原英莉花は最終日「69」で暫定3位。岡山絵里が河本結と首位タイに並ぶ【アクサレディス】

原英莉花は最終日「69」で暫定3位。岡山絵里が河本結と首位タイに並ぶ【アクサレディス】

今年4戦目を通算10アンダーで終えた原。(C)Getty Images

3月28日、国内女子ツアー『アクサレディスゴルフトーナメント』(宮崎県・UMKカントリークラブ)は大会最終日の競技が進行中。今季公式戦2勝の原英莉花は3つスコアを伸ばし、通算10アンダー・暫定3位タイでホールアウトした。

【PHOTO】2021年第4戦に挑んだ原英莉花のとっておき厳選ショットを一挙公開!
?
 通算7アンダー・6位タイで最終ラウンドを迎えた原は、2番でバーディを先行させ、3、5番でボギーと後退。続く6番でバウンスバックを決めたものの、7番でボギーと、序盤は出入りの激しい展開になる。後半に入ると、10、12、15、18番と着実にバーディを重ね、この日は6バーディ、3ボギーの「69」でフィニッシュとなった。
  ディフェンディングチャンピオンの河本結は、この日4つスコアを伸ばしている岡山絵里と通算12アンダーで並び、最終ホールをプレー中。原と同スコアには高橋彩華、ペ・ソンウの2選手が並び、2019年AIG全英女子オープン覇者の渋野日向子は通算4アンダーでホールアウトしている。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)