「史上最高の演技だ!」羽生結弦がエキシビションで披露した“トリプルアクセル”を欧州名物解説者が大絶賛!

羽生結弦はエキシビジョンでトリプルアクセルを決める 欧州の名物解説者が大絶賛

記事まとめ

  • 羽生結弦はフリースケーティングでミスが重なり、世界選手権は3位となった
  • 激闘から一夜明けた最終日、羽生結弦はは笑顔でエキシビジョンに登場した
  • FSで乱れたトリプルアクセルも決めており、世界中のファンを魅了している

「史上最高の演技だ!」羽生結弦がエキシビションで披露した“トリプルアクセル”を欧州名物解説者が大絶賛!

「史上最高の演技だ!」羽生結弦がエキシビションで披露した“トリプルアクセル”を欧州名物解説者が大絶賛!

エキシビションでは、東日本大震災の復興支援ソング「花は咲く」を選曲した羽生結弦。(C)Getty Images

3月28日に閉幕した、フィギュアスケート『世界選手権』。五輪連覇王者として臨んだ男子シングルの羽生結弦は、ショートプログラム(SP)では完璧な演技で首位に立つも、フリースケーティング(FS)でジャンプのミスが重なり3位とした。

【フィギュア世界選手権PHOTO】羽生結弦、宇野昌磨、鍵山優真が躍動!男子シングル選手たちの堂々たる姿はこちら

 激闘から一夜明けた最終日、羽生は笑顔でエキシビションに登場。東日本大震災の復興支援ソング「花は咲く」に合わせ、一輪の花と共に美しく舞った。フリースケーティングでは乱れたトリプルアクセルもきれいに決め、繊細かつ堂々とした演技を披露した。

 この名演技は世界中のファンを魅了し、識者らの目を引いたようで、欧州衛星放送局『EUROSPORT』でフィギュアスケートの解説を担当するイタリア人、マッシミリアーノ・アンベシ氏は「ユヅル・ハニュウの貫禄があり芸術のようなトリプルアクセルは史上最高の演技だ!」と興奮気味に綴った。
  無観客開催となったエキシビションには、氷上カメラマンが参戦し、スケーターを追った臨場感溢れるダイナミックな映像が配信された。華麗にトリプルアクセルを決める羽生の動画を添えたアンベシ氏は、「説明を付け加えることは何もないよ。この映像が鮮明に物語っているよ」と賛辞を贈っている。

構成●THE DIGEST編集部
 

関連記事(外部サイト)

×