「彼の個性の強さは…」名将ジャクソンがニックス時代のカーメロを批難。元チームメイトは擁護も〈DUNKSHOOT〉

「彼の個性の強さは…」名将ジャクソンがニックス時代のカーメロを批難。元チームメイトは擁護も〈DUNKSHOOT〉

通算得点で歴代11位につけるカーメロ。実績は申し分ない一方で、ニックス時代のジャクソン社長とは良好な関係を築けなかった。(C)Getty Images

ポートランド・トレイルブレイザーズのカーメロ・アンソニーはNBA史に名を刻むスコアラーだ。18年のキャリアで得点王1回、オールスター出場10回、オールNBAチーム選出6回など輝かしい実績を残し、スーパースターの地位を不動のものとしてきた。

 今季はアキーム・オラジュワンやオスカー・ロバートソンといった往年の名選手を抜き去り、通算得点で歴代11位(2万7086得点/現地3月31日現在)に浮上。ジャブステップからのフェイダウェイジャンパーは、“シグネチャームーブ”として芸術の域に達している。

 一方で、同じ2003年ドラフト組のレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)、クリス・ボッシュ、ドゥエイン・ウェイドらが複数回のチャンピオンシップを獲得したのに対し、優勝とは無縁。高いオフェンス力の反面、ディフェンスの貢献度不足を指摘され、たびたび非難の的になってきた。
  2014年からニューヨーク・ニックスの球団社長を3年間務めたフィル・ジャクソンは今回、2011年2月~17年9月まで故郷のニックスでプレーしたカーメロについて、ポッドキャスト番組『The Curious Reader』で厳しい言葉を残した。

「カーメロはリーダーになりたかったのだろう。でも彼はプレーヤーとして、リーダーになる方法を完璧には理解していなかった。そして、彼の個性の強さは、チームの指揮を任されたコーチたちを怯えさせていたと思う。選手とコーチの間にあるべき規律が存在していなかった。私は自分の信念を伝えようとしたが、物事をどのように進めるかを指示するうえで、効率的な現場とは程遠い状況だった」

 シカゴ・ブルズで“神様”マイケル・ジョーダン、レイカーズでコビー・ブライアントというカリスマを指導した名将ジャクソンだが、在任期間にニックスは1度もプレーオフに進出できず。エースのカーメロが退団濃厚とされていたなかで、2017年6月にジャクソンが先に退団する結果となった。
  当時から指摘されていた“不仲”が掘り起こされる形となったが、NBA入りした2011年からクリーブランド・キャバリアーズへ移籍する2015年1月までニックスに在籍したイマン・シャンパートは、『ESPN』の番組"The Jump"でカーメロを擁護している。

「メロは独自のリーダーだ。ほかの偉大な選手たちとも比較できない。俺がこれまで最も安心感が持てる男の1人だった。ゲームが進むにつれて、メロがすべての責任を負っていることに気づいたんだ。なぜ彼を非難するんだと思ったことがあった。彼は言葉じゃなく、プレーですべてが実現できると証明していた。俺は彼をリスペクトしていたよ」
  昨季途中から所属するブレイザーズでは、これまでの実績をかなぐり捨て、デイミアン・リラードやCJ・マッカラムといった看板選手のサポート役に回っているカーメロ。今季はスーパーサブの役割を受け入れ、チームもプレーオフ圏内のカンファレンス6位(29勝18敗)につけていることを踏まえると、“陰のリーダー”として評価されてしかるべきかもしれない。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?