「集中力もエナジーもなかった」ウィザーズがニックスに大敗。八村塁は6試合連続2桁得点も後半に失速〈DUNKSHOOT〉

「集中力もエナジーもなかった」ウィザーズがニックスに大敗。八村塁は6試合連続2桁得点も後半に失速〈DUNKSHOOT〉

前半で9得点をあげた八村だが、後半は2得点と失速。ディフェンスではニックスのエース、ランドルに37得点を許した。(C)Getty Images

3月23日(日本時間24日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズは敵地マディソンスクエア・ガーデンでニューヨーク・ニックスとの一戦に臨んだ。

 ウィザーズはラッセル・ウエストブルック、ブラッドリー・ビール、ギャリソン・マシューズ、八村塁、アレックス・レン、ニックスはエルフリッド・ペイトン、RJ・バレット、レジー・ブロック、ジュリアス・ランドル、ナーレンズ・ノエルがスターターとしてコートに立った。

 第1クォーター中盤までリードを奪っていたウィザーズだが、ニックスのランドルのジャンパー、ブロックの2連続3ポイントで逆転され、第2クォーターにはベンチ陣に活躍を許し2桁リードを奪われる。

 49-69とウィザーズ20点ビハインドで迎えた第3クォーター。ニックスのランドルとバレットによる猛チャージを受け、中盤にはこの試合最大となる31点差をつけられるなど113-131で大敗した。

 ウィザーズは相手エース、ランドルのペイントアタックを警戒していたものの、この日は3ポイント70.0%(7/10)とアウトサイドショットが大当たり。今年初のオールスターに選ばれた26歳は37得点、7リバウンドとアンストッパブルだった。
  敗れたウィザーズではビールが22得点、ウエストブルックが14得点、12アシスト、デニ・アブディヤが14得点、モリッツ・ヴァグナーが11得点を残すも、ペイントエリアを囲い込む相手ディフェンスの前に、ウエストブルックやビールもショットまで持ち込むのに苦しんだ。

 八村は第1クォーター序盤に右ウイングから3ポイントを決めると、その後もロングレンジジャンパー、ウエストブルックのアシストでリング下のイージーショットとアリウープを成功。だが後半は第3クォーター中盤のプルアップジャンパーを最後に、得点をあげられなかった。

 試合を通して、八村はチーム最多の34分10秒の出場で11得点、7リバウンド、1アシスト。6試合連続で2桁得点を残したものの、フィールドゴール38.5%(5/13)、3ポイント33.3%(1/3)、フリースローはゼロと内容はいまひとつだった。
  ディフェンスではランドルのペイントアタックをノーファウルで阻止する場面もあったが、ドライブを警戒しすぎてアウトサイドへのチェックが甘かったことは否めない。ランドルは試合序盤に八村のディフェンスを問題にせず2本連続で3ポイントを決めており、これで相手を勢いづかせてしまった。

 もっとも、この試合ではウィザーズよりもニックスの方がエナジーのレベルが高く、球際の争いでも優位に立ち、フィジカルな戦いで押し切った印象が強い。

「正直な話、アリーナに到着したとさえ、俺は思っちゃいない。まだホテルにいるかのようだった。俺たちは集中力も、エナジーも持ち込めなかった。そしてディフェンスもね。だから俺たちは負けてしまったんだ」とビールは悔しさを露わにした。
  ウィザーズは3ポイントシューターのダービス・ベルターンスをケガで欠いていることもあり、25日の対戦でもニックスはペイントエリアを固めてくるだろう。

 フィジカル面で劣勢な点はそう簡単に覆ることではないが、戦力的には両チームに大きな差はない。翌戦に向けて何とかメンタル面を整え、チーム一丸となってぶつかりたいところだ。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】攻守でアグレッシブに躍動!NBA1年目から存在感を放った八村塁の厳選ショット!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?