って、女の子たちには正規のライセンスを取得させて出入国させてきました。もちろん、それでもオーバーステイで逃げてしまうような子たちが出てしまう大変な商売ですがね」

 コロナ禍で接客を伴う飲食業を続けていくことは大変だが、

「閉めることは考えていません。一生懸命働いて、国の家族に仕送りを続けている彼女たちのためにも、店は続けていきたい。世間的にはイメージが悪いのかもしれませんが、夜の遊び場として大事な場所でもありますからね」

 自身の“遊び心”も失わずに、生涯現役で生きたいと語る。

「協会を辞めて時間に余裕もできましたし、これからはもっと恋をしたいね。恋ってホカホカするじゃない。そりゃ口説いて、どうのこうのと問題を起こしてはいけないよ。けど、この娘、いいよなぁって、心があったかくなるあの瞬間って素晴らしいよね。奥さんのことはもちろん愛していますよ。でも、僕にとって、奥さんは天皇みたいな人。男は本能的に女性に興味を持つ生き物なんだから、理性で抑えるか飛び込むかの違いだけ。棺桶入るまで恋できる男でありたいね」

週刊新潮WEB取材班

2021年1月6日 掲載

関連記事(外部サイト)