チェンとの再戦へ――羽生結弦、世界国別対抗に4年ぶりの出場!日本は宇野昌磨、紀平梨花ら豪華メンバーが揃う

チェンとの再戦へ――羽生結弦、世界国別対抗に4年ぶりの出場!日本は宇野昌磨、紀平梨花ら豪華メンバーが揃う

世界選手権ではSPで首位に立ったものの、総合3位と優勝を逃した羽生。(C)Getty Images

3月31日、日本スケート連盟は4月に開催される「世界フィギュアスケート国別対抗戦2021」(15〜18日/大阪・丸善インテックアリーナ大阪)の代表チームを発表。男子シングルで五輪2連覇中の羽生結弦は2017年大会以来、4年ぶり3度目の出場が決まった。

【PHOTO】日本のアイス・プリンス!羽生結弦のシニアデビューから現在をプレイバック!

 同大会は2年に一度開催される国別対抗の団体戦で、ISU世界ランキングのポイントを元に上位6か国が参加。男女シングル各2名、ペア、アイスダンス各1組の計8選手でチームを構成し、各種目の総合成績を競う。
  12年と17年大会で世界一に輝いている日本からは、男子シングルに羽生結弦と宇野昌磨、女子シングルに紀平梨花と坂本花織、ペアには三浦璃来と木原龍一、アイスダンスには小松原尊と小松原尊の豪華メンバーが名を連ねた。

 そのほか主な外国勢として、2連覇を狙うアメリカからは3年連続の世界王者に輝いたネイサン・チェンがエントリー。さらにフィギュア大国ロシアからは、世界選手権の女子シングルでワンツーフィニッシュを飾ったアンナ・シェルバコワと、エリザベータ・トゥクタミシェワが選出されている。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)

×