チェンバレン、バード、ウエスト…カレッジ史上最強プレーヤートップ15を発表!【Part.2】〈DUNKSHOOT〉

チェンバレン、バード、ウエスト…カレッジ史上最強プレーヤートップ15を発表!【Part.2】〈DUNKSHOOT〉

ブラッドリー(左上)は、1965年のNCAAトーナメントの3位決定戦で58得点を奪取。チェンバレン(左下)は1年生チームを率いてで上級生チームを破った逸話を持つ。バード(右)弱小校を、ほぼ独力でトーナメント決勝に導いた。(C)Getty Images

NBA入り後の成績は一切考慮せずに、カレッジ時代のパフォーマンスだけで選手を順位付けするとしたら、いったいどのような結果になるのだろうか。現地アメリカの各種メディアが発表するランキングを参考に決定した、カレッジバスケットボール史上最も偉大なプレーヤー15人を発表! Part2は10位から6位までをお届けする。


◇   ◆   ◇    ◆    

10位/ビル・ブラッドリー
(プリンストン大/1961~65/SF)
 1990年代から2000年代をアメリカで過ごした者にとって(筆者もその1人だが)、ブラッドリーはどことなく愛嬌のある呑気な政治家のおっちゃんであり、またニックスファンにとっては、1970年代黄金期の主要メンバーにして、最後の優勝をもたらしてくれた人物、その程度の認識にすぎなかった。それがまさか、大学時代にここまで凄い選手だったとは、恥ずかしながら存じ上げなかった。

 今回ランク入りした15人中、大学時代の平均得点が30点オーバーの選手は5人。ブラッドリーもその1人であり、それもプリンストン大というアイビーリーグの大学で成し遂げている。在学時の1964、65年に2年連続でファイナル4進出を果たしているが、彼の卒業以降、同大はNCAAトーナメント2回戦の壁を突破できていない。

 ブラッドリーが1965年NCAAトーナメントの3位決定戦で記録した58得点は、ファイナル4以上の試合では今でも最高得点記録として輝いている。歴代の並みいる名スコアラーを差し置いて、そんな大記録を半世紀以上も保持しているなんて、あの飄々とした姿からは想像もつかない。
 9位/ウィルト・チェンバレン
(カンザス大/1955~58/C)
 真のバケモノである。NBAでも、そしてカレッジでも。1957年にカンザス大をNCAAトーナメント決勝へ導き、トリプルオーバータイムまでもつれる激闘の末破れたが、トーナメントの最優秀選賞はチェンバレンに与えられた。

 カレッジ2年間の平均成績は29.9点、18.3リバウンド、両年ともオールアメリカ1stチームに選出。あと1年大学でプレーすることもできたが、相手チームが繰り返し仕掛けてくるダブルチーム、トリプルチームといった執拗なディフェンスに嫌気が差し、またお金が必要だったこともあり、スッパリとカレッジバスケットボールに別れを告げる。

 大学を中退し、雑誌社に『なぜ自分は大学を辞めたのか』というタイトルの記事を1万ドルで売り、NBAに入るまでのつなぎとしてハーレム・グローブトロッターズに加わった。この後先を考えない行動に、いかにも大物感が漂っている。
 8位/ラリー・バード
(インディアナ州大/1975~79/SF)
 インディアナ州大のバスケットボールチーム年表を見ると、1899年の創部からAPランキングやNCAAトーナメントとまったく無縁な年が延々と続いているのだが、1977-78シーズンにいきなりAPランキングで4位(最高位。最終はランク外)、翌シーズンには1位、NCAAトーナメント準優勝と記されており、それ以降は再びまっさらな年が続く。

 1979年のNCAAトーナメント決勝、マジック率いるミシガン州大との世紀の一戦で軍配はマジックに上がったが、1978-79シーズンの主要個人賞7つはすべてバードが受賞している。大学時代の平均成績は30.3点、13.3リバウンド、4.6アシスト。歴代カレッジプレーヤー・ランキングのトップ10入りにふさわしい、あっぱれな数字だ。

 今回ランクインした15人全員に言えることだが、とりわけバードがインディアナ州大に入学していなかったら、同校の歴史は今とまったく違うものになっていただろう。そして、バードという選手が存在しなかったら、カレッジバスケットボールの歴史も、NBAの歴史も、今とは違うものになっていたかもしれない。
 7位/ジェリー・ウエスト
(ウエストバージニア大/1956~60/SG)
 そのシルエットがNBAのロゴになっている、ご存知“ミスター・ロゴ”。NBA時代はクラッチ・シチュエーションにおける無類の勝負強さから“ミスター・クラッチ”と呼ばれ、引退後は名エグゼクティブとして名を馳せた。NBAを象徴する人物の1人であり、NBAのイメージがあまりにも強烈だが、調べてみるとカレッジでもズバ抜けた存在だったことがわかる。

 ウエストバージニア大の最終学年、出場した31試合中30試合でダブルダブルをマークし、15試合で30点オーバーを記録。驚くのは身長188㎝のガードながら平均16.5本のリバウンドをもぎ取っていることだ。

 他のすべてのスタッツもおしなべてレベルが高く、リーダーシップにも人一倍秀でていたという。完全無欠。カレッジ時代から、あらゆる面においてスペシャルな選手であり、人物だったのだろう。NBAロゴへの起用も、歴代屈指の名GMにも、なるべくしてなったようだ。
 6位/デイビッド・トンプソン
(ノースカロライナ州大/1971~75/SG)
 デイビッド”スカイウォーカー〞トンプソンは、マイケル・ジョーダンが子どもの頃に憧れた選手である。身重193㎝(公称。実際は190cmにも満たなかったらしい)ながら、誰よりも高く、長く、美しく宙を舞うことができ、大学1年時に記録した垂直跳び107㎝はギネスブックに認定されている。

 1967年から76年まで、NCAAはダンクを禁止した。ルー・アルシンダー(後のカリーム・アブドゥル・ジャバー)の桁外れな得点を抑えるためと、ダンクは身体能力の高い黒人ばかりが多用するプレーであり、人種問題も絡んだゆえのルール変更だった。そこでトンプソンは、当時一般的ではなかったアリウープを用いたプレーをチームメイトと完成(リングより高い位置でパスをキャッチし、一連の動作でリングにボールを入れる)。トンプソンのトレードマークとなったその技を止める手立てはなかった。
  トンプソンのカレッジ時代のハイライトは、3年時の1974年NCAAトーナメント準決勝、対UCLA戦だろう。当時UCLAは無敵を誇っており、その年もビル・ウォルトンを中心に前人未到の8連覇が確実視されていた。そこに立ちはだかったのがトンプソンである。

 2度のオーバータイムの末、勝利をもぎ取ったのはトンプソン。約20㎝の身長差をものともせず、ウォルトンのシュートを見事ブロック、最終局面ではリバウンドでウォルトンに競り勝ち、決勝点となるジャンパーも決めている。勢いそのままにファイナルも制し、ノースカロライナ州大に初の栄冠をもたらしたのだった。

文●大井成義

※『ダンクシュート』2019年3月号掲載原稿に加筆・修正。

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?