「オマエに必要なのは挫折だ!」難敵EVILを撃破した鷹木信悟が決勝の相手・オスプレイに“強烈口撃”【新日本NJC】

「オマエに必要なのは挫折だ!」難敵EVILを撃破した鷹木信悟が決勝の相手・オスプレイに“強烈口撃”【新日本NJC】

オスプレイの“先制攻撃”にも動じず、リング外へと追いやった鷹木。NJC制覇に向け、ドラゴンからは力強い優勝宣言も飛び出した。(C)新日本プロレス

3月20日、新日本プロレスは、春の最強戦士決定トーナメント『ニュージャパンカップ2021』(NJC)の準決勝をゼビオアリーナ仙台大会で開催。その先頭として、デビッド・フィンレーとウィル・オスプレイが激突した。

 鮮やかなカウンター技を展開していった両者。一進一退の攻防を繰り広げるなか、必殺のACID DROPを狙ったフィンレーをオスプレイが強引に場外に放り投げる。

 リングから墜落して足首に大きなダメージを負って一気にピンチに陥ったフィンレーに対し、攻勢を強めたオスプレイはオスカッターこそPrima Noctで迎撃されたものの、最後はストームブレイカーで3カウントを奪取。自身初の決勝へと駒を進めた。

 ‎続くメインイベントでの準決勝では、鷹木信悟とEVILが初シングル対決に臨んだ。

 昨年の上半期まではロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの同志だった両雄は、真っ向から立ち向かう熱戦を見せる。しかし、マネージャーのディック東郷がレフェリーの注意を引きつけると、EVILが鷹木の脳天にイスを一撃。さらにディック東郷が巧みに動いて、いつものようにレフェリー不在の無法状態を作ると、EVILは鷹木にローブローから東郷と共にマジックキラーを決める。

 これで鷹木は一気に大ピンチに陥る。だが、持ち前のパワーとタフさで粘ったドラゴンは、渾身のパンピングボンバーでEVILの動きを止めると、最後はラスト・オブ・ザ・ドラゴンでカウント3を奪取。待望の決勝進出を決めた。

 メイン終了後、オスプレイと鷹木はリング上で対峙すると、前者が不意打ちを仕掛ける。しかし、それを読んでいた後者はすかさずラリアットで相手を場外へと追いやると、「空気の読めない野郎だな。オスプレイ、オメェだけは許さねぇ!明日、成敗してやるからな!オマエに必要なのは挫折だ」と宣戦布告した。

【動画】ディック東郷とEVILに強烈すぎるパンピングボンバー! 鷹木の熱き奮闘シーンはこちら インタビューブースに左腰を押さえ、足を引きずりながら現れた鷹木は、「EVILは、やっぱり、いつも通りのだったな。ちょっとでも期待した俺がバカだった。だがなあ、SANADAが言ったように、腐っても元二冠王者。そのEVILに勝った価値は大きい」とかつての同士との激戦を振り返った。

 さらに鷹木は、「そんなことよりオスプレイだ。俺は、アイツのやりたいことが、伝わってこない。何がやりたいのかわかんねえよ」と決勝で相対する難敵を“口撃”。その先に見据える同級生の飯伏幸太とのIWGP世界ヘビー級王座戦への野望を口にした。

「ユナイテッドエンパイアかなんだかしらねえが、やってることが中途半端じゃねえか。なまあ、あいつはまだ若えんだ。リング上で言った通り、今のあいつに必要なのは、栄光じゃねえよ。ここまで来たんだ、俺がいくしかねえだろ。飯伏幸太の目の前まで、何としてでもたどり着いてやるよ」

 はたして、21日の仙台大会で行なわれる『NJC』決勝を制するのは、鷹木か? オスプレイか? いよいよ春の最強戦士が決まる。

◆新日本プロレス◆
『ニュージャパンカップ2021』
2021年3月20日
宮城・ゼビオアリーナ仙台
観衆 1230人
▼『ニュージャパンカップ2021』準決勝戦(時間無制限1本勝負)
○鷹木信悟(22分45秒 片エビ固め)EVIL●
※ラスト・オブ・ザ・ドラゴン

▼『ニュージャパンカップ2021』準決勝戦(時間無制限1本勝負)
●デビッド・フィンレー(21分04秒 片エビ固め)ウィル・オスプレイ○
※ストームブレーカー

【PHOTO】オカダカズチカ、棚橋弘至、飯伏幸太、内藤哲也…新日本プロレスの最強レスラーたちを厳選ショットで一挙紹介!

文●どら増田

関連記事(外部サイト)